SCEJSCEJ 化学工学会第53回秋季大会 2022.9.14(水) - 9.16(金) 信州大学 長野(工学)キャンパス / オンライン English page
ページ本文へ
Last Update: 2022-07-22 08:47:48

委員会・本部企画

本部企画

HQ-11 日韓台合同シンポジウム <ライブ配信併用>

9月14日(水) 10:30〜16:45 AB会場 (プログラム)

主催組織
国際交流センター
オーガナイザー
後藤 雅宏(九州大学)松山 秀人(神戸大学)
福島 康裕(東北大学)草壁 克己(崇城大学)
 本セッションは,日韓台の化学工学会が毎年交互に開催する合同シンポジウムで,講演のトピックスは特に限定せずに化学工学一般の講演から構成されます。日韓台からそれぞれの学会を代表する研究者に講演をしていただき,最先端の科学技術について討議するとともに,将来の日韓台化学工学会の交流に役に立つ関係を構築することを目的とします。
※一般公開企画(SP-1, SP-2, HQ-11(韓国・台湾在住者のみ), HQ-13)のみに参加される方は、無料で聴講いただけます。こちらから申し込みください。
HQ-12 CCUS研究会シンポジウム <ライブ配信併用>

9月15日(木) 9:00〜16:20 AA会場 (プログラム)

主催組織
戦略推進センター CCUS研究会
オーガナイザー
高橋 伸英(信州大学)中垣 隆雄(早稲田大学)
牧野 貴至(産業技術総合研究所)山田 秀尚(金沢大学)
CCUS研究会は、2019年10月に発足後、CO2回収・利用・貯留技術の早期社会実装に向けて議論を重ねてきました。今回のシンポジウムでも、CCSに係る我が国のロードマップや国際的枠組み及び法政策、コンクリート製造、電解による資源化、ブルーカーボンやバイオテクノロジー等を活用したCCUに関する最新トピックについて取り上げ、ビジョンの深掘りと共有を図ります。さらに、研究会で構築を進めてきた「モデルベースのCCUS技術評価基盤」について、その進捗と展望を報告します。
HQ-13 女性技術者ネットワーク <オンライン>

9月15日(木) 12:10〜13:00 EA会場 (プログラム)

主催組織
男女共同参画委員会
オーガナイザー
山内 紀子(茨城大学)大河内 美奈(東京工業大学)
 近年、それぞれの事情に応じた多様な働き方が可能となりつつあります。今回は、女性の少ない化学工学というコミュニティにおいて、同じような経験をもつ研究者や技術者とお互いの貴重な経験や悩みを共有することで、柔軟な働き方を模索し、それぞれのワークライフバランスにおいて好循環をもたらすヒントを探ります。
※一般公開企画(SP-1, SP-2, HQ-11(韓国・台湾在住者のみ), HQ-13)のみに参加される方は、無料で聴講いただけます。こちらから申し込みください。
HQ-14 [全国若手の会] 若手研究者が考える未来の化学工学研究 <オンライン>

9月16日(金) 13:00〜17:00 AB会場 (プログラム)

主催組織
全国若手の会
オーガナイザー
町田 洋(名古屋大学)須網 暁(岐阜大学)
 化学工学を取り巻く環境は,様々な観点から大きく変化しつつあります。それは産業・学術的なことのみならず、研究者と学会との関わり方ということをも含むかもしれません。手法の学問である化学工学が貢献できる対象分野は益々広がると考えて間違い無いと思いますが、化学工学に新しい考え方をフィードバックすることも忘れるべきではありません。様々な分野における先進的な学術アプローチを横断的に俯瞰し、未来の化学工学研究を更なる高みへと発展させる糸口をつかめないでしょうか。本シンポジウムでは全国で活躍する若手化学工学技術者・研究者が参集し、発表者・聴講者間での双方向の意見交換を通じて未来のホットトピックスを探ります。さらに、将来に向けた人脈づくりの場を提供します。