SCEJSCEJ 化学工学会第52回秋季大会 2021.9.22(水) - 9.24(金) 岡山大学 津島キャンパス English page
Last Update: 2021-05-04 19:03:02

ST-26. [CR,SP] [部会横断型シンポジウム] プロセス強化を実現する膜反応器研究の最新動向

オーガナイザー: 荒木 貞夫(関西大学)原 伸生(産業技術総合研究所)宮本 学(岐阜大学)廣田 雄一朗(名古屋工業大学)

持続可能な循環型社会の実現に向けて、化学プロセスにおいてはプロセス強化による一層の高効率化・コンパクト化が求められます。膜反応器においては膜分離と反応という異なる操作の統合によって発現するシナジー効果が、次世代型化学プロセスの革新につながると期待されます。本シンポジウムは2件の招待講演と一般講演で構成し、膜反応器の最新動向について発表頂きます。分野横断的な観点から、膜開発、膜反応器の設計、膜反応器の特性、実際の応用事例、またその展望について、幅広く討論を行うことを目的とします。


シンポジウム番号・講演分類番号一覧

This page was generated by easp 2.46; mknote 2.45 (C)1999-2020 kawase