English page
SCEJ

化学工学会 第53回秋季大会 (長野)

Last modified: 2022-09-26 13:32:00

講演プログラム(セッション別) : ST-28

講演要旨閲覧およびGOING VIRTUALのID/PWは9/12午後に招待者および決済が完了した参加登録者にお知らせしました。(9/12以降の決済完了者は決済完了通知に記載されています。)
講演要旨は講演番号をクリックすることで閲覧できます。

講演プログラム一覧表の黄色背景は双方向ライブ配信併用、白色背景はオンライン口頭、緑色背景はオンラインポスターセッションです。
メニューページ記載のご説明もご一読ください。
講演プログラム集冊子(PDF)の閲覧を開始しました(9/9)。なお、会期中はGOING VIRTUALにダウンロード可能版を掲載予定です

ST-28 [部会横断型シンポジウム]
プロセス強化につながる膜反応器研究の新展開

オーガナイザー:荒木 貞夫(関西大学)原 伸生(産業技術総合研究所)廣田 雄一朗(名古屋工業大学)

反応と膜分離を組み合わせたプロセスは、化学平衡の制約の回避、反応収率の向上、省資源化、コンパクト化、省エネルギー化を達成可能な重要なプロセス強化技術の一つとして期待されています。本シンポジウムは依頼講演と一般講演で構成し,最前線にある膜型反応器の研究開発事例について発表頂きます.分野横断的な議論を通じ,膜開発や膜反応器の最新の研究例を通じ、今後の指針や展望について幅広く討論を行うことを目的とします。

DB 会場 ・ 第 2 日

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
DB 会場(C3 1F 101)第 2 日(9月15日(木))
(9:00~10:20) (座長 原 伸生佐藤 剛史)
9:009:20DB201二硫化モリブデンナノシート触媒を用いた膜型反応器の作製と液相還元反応への応用
(神戸大院科技イノベ/先端膜工学セ) ○(学)上野 拓洋(正)中川 敬三北河 享(神戸大院工/先端膜工学セ) 岡本 泰直(正)松岡 淳(正)神尾 英治(正)松山 秀人(神戸大院科技イノベ/先端膜工学セ) (正)吉岡 朋久
membrane reactor
nanosheet
MoS2
ST-28767
9:209:40DB202ゼオライト膜を用いた膜反応器によるエステル交換の検討
(早大先進理工) ○(学)関根 悠真(早大ナノライフ) (正)酒井 求(早大先進理工/早大ナノライフ/早大理工総研) (正)松方 正彦
transesterification
membrane reactor
AEI
ST-28707
9:4010:00DB203中空糸炭素膜を用いたフロー型エステル化膜反応における反応条件の検討
(産総研) ○(正)吉宗 美紀(正)根岸 秀之
carbon membrane
membrane reactor
esterification
ST-28225
10:0010:20DB204ゼオライト膜のダイレクトCO2 Fischer-Tropsch合成膜反応器への応用
(早大先進理工) ○(学)千原 直人(早大ナノライフ) (正)酒井 求(ENEOS) (法)松本 隆也(法)杉浦 行寛(法)朝野 剛(早大先進理工/早大ナノライフ/早大理工総研) (正)松方 正彦
Fischer-Tropsch synthesis
membrane reactor
ZSM-5
ST-28591
(10:20~12:00) (座長 荒木 貞夫廣田 雄一朗)
10:2010:40DB205逆水性ガスシフト反応に対する膜反応器による水の分離の効果
(早大先進理工) ○(学)田中 杏佳(早大ナノライフ) (正)酒井 求(早大先進理工/早大ナノライフ/早大理工総研) (正)松方 正彦
Reverse water gas shift
membrane reactor
ZSM-5
ST-28706
10:4011:00DB206膜反応器を用いたメタノール合成における運転条件の検討
(JFEスチール) ○(法)西川 祐太(法)紫垣 伸行(法)茂木 康弘(法)木島 秀夫(RITE) 佐々 和明(正)瀬下 雅博(正)喜多 英敏(正)中尾 真一
Membrane reactor
CCU
Methanol
ST-2846
11:0011:20DB207パラジウム膜反応器による水電解水素製造装置の開発
(宇都宮大工) ○(正)佐藤 剛史(宇都宮大院地) 山中 星輝島村 雛季(宇都宮大工) (正)伊藤 直次
palladium membrane reactor
electrolysis of water
hydrogen production
ST-28570
11:2012:00DB208[招待講演] メンブレンリアクターの研究開発状況-ICCMR15からトレンドを探る-
(岐阜大工) (正)上宮 成之
membrane reactor
catalysis
process integration
ST-28685

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第53回秋季大会 (長野)


(C) 2022 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第53回秋季大会 実行委員会
E-mail: inquiry-53fwww3.scej.org