Last Update: 2020-05-25 15:25:15
オンライン学会会場はこちら! (要ID/PW)

ST-25. [CR,SP] [部会横断型シンポジウム] プロセス強化を目指した膜反応器研究の最前線 [English]

オーガナイザー: 野村 幹弘(芝浦工業大学)宮本 学(岐阜大学)中川 敬三(神戸大学)廣田 雄一朗(名古屋工業大学)

次世代化学プロセスへの革新的な発展には,反応と分離という異なる操作の統合と,操作間の調和により現れるシナジー効果を活用するプロセス強化が必要になっています.本シンポジウムは招待講演と一般講演で構成し,最前線にある膜型反応器の研究開発事例について発表頂きます.分野横断的な議論を通じ,膜型反応器の設計指針の確立や新規な膜型反応器の開発,またその展望について討論を行うことを目的とします.

この講演分類への講演申込一覧


シンポジウム番号・講演分類番号一覧
化学工学会 第51回秋季大会 (2020)