English page
SCEJ

化学工学会 第85年会

Last modified: 2020-03-02 11:00:00

講演プログラム(セッション別) : 5,10

講演要旨は各講演番号からリンクしています。
(講演要旨閲覧に必要なID/PWは参加登録者・ご招待者にメールでお知らせします。)
※ IChES 2020 のプログラムは こちら です。

5,10 反応工学,安全

J 会場 ・ 第 2 日 | J 会場 ・ 第 3 日

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
J 会場(3F 2301)第 2 日(3月16日(月))
(9:00~10:20) (座長 西山 覚岸田 拓也)
9:009:20J201[研究賞] 難水溶性エステル合成を対象とした反応プロセス工学研究
(東北大院工) (正)北川 尚美
The SCEJ Award for Outstanding Research Achievement
0-b817
9:209:40J202ファインバブルの気泡塔型多管式反応器への適用検討
(日揮グローバル) ○(正·上技)小黒 秀一(法)大内 貴大
fine bubbules
reactor
5-e364
9:4010:00J203擬似移動層を用いたグリセリンのアセタール化に関する反応分離挙動の解析
(沖縄高専) ○(正)福村 卓也(一関高専) (学)小野 祐耶(学)長澤 遼(学)千田 勤(東北大工) (正)久保 正樹(一関高専) (正)佐藤 和久
Simulated Moving Bed
Reaction Chromatography
Acetalization
5-d119
10:0010:20J204鎖長の異なる脂肪酸基を持つショ糖エステル合成における反応選択性制御
(東北大院工) ○(学·技基)笹山 知嶺(正·技基)廣森 浩祐(正)高橋 厚(正)北川 尚美
sucrose fatty acid ester
medium chain fatty acid
porous resin catalyst
5-a519
(10:40~12:00) (座長 吉見 智之村中 陽介)
10:4011:00J206自己蒸煮爆砕技術の多様なバイオマスへの適用
(IHI) ○(正·技基)岸田 拓也(法)上野 俊一朗(法)プリヤント デディ(法)河西 英一(法)尾崎 直樹
Biomass
Steam Explosion
boiler
5-g153
11:0011:20J207HMF合成にみるバイオマスからの化成品製造における分離精製系の選定
(日揮グローバル) ○(正)近松 伸康(法)平岡 一高(正·技基)伊藤 晃子
HMF
biomass
separation
5-g87
11:2011:40J208多環芳香族炭化水素の接触分解反応への機械学習の適用
(信州大繊維) ○(正)嶋田 五百里(正)長田 光正(正)福長 博(信州大/NIMS) (正)古山 通久
machine learning
feature engineering
catalytic cracking
5-a620
11:4012:00J209ジメチルスルホキシド(DMSO)の熱分解中間生成物の分析
(カネカ) ○(法)出口 義国(日本リファイン) (法)河野 雅史(横国大院環情) (学)小泉 勇斗(正)伊里 友一朗(正)三宅 淳巳
Dimethyl Sulfoxide
Intermediate Product
Thermal Decomposition
10-h83
(13:00~14:40) (座長 藤墳 大裕)
13:0013:20J213ペロブスカイト型LaM0.95Rh0.05O3 (M : Cr, Co, Fe)触媒を用いたメタン部分酸化反応
(U. Tokyo) ○(正)多田 昌平小野 貴正(正)菊地 隆司
Partial oxidation
Perovskite oxide
Regeneration
5-a129
13:2013:40J214ゼオライト担持Rh触媒およびCOを用いたメタンからC1、C2含酸素化合物への転換反応
(東大生研) ○(正)茂木 堯彦(東大院工) (学)冨永 直研(東大生研) (正)小倉 賢
methane partial oxidation
zeolite
Rh catalyst
5-a293
13:4014:00J215Germanium Incorporated SSZ-13 Chabazite Type Zeolite
(Osaka U.) ○(学)Al Jabri Hasna(Shizuoka U.) (正)Miyake Koji(Osaka U.) (正)Hirota Yuichiro(正)Uchida Yoshiaki(正)Nishiyama Norikazu
Germanium
SSZ-13
Zeolite
5-a299
14:0014:20J216SnPtナノ粒子触媒のSn/Pt原子比が酢酸の水素化反応に及ぼす影響
(神戸大院工) ○(正)谷屋 啓太高土 大夢(正)堀江 孝史(正)市橋 祐一(正)西山 覚
