English page
SCEJ

化学工学会 第86年会

Last modified: 2022-02-16 09:38:40

講演プログラム(会場・日程別) : M会場・第2日

講演要旨閲覧は講演番号をクリックしてください。
(参加登録者およびご招待者にメールでお知らせしたID/PWが必要です。)

M 会場()第 2 日(3月21日(日))

7 バイオ

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
7. バイオ
(13:00~14:40) (座長 高塚 佳代子)
13:0013:20M213画像ベースの細胞選別のための光溶解性ヒドロゲルで捕捉された1細胞アレイの開発
(東大先端研) ○(正)山口 哲志大橋 友紀(阪大産研) 榊原 昇一(東大先端研) 岡本 晃充
cell sorting
single-cell array
photodegradable hydrogel
7-a306
13:2013:40M214培養液中の組換えタンパク質検出のための蛍光バイオセンサーQ-bodyの構築
(東工大化生研) ○(学)寧 雪じょう北口 哲也(正)上田 宏
Biosensor
His-tag
Process monitoring
7-a322
13:4014:00M215学習に関与する神経伝達物質分泌の蛍光分子インプリントナノ粒子による可視化
(芝浦工大) ○(正)吉見 靖男(学)手島 成洋(学)遠藤 健太
Molecularly Imprinted Polymer
Imaging
Neurotransmitter
7-b202
14:0014:20M216蛍光標識抗体Quenchbodyを用いた1分間SARS-CoV-2検出法の開発
(東工大化生研) ○(正)朱 博(Weifang Med. U.) 董 金華(東工大化生研) (学)寧 雪じょう(学)井上 暁人北口 哲也(正)上田 宏
SARS-CoV-2
Quenchbody
Immunoassay
7-a603
14:2014:40M217蛍光タンパク質を利用した共培養のための菌体比率制御技術の開発
(阪大院情) 楠田 みのり(正)戸谷 吉博(正)清水 浩
co-culture
continuous culture
fluorescent protein
7-f391
(15:00~16:20) (座長 河合 秀樹西村 午良)
15:0015:20M219[研究奨励賞] 有用化合物合成のための微生物バイオプロセス構築に関する研究
(理研環境資源) (正)野田 修平
The SCEJ Award for Outstanding Young Researcher
0-c656
15:2015:40M220分子捕捉能を有するDNA修飾金ナノ粒子結晶の開発
(名大未来研) ○(正)横森 真麻(産総研生物プロセス) 菅野 茂夫中村 彰良(名大未来研) 原田 俊太宇治原 徹田川 美穂
DNA
Colloidal crystal
Biotin-streptavidin
7-a580
15:4016:00M221曲率を制御した人工生体膜によるがん細胞由来の曲率認識タンパク質の網羅的探索
(東工大物質) ○(正)田中 祐圭児美川 拓実(正)大河内 美奈
Membrane curvature sensor
Comparative proteomics
Supported spherical lipid bilayer
7-a508
16:0016:20M222分子インプリントカーボンペースト電極を用いたバンコマイシンセンサの測定原理の考察
(芝浦工大) ○(正)吉見 靖男(学)武田 悠利(学)阿部 柾樹幡野 明彦
Molecularly Imprinted Polymer
Nanoparticle
Surface Phenomenon
7-e203
16:2016:40M223抗原結合タンパク質の酵素反応による集合化とその機能評価
(九大院工) ○(学)佐藤 崚(正)南畑 孝介(正)若林 里衣(正)後藤 雅宏(正)神谷 典穂
Microbial transglutaminase
protein assembly
affinity
7-b516
16:4017:00M224免疫細胞の活性機能調節を目指したin silicoタンパク質設計
(阪大) ○(正)二井手 哲平(ノースカロライナ大チャペルヒル校) スィーカー デイビッドクールマン ブライアン
Protein engineering
Computational protein design
Protein-protein interaction
7-f382

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第86年会


(C) 2022 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第86年会 実行委員会
E-mail: inquiry-86awww3.scej.org