English page
SCEJ

化学工学会 第53回秋季大会 (長野)

Last modified: 2022-09-26 13:32:00

講演プログラム(セッション別) : HQ-14

講演要旨閲覧およびGOING VIRTUALのID/PWは9/12午後に招待者および決済が完了した参加登録者にお知らせしました。(9/12以降の決済完了者は決済完了通知に記載されています。)
講演要旨は講演番号をクリックすることで閲覧できます。

講演プログラム一覧表の黄色背景は双方向ライブ配信併用、白色背景はオンライン口頭、緑色背景はオンラインポスターセッションです。
メニューページ記載のご説明もご一読ください。
講演プログラム集冊子(PDF)の閲覧を開始しました(9/9)。なお、会期中はGOING VIRTUALにダウンロード可能版を掲載予定です

HQ-14 [全国若手の会]
若手研究者が考える未来の化学工学研究

オーガナイザー:町田 洋(名古屋大学)須網 暁(岐阜大学)

化学工学を取り巻く環境は,様々な観点から大きく変化しつつあります。それは産業・学術的なことのみならず、研究者と学会との関わり方ということをも含むかもしれません。手法の学問である化学工学が貢献できる対象分野は益々広がると考えて間違い無いと思いますが、化学工学に新しい考え方をフィードバックすることも忘れるべきではありません。様々な分野における先進的な学術アプローチを横断的に俯瞰し、未来の化学工学研究を更なる高みへと発展させる糸口をつかめないでしょうか。本シンポジウムでは全国で活躍する若手化学工学技術者・研究者が参集し、発表者・聴講者間での双方向の意見交換を通じて未来のホットトピックスを探ります。さらに、将来に向けた人脈づくりの場を提供します。

HQ-14紹介チラシもご覧ください。

AB 会場 ・ 第 3 日

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
AB 会場(W2 4F 403)第 3 日(9月16日(金))
(13:00~13:05) (司会 町田 洋須網 暁)
13:0013:05開会挨拶
(13:05~14:05) (司会 町田 洋)
13:0513:25AB313[依頼講演] 電気泳動現象を用いた土壌環境修復の試み
(道総研エネ環地研) 明本 靖広
Environmental remediation
Soil contamination
Electrokinetic process
HQ-14151
13:2513:45AB314[依頼講演] 温度応答性高分子を用いた機能性ハイドロゲルへの応用
(秋田大院理工) (正)中村 彩乃
Temperature responsive polymer
Heat-shielding hydrogel
Temperature indicating hydrogel
HQ-14318
13:4514:05総合討論
(14:05~15:05) (司会 須網 暁)
14:0514:25AB316[依頼講演] 溶融晶析技術を用いた固相調製によるレバウディオシドDの溶解性向上
(サントリーホールディングス) ○(法)浦井 聡一郎(農工大院工) (正)滝山 博志
Rebaudioside D
Solubility
Crystallization
HQ-14353
14:2514:45AB317[依頼講演] 共同研究を通じた複雑流体のあれこれ
(山口大院創) (正)貝出 絢
Rheology
Complex fluids
Morphology
HQ-14502
14:4515:05総合討論
(15:05~16:25) (司会 町田 洋)
15:0515:25AB319[依頼講演] 固体有機・無機資源の熱化学変換に関する研究
(九大先導研) (正)工藤 真二
Biomass
Coal
Iron-making
HQ-14585
15:2515:45AB320[依頼講演] 自動車排ガス処理とCO2の有効利用の研究
(名大工) (正)中村 真季
Exhaust gas treatment
CO2 utilization
HQ-14739
15:4516:05AB321[依頼講演] 医薬品原薬製造を志向した連続晶析技術の開発
(塩野義製薬) ○(法)田中 雅巳(法)細谷 昌弘(法)間中 敦史(法)西島 尚吾(法)津野 真樹
continuous crystallization
API
HQ-14758
16:0516:25総合討論
(16:25~17:00) (司会 町田 洋須網 暁)
16:2517:00意見交換会

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第53回秋季大会 (長野)


(C) 2022 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第53回秋季大会 実行委員会
E-mail: inquiry-53fwww3.scej.org