SnPt bimetallic nanoparticles
Hydrogenation
Acetic acid
5-a720
14:2014:40J217担持貴金属触媒を用いた毒性金属イオンの水中酸化/還元
(九大院工) ○(正)岸田 昌浩居藤 恭吾浦田 誉幸(正)山本 剛
Arcenite oxidation
Selenate reduction
Supported noble metal catalysts
5-a625
(15:00~17:00) (座長 多田 昌平近松 伸康)
15:0015:20J219Fe系触媒の格子硫黄を活用した低級アルカン(C2-C4)の脱水素:気相H2Sの促進効果
(静大院工) ○(正)渡部 綾依田 裕太平田 望河野 芳海(正)福原 長寿
Hydrogen sulfide
Dehydrogenation
Fe
5-a723
15:2015:40J220水素製造反応の瞬時起動を志向したアンモニア酸化分解のコールドスタート
(京大触媒電池) ○(正)佐藤 勝俊(大分大院工) 松永 隆宏(名大院工) 永岡 勝俊
hydrogen
energy carrier
renewable energy
5-a390
15:4016:00J221Kinetic analysis of CO2 methanation over a highly active catalyst in a packed bed reactor
(Nagoya U.) ○(海)Choi Cheolyong(学)Yasuda Shoya(海)Zhang Wei(正)Machida Hiroshi(正)Norinaga Koyo
CO2 methanation
catalyst
kinetic analysis
5-a808
16:0016:20J222ホスフィンリガンドを固定した多孔質モノリスによる精密フロー合成
(九大院工) ○(学·技基)松本 光(正)星野 友(正)三浦 佳子(北大院理) 岩井 智弘澤村 正也
Continuous-Flow Synthesis
Supported phosphine
Palladium catalyst
5-a403
16:2016:40J223高体積比混合向けマイクロリアクタの開発
(日立研開) ○(正)浅野 由花子(日立プラントサービス) 小田 将史
Microreactor
Large volume ratio
Sheath flow channel
5-f20
16:4017:00J224水の超音波脱気への周波数の影響
(本多電子) ○(正)朝倉 義幸(名大院工) (正)安田 啓司
Ultrasonic
Degassing
Cavitation
5-b164
J 会場(3F 2301)第 3 日(3月17日(火))
オーガナイズドセッション(反応工学部会CVD反応分科会)
(13:00~14:40) (座長 野田 優筑根 敦弘)
13:0014:40J313SiC-CVIプロセスにおける表面反応のモデル化に向けた反応過程の理論検討
(東大院工) ○(学)佐藤 登(学)大高 雄平(学)安治 遼祐(IHI) (正)福島 康之(東大院工) (正)出浦 桃子(正)百瀬 健(正)霜垣 幸浩
CH3SiCl3
SiC CVI
surface reaction
5-h222
J314Time-evolution of film thickness profiles by level set method during CVD multiscale simulation
(東大院工) ○(学)Zhang Jin(正)出浦 桃子(正)百瀬 健(正)霜垣 幸浩
multiscale simulation
chemical vapor deposition
level set method
5-h462
J315固体原料併用PECVD法における分散媒が合成された複合薄膜に及ぼす影響
(広大院工) ○(正)島田 学(技基)高橋 一真(正)久保 優
titanium dioxide
carbon nanotube
photocatalyst
5-h572
J316プラズマCVD法シリカ系ガスバリア膜の残留応力
(京大工) ○(正)河瀬 元明(学)平田 桑一朗(学·技基)脇坂 知樹
CVD
residual stress
silica gas barrier film
5-h608
J317ヨウ化鉛メチルアンモニウムペロブスカイト膜のCVDプロセスの開発
(京大工) ○(正)河瀬 元明(学)村上 誉紀(学)松田 萌
CVD
methylammonium lead iodide
lead melt
5-h614

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第85年会


(C) 2020 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第85年会 実行委員会
E-mail: inquiry-85awww3.scej.org