English page
SCEJ

化学工学会 第84年会

Last modified: 2019-03-12 11:30:00

講演プログラム(セッション別) : 6,14

講演要旨は各講演番号からリンクしています。(要ID/PW)
閲覧に必要なID/PWは受付でお配りするプログラム集冊子の1ページに記載しているほか、
事前参加登録者・ご招待者には2月27日にメールでお知らせしています。詳細
HC-13, HC-17, K-1にプログラム変更があります。

6,14 システム・情報・シミュレーション,広領域

I 会場 ・ 第 2 日

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
I 会場(教室棟4階 407)第 2 日(3月14日(木))
(9:00~10:20) (座長 山下 善之金子 弘昌)
9:009:20I201連続生産を考慮した固形製剤製造プロセスの経済性評価
(東大院工) ○(学)松並 研作(第一三共) (法)田邉 修一(正)柳沼 啓太(東大院工) (正)杉山 弘和
Pharmaceuticals
Continuous manufacturing
Decision-making
6-b1176
9:209:40I202バイオ医薬品注射剤製造における装置技術選択のためのオンライン支援ツール
(東大院工) ○(学)白畑 春来新納 裕樹萩森 秀太(海)Badr Sara(正)杉山 弘和
pharmaceutical manufacturing
process design
single-use technology
6-b1217
9:4010:00I203Design and assessment of process alternatives for integrated monoclonal antibody production: Opportunities for continuous manufacturing
(東大院工) ○(海)Badr Sara(東大工) (学)岡村 梢(学)髙橋 望美(東大院工) (学)白畑 春来(正)杉山 弘和
Biopharmaceuticals
Continuous manufacturing
Process design
6-b1310
10:0010:20I204Development of a Fuzzy Inference and Emission Analitycs integrated approach for process technology evaluation
(Tohoku U.) ○(正)Guzman Alexander(正)Ouchi Kakeru(正)Fukushima Yasuhiro
Emission Analytics
Fuzzy Systems
Sustainability
6-b1261
(10:40~12:00) (座長 野田 賢松本 秀行)
10:4011:00I206スケジュールネットワークに分散するフロートの包括的評価
(宮崎大) ○(正)高塚 佳代子富田 旋高橋 尚己(日揮) (正)佐藤 知一(宮崎大) 岡崎 直宣
Schedule Network
Delay risk
Total Float
6-d1216
11:0011:20I207環境性と機能性を統合した多機能製品設計のためのアクティビティモデル
(東大院工) ○(学)横川 直毅長谷川 幹晃(正)天沢 逸里(正)杉山 弘和(正)平尾 雅彦
Sustainable design
Functionality enhancement
Activity modeling
6-g1144
11:2011:40I208タブレットを活用した教育研修への取り組み
(出光興産) ○(正)鶴島 真由美(法)近藤 藍子
tablet
ICT
engineering education
14-c52
11:4012:00I209新産業革命から企業変革へ
(アプソム) (正)小松 昭英
Industrial Revolution
Digital Transformation
Business Model
14-a126

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第84年会


(C) 2020 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第84年会 実行委員会
E-mail: inquiry-84awww3.scej.org