SCEJSCEJ 化学工学会第52回秋季大会 2021.9.22(水) - 9.24(金) 岡山大学 津島キャンパス English page
Last Update: 2022-08-13 20:48:05

講演申し込み一覧(シンポジウム・講演分類別)


SY) 部会シンポジウム

SY-69. [バイオ部会シンポジウム] 出口から考えるバイオ情報: 数理モデリング、AI、データサイエンス、ロボティクス

オーガナイザー: 戸谷 吉博(大阪大学)

生物分野の発展において、情報科学技術はますます重要な役割を担うようになってきています。本シンポジウムでは、数理モデリング、AI、データサイエンス、ロボティクスなど今後の化学工学的な生物研究に必要な要素技術に注目して議論を深めたいと思います。

最終更新日時:2022-01-31 16:50:01

この分類でよく使われ
ているキーワード
キーワード受理件数
13C-metabolic flux analysis1件
Bioimaging1件
Metabolic engineering1件
Computer1件
Cell culture1件
Digital formation1件
Bioinformatics1件
Genome scale metabolic reaction model1件
bioprocess1件
Adaptive laboratory evolution1件
Quality by design1件
drug discovery1件
machine learning1件
Diabetes1件
fermentation1件
Flux balance analysis1件
Transcriptome1件
Cyanobacteria1件

受理
番号
講演題目/発表者キーワード発表形式
5ヒト全身代謝コンピュータモデルの医薬品開発への応用
(九工大情工) ○(正)倉田 博之吉森 瑠菜
Computer
Diabetes
drug discovery
O
119[招待講演] 生命科学データの情報処理について
(阪大院情報) 瀬尾 茂人
Bioinformatics
Bioimaging
Transcriptome
O
144機械学習を用いた培地解析および設計への活用
(北見工大) (正)小西 正朗
machine learning
fermentation
bioprocess
O
182QbDコンセプトに基づく細胞培養におけるDXの挑戦
(名大院創薬) (正)蟹江 慧(正)加藤 竜司
Cell culture
Quality by design
Digital formation
O
271シアノバクテリアの代謝工学
(阪大情) ○(正)清水 浩(正)戸谷 吉博豊島 正和山本 千晶
Genome scale metabolic reaction model
13C-metabolic flux analysis
Cyanobacteria
O
275代謝シミュレーションと指向性進化に基づく有用物質生産微生物の開発
(阪大情) ○(正)戸谷 吉博川井 隆太郎(学)三吉 健太村上 茉奈美一色 衣香(理研QBiC) 堀之内 貴明前田 智也古澤 力(阪大情) (正)清水 浩
Flux balance analysis
Metabolic engineering
Adaptive laboratory evolution
O

講演申し込み一覧(シンポジウム番号・講演分類番号別)

受理済み講演申込一覧

This page was generated by easp 2.46; update.pl 2.37 (C)1999-2015 kawase