English page
SCEJ

化学工学会 第53回秋季大会 (長野)

Last modified: 2022-09-26 13:32:00

講演プログラム(セッション別) : ST-23

講演要旨閲覧およびGOING VIRTUALのID/PWは9/12午後に招待者および決済が完了した参加登録者にお知らせしました。(9/12以降の決済完了者は決済完了通知に記載されています。)
講演要旨は講演番号をクリックすることで閲覧できます。

講演プログラム一覧表の黄色背景は双方向ライブ配信併用、白色背景はオンライン口頭、緑色背景はオンラインポスターセッションです。
メニューページ記載のご説明もご一読ください。
講演プログラム集冊子(PDF)の閲覧を開始しました(9/9)。なお、会期中はGOING VIRTUALにダウンロード可能版を掲載予定です

ST-23 [部会横断型シンポジウム]
電池・エネルギー変換デバイスの新展開(ポスター発表部門)

オーガナイザー:井上 元(九州大学)福長 博(信州大学)辻口 拓也(金沢大学)多田 昌平(茨城大学)田巻 孝敬(鹿児島大学)金 尚弘(東京農工大学)

本シンポジウムでは、燃料電池、太陽電池、二次電池等のエネルギーデバイスおよびその関連技術に関する講演をナノスケール材料からシステムまで広く募集します。学生向けのポスター賞選考もありますので、時間をかけた議論を希望される方は、そちらでの講演申し込みをお願いします。

奇数9:00~10:30 偶数10:30~12:00 (現地発表者はHAまたはHB, 現地聴講者はDEまたはDFにお越しください)、 表彰式は同日13:00~13:40にポスター会場で行います(現地来場者は発表者審査員ともDEにお越しください)。

