English page
SCEJ

化学工学会 第86年会

Last modified: 2021-06-22 08:54:16

講演プログラム(セッション別) : 7. バイオ

講演要旨閲覧は講演番号をクリックしてください。
(参加登録者およびご招待者にメールでお知らせしたID/PWが必要です。)

7. バイオ

M 会場 ・ 第 2 日 | M 会場 ・ 第 3 日

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
M 会場()第 2 日(3月21日(日))
(13:00~14:00) (座長 田中 祐圭太田 誠一)
13:0013:20M213画像ベースの細胞選別のための光溶解性ヒドロゲルで捕捉された1細胞アレイの開発
(東大先端研) ○(正)山口 哲志大橋 友紀(阪大産研) 榊原 昇一(東大先端研) 岡本 晃充
cell sorting
single-cell array
photodegradable hydrogel
7-a306
13:2013:40M214培養液中の組換えタンパク質検出のための蛍光バイオセンサーQ-bodyの構築
(東工大化生研) ○(学)寧 雪じょう北口 哲也(正)上田 宏
Biosensor
His-tag
Process monitoring
7-a322
13:4014:00M215学習に関与する神経伝達物質分泌の蛍光分子インプリントナノ粒子による可視化
(芝浦工大) ○(正)吉見 靖男(学)手島 成洋(学)遠藤 健太
Molecularly Imprinted Polymer
Imaging
Neurotransmitter
7-b202
(14:00~14:40) (座長 横森 真麻朱 博)
14:0014:20M216蛍光標識抗体Quenchbodyを用いた1分間SARS-CoV-2検出法の開発
(東工大化生研) ○(正)朱 博(Weifang Med. U.) 董 金華(東工大化生研) (学)寧 雪じょう(学)井上 暁人北口 哲也(正)上田 宏
SARS-CoV-2
Quenchbody
Immunoassay
7-a603
14:2014:40M217蛍光タンパク質を利用した共培養のための菌体比率制御技術の開発
(阪大院情) 楠田 みのり(正)戸谷 吉博(正)清水 浩
co-culture
continuous culture
fluorescent protein
7-f391
(15:00~15:20) (司会 酒井 康行)
15:0015:20M219[研究奨励賞] 有用化合物合成のための微生物バイオプロセス構築に関する研究
(理研環境資源) (正)野田 修平
The SCEJ Award for Outstanding Young Researcher
0-c656
(15:20~16:00) (座長 田中 勉神谷 典穂)
15:2015:40M220分子捕捉能を有するDNA修飾金ナノ粒子結晶の開発
(名大未来研) ○(正)横森 真麻(産総研生物プロセス) 菅野 茂夫中村 彰良(名大未来研) 原田 俊太宇治原 徹田川 美穂
DNA
Colloidal crystal
Biotin-streptavidin
7-a580
15:4016:00M221曲率を制御した人工生体膜によるがん細胞由来の曲率認識タンパク質の網羅的探索
(東工大物質) ○(正)田中 祐圭児美川 拓実(正)大河内 美奈
Membrane curvature sensor
Comparative proteomics
Supported spherical lipid bilayer
7-a508
(16:00~17:00) (座長 山口 哲志山田 真澄)
16:0016:20M222分子インプリントカーボンペースト電極を用いたバンコマイシンセンサの測定原理の考察
(芝浦工大) ○(正)吉見 靖男(学)武田 悠利(学)阿部 柾樹幡野 明彦
Molecularly Imprinted Polymer
Nanoparticle
Surface Phenomenon
7-e203
16:2016:40M223抗原結合タンパク質の酵素反応による集合化とその機能評価
(九大院工) ○(学)佐藤 崚(正)南畑 孝介(正)若林 里衣(正)後藤 雅宏(正)神谷 典穂
Microbial transglutaminase
protein assembly
affinity
7-b516
16:4017:00M224免疫細胞の活性機能調節を目指したin silicoタンパク質設計
(阪大) ○(正)二井手 哲平(ノースカロライナ大チャペルヒル校) スィーカー デイビッドクールマン ブライアン
Protein engineering
Computational protein design
Protein-protein interaction
7-f382
M 会場()第 3 日(3月22日(月))
(9:00~10:00) (座長 森山 幸祐河原 正浩)
9:009:20M301高効果・低蓄積性で環境負荷の小さい微生物制御法を基盤とする衛生管理と防疫対策の開発
(産技高専品川) (正)田村 健治
Sanitary Controls
Epidemic Preventive Measures
Microbial Control Methods
7-h480
9:209:40M302パーム油産業廃棄物POMEを原料とする微生物による酵素・化学品への変換
(神戸大工) ○(正)荻野 千秋Nova RachmadoraPrihardi Kahar(正)近藤 昭彦
POME
enzyme production
lipid production
7-a612
9:4010:00M303デュアルピペットを用いた化学刺激システムの定量評価と細胞操作への応用
(阪大院基工) ○(正)小嶋 勝安立 竜太郎越出 和磨(正)中畑 雅樹(電通大) 新井 健生(阪大院基工) (正)境 慎司
electro-osmosis
local environmental control
micro pipettes
