Last Update: 2018-12-17 03:35:01

受理済み講演申し込み (SY-72) [English]


SY) 部会シンポジウム

SY-72. [バイオ部会シンポジウム] 生物医学におけるトップダウンとボトムアップアプローチの共同<公募なし>

オーガナイザー: 倉田 博之(九州工業大学)

生物医学分野では、大きく分けて2つの方法論がある。統計学に基づくトップダウンアプローチと力学に基づくボトムアップアプローチである。トップダウンアプローチは、膨大なデータからデータ間の特徴を見つけ、ボトムアップでは、メカニズムに基づいてモデルを構築する。両者を共同して、高い予測力をもつ数理モデルを構築する方法について議論する。

最終更新日時:2018-12-17 03:35:01

この分類でよく使われ
ているキーワード
キーワード受理件数
Petri net1件
kinetic model of central metabolism1件
Escherichia coli1件
growth coupled production1件
metabolic regulation1件
modification1件
bioinformatics1件
biomedical big data1件
adaptive laboratory evolution1件
diauxie shift1件
diagnosis1件
redox regulation1件
machine learning1件
omics1件
Flux balance analysis1件
epigenome data1件
protein bioinformatics1件
NADPH1件
Metabolic flux1件
disease genomics1件
olfactory processing1件
global scale metabolic network1件
learning efficiency1件
odor learning1件

受理
番号
講演題目/発表者キーワード発表形式
12大域的代謝モデルのペトリネット制御シミュレーションによるジオキシー現象解析
(山口大院理) 松野 浩嗣
Petri net
global scale metabolic network
diauxie shift
O
14疾患ゲノム解析における生命科学ビッグデータの活用
(九大院医) 須山 幹太
disease genomics
epigenome data
biomedical big data
O
25酸素濃度や複数炭素源が代謝に及ぼす影響を考慮した大腸菌の中心代謝モデルの開発
(九工大情工) ○(正)松岡 結(正)倉田 博之
kinetic model of central metabolism
redox regulation
metabolic regulation
O
213増殖連動型物質生産のin silico解析における反応律速点の同定法の開発と実験検証
(阪大バイオ情報) ○(正)清水 浩(正)徳山 健斗(正)戸谷 吉博松田 史生
Flux balance analysis
growth coupled production
adaptive laboratory evolution
O
229がんオミックスデータに基づく治療前診断・治療標的探索
(金沢大薬学) ○(正)高橋 広夫(京大院医) 武藤 学(国がん研セ) 佐々木 博己
omics
bioinformatics
diagnosis
O
391マウスのにおい学習における引き返し行動と自発的不正解選択
(金沢大) ○(正)滝口 昇(金沢大GSC) 矢野 達也
odor learning
olfactory processing
learning efficiency
O
476大腸菌中枢代謝経路のフラックス制御が物質生産に及ぼす影響の解析
(阪大バイオ情報) ○(正)戸谷 吉博(学)鎌田 健太郎(正)清水 浩
Metabolic flux
Escherichia coli
NADPH
O
918人工知能を用いたタンパク質修飾サイトの予測
(九工大情) ○Hasan Md MehediKhatun Mst Shamima(正)倉田 博之
protein bioinformatics
machine learning
modification
O

講演申し込み一覧(シンポジウム番号・講演分類番号別)

受理済み講演申込一覧
化学工学会 第50回秋季大会