P 会場 ・ 第 3 日

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
P 会場()第 3 日(9月16日(金))
(9:00~12:00)
9:0010:30PA301固体高分子形燃料電池用ファイバー状金属ナノ粒子連結触媒の開発
(東工大化生研) ○(学)秋本 実乃里(正)黒木 秀記(正)山口 猛央
Nanonetwork
Nanofiber
Fuel cell
ST-23406
10:3012:00PA302Core-shell type connected Pt-based catalysts with advanced oxygen-reduction performances
(Tokyo Tech) ○(学)Chitra Sudheer Aparna(正)Gopinathan M Anilkumar(正)Kuroki Hidenori(正)Yamaguchi Takeo
Polymer electrolyte fuel cell
Oxygen reduction reaction
Carbon-free electrocatalyst
ST-23609
9:0010:30PA303固体高分子形燃料電池用酸化物電極への炭素の添加が性能に及ぼす影響
(信州大院総理工) ○(学)山本 栞大(信州大繊維) (正)嶋田 五百里(正)長田 光正(正)高橋 伸英(正)福長 博
polymer electrolyte fuel cell
conductive carbon additive
oxide catalyst
ST-23777
10:3012:00PA304固体高分子形燃料電池用カーボン・イオノマーフリーPt電極の過電圧分離
(信州大院総理工) ○(学)園部 沙彩(信州大繊維) (正)嶋田 五百里(正)長田 光正(正)高橋 伸英(正)福長 博
polymer electrolyte fuel cell
overpotential analysis
Pt black
ST-23792
9:0010:30PA305シミュレーションを用いた燃料電池触媒インク中の凝集挙動予測
(九大院工) ○(学)齋藤 悠貴So Magnus(正)井上 元
fuel cell
simulation
particle agglomeration
ST-2399
10:3012:00PA306酸化グラフェン電解質膜の調製と燃料電池発電特性
(群大理工) ○(学)岩崎 遥香(正)石飛 宏和(正)中川 紳好
Graphene oxide
Fuel cell
Electrolyte membrane
ST-23295
9:0010:30PA307直接ギ酸形燃料電池のアノード触媒層の微細孔制御
(金沢大院自) ○(学)岩谷 昌慶(ジェイテクト) (法)古橋 資丈(金沢大理工) (正)大坂 侑吾(正)児玉 昭雄(正)辻口 拓也
Direct formic acid fuel cell
pore-forming agent
concentration overvoltage
ST-23564
10:3012:00PA308直接ギ酸形燃料電池アノード触媒のギ酸酸活性および安定性におよぼすモリブデン添加効果の検討
(金沢大院自) ○(学)蓑 茉莉乃(金沢大理工) Abd Lah Halim Fahimah(正)大坂 侑吾(正)児玉 昭雄(正)辻口 拓也
Pd-based catalyst
Formic acid oxidation
Direct formic acid fuel cell
ST-23647
9:0010:30PA309熱電材料としてのNiナノ粒子担持カーボンナノチューブシートの作製
(群馬高専) ○(学)古田島 勝都丸 大晟(千葉工大) (正)工藤 翔慈(群馬高専) 太田 道也
thermoelectric materials
carbon nanotubes
Nickel-nanoparticles
ST-23711
10:3012:00PA310プロトン伝導体の原子価結合法計算に向けたニューラルネットワークモデルの適用
(東工大応化) ○(学)有賀 嵩晃(学)亀田 恵佑伊藤 和真(正)Manzhos Sergei(正)伊原 学
solid oxide fuel cell
valence bond method
machine learning
ST-23228
9:0010:30PA311低炭素と経済性の両立に向けた建物規模分散型水素蓄エネルギーシステムの最適化設計
(東工大応化) ○(学)白倉 沙也加(学)大久保 辰哉(東芝) 松岡 敬(東芝エネルギーシステムズ) (正)松永 健太郎(法)佐藤 純一(東工大応化) (正)Manzhos Sergei(正)伊原 学
hydrogen
microgrid
optimization
ST-23243
10:3012:00PA312汎用的な電力需要予測に向けた高次元エネルギーデータの分析と回帰モデルの検討
(東工大応化) ○(学)津田 舜作(学)大久保 辰哉(学)Lee Hyojae(学)飯嶌 大樹(学)大歳 夏生(正)Manzhos Sergei(正)伊原 学
energy system
machine learning
data science
ST-23265
9:0010:30PA313電力予測モデル構築に向けた高次元エネルギーデータのクラスタリング手法の検討と解析
(東工大化工) ○(学)飯嶌 大樹(学)Lee Hyojae(学)津田 舜作(正)Manzhos Sergei(正)伊原 学
energy system
machine learning
data science
ST-23544
10:3012:00PA314マテリアルズインフォマティクスを用いた光増感剤の還元電位設計
(阪大院基工) ○(正)北河 康隆徳山 和明甘水 君佳岸 亮平
Quantum Chemistry
Photosensitizer
Materials Informatics
ST-23291
9:0010:30PA315アルカリ水電解のカソードにおける気泡生成挙動と水素発生能の関係
(横国大院理工) ○(学·技基)北島 大輔(横国大院工) (正)三角 隆太光島 重徳
Alkaline Water Electrolysis
impedance measurement
hydrogen
ST-23410
10:3012:00PA316プロトン伝導性セラミック電解セルによる電気化学的促進効果を用いたアンモニア合成システムの評価
(東大新領域) ○(学)岡崎 萌(東工大環社) (正)大友 順一郎
ammonia electrosynthesis
electrochemical promotion
system evaluation
ST-23445
9:0010:30PA317プロトン伝導性セラミック電解セルを用いた二酸化炭素の還元反応における電気化学的促進効果
(東工大環社) ○(学)黄 睿(正)大友 順一郎
CO2 utilization
electrochemical reduction
proton conductor
ST-23742
10:3012:00PA318二酸化炭素電気還元におけるエチレン選択性向上のための反応場設計
(東工大化生研) ○(学)柴田 崇仁(鹿大院理工/東工大化生研) (正)田巻 孝敬(東工大化生研) (正)山口 猛央
CO2 reduction
Anion-conductive polymer
Copper electrode
ST-23246
9:0010:30PA319薄板状電解セルを用いた海水電解におけるアノード反応の選択性制御
(山口大院創成) ○(学)正田 一成権藤 守(正)遠藤 宣隆
Seawater electrolysis
Chlorine
Oxygen selectivity
ST-23802
10:3012:00PA320モデリング・機械学習による面内異常電流推定技術の構築
(九大院工) ○(学)森 雄輝(学)小森 千有里(正)井上 元
Modeling
Machine learning
Current distribution
ST-23100
9:0010:30PA321全固体リチウム硫黄電池用の連続式硫黄/導電助剤複合化プロセス
(大公大院工) ○(学·技基)巌 元志(府大院工) 宮本 大海(大公大院工) (正)仲村 英也(正)早川 栄二(正)大崎 修司(正)綿野 哲
lithium sulfur battery
solid-state battery
continuous process
ST-23167
10:3012:00PA322Mathematical Modeling on Recycling of Cathode Active Materials from NCM Lithium-Ion Batteries
(東大院工) ○(学)李 佩丹(東大総括プロ) (正)兵法 彩(東大未来ビ) 竇 毅(東大総括プロ) (正)兼松 祐一郎(東大未来ビ/東大総括プロ/東大院工) (正·修習)菊池 康紀
Lithium-ion Battery
Recycle
optimization
ST-23522
9:0010:30PA323レドックスフロー電池電極の物質輸送解析
(群大院理工) ○(学)井手 智紀(正)石飛 宏和白石 壮志(アイオン) 塚田 豪彦(東洋エンジ) (正)中尾 公人(群大院理工) (正)中川 紳好
Redox flow battery
Limiting current
Transport of active materials
ST-23268
10:3012:00PA324フローキャパシタの充放電特性におよぼすカーボン粒子濃度の影響
(群大院理工) ○(学)牧野 直輝(正)石飛 宏和(元日大工) 寺本 一憲(群大院理工) (正)中川 紳好
flow capacitor
pressure drop
carbon slurry
ST-23348
9:0010:30PA325Synthesis of porous reduced graphene oxide as an electrode material for supercapacitor
(Shizuoka U.) ○(学)Yao F.Khainunni S.(正)Kong C. Y.
supercapacitor
prGO
specific capacitance
ST-23372

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第53回秋季大会 (長野)


(C) 2022 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第53回秋季大会 実行委員会
E-mail: inquiry-53fwww3.scej.org