7-i637
(10:00~11:00) (座長 田村 健治河邉 佳典)
10:0010:20M304組換え抗体生産のための人工遺伝子発現制御システムを有するCHK細胞の作製
(九大院工) ○(正)河邉 佳典(学)巖 流征(学)鈴木 瑚澄(正)上平 正道
CHK cells
Recombinant antibody production
Gene expression system
7-e421
10:2010:40休憩
10:4011:00M306NIR測定による細胞培養の解析
(パウレック) ○(正)牛島 悠太田辺 和也松井 航富田 陽介長門 琢也長谷川 浩司
NIR
Cell culture
7-i92
(11:00~12:00) (座長 松本 拓也)
11:0011:20M307DEAE基表面修飾マイクロキャリアを用いた歯髄由来間葉系幹細胞の増殖制御
(東大院工) ○(学)大木 悠一朗(旭化成) 原納 弘大原 雄一笹島 義志佐々木 亮(東大院工/東大院医) (正)伊藤 大知
DEAE surface-modified microcarrier
dental pulp stem cell
cell proliferation
7-e212
11:2011:40M308iPS細胞培養自動化のためのフィジカルパラメータ最適化検証
(名大院創薬) ○(正)蟹江 慧伊藤 友哉酒井 徹平(日本光電) 牧野 穂高久保 寛嗣(名大院創薬) (正)加藤 竜司
quality evaluation
physical stress
automated cell culture
7-e381
11:4012:00M309動物細胞株の生存を指標としたエピトープ特異的抗体親和性成熟法の開発
(医薬基盤研) ○(正)河原 正浩(東大院工) 江口 晃弘
chimeric receptor
signal transduction
antibody screening
7-e249
(13:00~13:40) (座長 蟹江 慧小嶋 勝)
13:0013:20M313ペプチド-小分子共集合体の構造制御と形状依存的な細胞内デリバリー
(九大院工) ○(学)大林 洋貴(九大) 中村 光児(九大院工) (正)若林 里衣(正)神谷 典穂(正)後藤 雅宏
Peptide amphiphile
Drug delivery system
Complementary hydrogen bond
7-e233
13:2013:40M314α-galactosylceramideと水溶性抗原の共封入を可能にする液晶分散製剤Cubosomeの開発
(九大院工) ○(学)小坂 秀斗(正)若林 里衣(正)神谷 典穂(正)後藤 雅宏
vaccine
alpha-galactosylceramide
liquid crystal
7-e482
(13:40~14:40) (座長 二井手 哲平)
13:4014:00M315Synergistic Antifungal Action of Lipid-Modified Chitinase with Amphotericin B
(Kyushu U.) ○(学)Santoso Pugoh(学)Komada Takuya(学)Taniguchi Hiromasa(U. Ryukyus) Ishimine Yugo(Kyushu U.) (学)Sato Ryo(正)Minamihata Kosuke(U. Ryukyus) Takashima Tomoya(正)Taira Toki(Kyushu U.) (正)Kamiya Noriho
Chitinase
Amphotericin B
Transglutaminase
7-b513
14:0014:20M316高効率な局所的遺伝子送達を可能とするDNA担持ナノファイバーの開発
(阪大院基工) ○(学)古野 琴子(正)中畑 雅樹小嶋 勝鈴木 啓一郎(正)境 慎司
Electrospinning
Gene delivery
Adeno-associated viral vector
7-d426
14:2014:40M317薬物透過制御のための生分解性高架橋密度PEG膜の開発
(東大院医) ○(学)三橋 健斗(東大院工) (正)太田 誠一(東大院医) (正)伊藤 大知
Biodegradable membrane
Control of solutes permeation
PEG
7-e44
(15:00~16:00) (座長 ダノア マシュー南畑 孝介)
15:0015:20M319Influence of hydrogen peroxidase-mediated cross-linking and degradation on cell-adhesive gelatin hydrogels
(Osaka U.) ○(学)Mubarok Wildan(学)Qu Yanfei(正)Nakahata MasakiKojima Masaru(正)Sakai Shinji
Gelatin
Horseradish peroxidase
Degradation
7-e441
15:2015:40M320低粘度シルクフィブロインインクの3Dバイオプリンティング
(阪大院基工) ○(正)境 慎司(学)森田 崇裕(正)中畑 雅樹小嶋 勝
Bioprinting
Tissue engineering
Silk fibroin
7-e459
15:4016:00M321ムチン-ボロン酸相互作用により形成されるヒドロゲルの開発と腸内細菌培養基材への応用
(阪大院基工) ○(正)中畑 雅樹(阪大基工) 齋藤 圭史(阪大院基工) 小嶋 勝(正)境 慎司
hydrogel
mucin
gut microbiome
7-e562

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第86年会


(C) 2021 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第86年会 実行委員会
E-mail: inquiry-86awww3.scej.org