English page
SCEJ

化学工学会 第86年会

Last modified: 2022-02-16 09:38:40

講演プログラム(セッション別) : SS-4

講演要旨閲覧は講演番号をクリックしてください。
(参加登録者およびご招待者にメールでお知らせしたID/PWが必要です。)

SS-4 脱化石資源に向けたプラスチックサプライチエーンへの挑戦

オーガナイザー:佐藤 隆((公社)化学工学会)

廃プラスチックによる環境汚染問題の解決と、化学産業におけるCO2削減および脱化石資源化の進展には、高度循環型社会の実現と代替資源の活用が必須である。 本セッションでは、難リサイクル性プラスチックのケミカルリサイクルによる再原料化、バイオプラスチックなど植物資源原料の利用、排出CO2の再資源化へ向けた戦略的な取り組みを紹介し、2050年に向けたプラスチックサプライチエーンへの道筋を考える。

産業セッション各講演の概要をこちらで紹介しています。
[化学工学2021年2月号 産業セッション紹介記事]

F 会場 ・ 第 3 日

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
F 会場()第 3 日(3月22日(月))
(9:00~9:45) (司会 山田 泰司)
9:009:05挨拶
(IHI) 大原 宏明
9:059:45F302[招待講演] 持続可能な社会における有機資源の循環利用法
(早大ナノライフ) 加茂 徹
organic resources
recycle
sustainability
SS-458
9:5010:30F304[招待講演] 循環型社会の形成に貢献するバイオプラスチック
(三菱ケミカル) (法)佐野 浩
biobased plastics
biodegradable plastics
circular economy
SS-459
(10:35~11:15) (司会 寒川 博之)
10:3511:15F306[招待講演] 廃プラスチックリサイクルとEUP
(日揮ホールディングス) 尾場瀬 崇裕
plastic
recycle
gasification
SS-460
11:2012:00F308[招待講演] CO2を炭素源としたプラスチック原料製造
(IHI) ○(法)遠藤 巧(法)成相 健太郎(法)鎌田 博之
Hydrogen
Carbon Recycle
Olefin
SS-461

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第86年会


(C) 2022 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第86年会 実行委員会
E-mail: inquiry-86awww3.scej.org