English page
SCEJ

化学工学会第88年会(東京)

Last modified: 2023-12-13 19:12:50

講演プログラム(セッション別) : 6. システム・情報・シミュレーション

講演要旨閲覧は講演番号をクリックしてください。
(有料参加登録者およびご招待者にメールでお知らせしたID/PWが必要です。)

6. システム・情報・シミュレーション

I 会場 ・ 第 1 日 | I 会場 ・ 第 2 日

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
I 会場(講義棟 3階 L0032)第 1 日(3月15日(水))
(13:20~14:40) (座長 渡部 亜由美片岡 祥)
13:2013:40I114ガス輸送ネットワークにおけるメタンガスと水素ガスの組成追跡のための流体解析
(日立製作所) ○(正)渡部 亜由美矢敷 達朗
Hydrogen
Natural gas
Fluid anaslysis
6-b130
13:4014:00I115CFD-based investigation of a novel decontamination process using ultrasound technology
(U. Tokyo) ○(海)Gaddem Mohamed Rami(正)Hayashi Yusuke(Airex) Futamura Haruka(法)Kawasaki Koji(U. Tokyo) (正)Sugiyama Hirokazu
Biopharmaceuticals
Decontamination process
CFD modeling
6-b407
14:0014:20I116貯蔵タンク内で流体のレオロジー物性を評価するレオメータの開発
(産総研) ○(正)芳田 泰基(北大院工) (学)大家 広平(北大工) (正)田坂 裕司
In situ measurement
Rheometer
Ultrasound
6-c290
14:2014:40I117充填式蒸留塔のコントロールボリューム法による3成分系の相似性移動モデル
(関西化学) ○(正)片岡 邦夫(正)野田 秀夫(正)西村 午良(神戸大) (正)大村 直人
Analogy analysis
Heat and Mass Transfer
Packed distillation column
6-c3
(15:00~16:40) (座長 味村 健一大宮司 理晴)
15:0015:20I119Quantitative Comparison of Reinforcement Learning and Model-based Optimal Control for Chemical Processes
(Kyoto U.) (海)Oh Tae Hoon
process control
machine learning
optimal control
6-d52
15:2015:40I120化学工学関連文書の変数を理解するための言語モデル構築手法
(京大院情報) ○(正)加藤 祥太張 純朴山本 蒔志(正)加納 学
Artificial intelligence
Language model
Natural language processing
6-f391
15:4016:00I121Pythonによるプロセスシミュレーターminicappyの開発と応用
(味村技術士事務所) (正)味村 健一
simulation
python
process simulator
6-b1
16:0016:20I122調節弁固着補償法の実プロセスへの適用
(ENEOS) ○(正)大宮司 理晴(農工大院工) (正)山下 善之
process control
optimization
6-d699
16:2016:40I123[注目講演] 分子化学記述子と立体構造を使った生分解性意思決定支援システムの開発
(静大工) ○(正)武田 和宏(NITE) 竹内 健祐櫻谷 祐企(静大工) (正)金原 和秀
Decision support system
biodegradation
chemical descriptors
6-g125
I 会場(講義棟 3階 L0032)第 2 日(3月16日(木))
(9:00~10:00) (座長 大石 卓弥金 尚弘)
9:009:20I201モノクローナル抗体製造の培養プロセスにおける細胞代謝シフトのモデル化
(東大院工) ○(学)岡村 梢(海)Badr Sara(正·上技)山田 明(正)杉山 弘和
Biopharmaceuticals
Lactate consumption
Hybrid modeling
6-b394
9:209:40I202溶媒リサイクルから考える化学プロセスの効率化に向けた溶媒選択
(産総研) ○(正)山木 雄大(正)Nguyen Thuy(正)原 伸生(正)谷口 智(正)片岡 祥
Solvent selection
Process design
Solvent recycling
6-b449
9:4010:00I203原薬製造におけるバッチ・フロー合成のモデルベースト特性分析と評価
(東大院工) ○(学)Kim Junu(正)杉山 弘和
Design space
Kinetic model
Hybrid model
6-b123
(10:20~11:20) (座長 山木 雄大)
10:2010:40I205入力変数の適切な規格化によるMSPCの性能向上方法の提案と医薬品連続生産への適用
(パウレック/農工大院工) ○(正)大石 卓弥(パウレック) (正)長門 琢也(農工大院工) (正)金 尚弘
Multivariate Statistical Process Control
Continuous Pharmaceutical Manufacturing
Wet Granulation
6-d68
10:4011:00I206新技術とオペレーションを考慮した注射剤製造プロセスの包括的設計アプローチ
(東大院工) ○(学)山田 真弘(正)林 勇佑(海)Badr Sara(シオノギファーマ) (法)銭谷 賢一(法)久保田 幸吉(正)中西 勇夫(東大院工) (正)杉山 弘和
Process design
Multiobjective evaluation
Pareto frontier
6-b171
11:0011:20I207[注目講演] 機械学習を用いたオレフィンメタセシスの反応性予測
(日本ゼオン) ○(正)長岡 正宏(法)平 加奈子
machine-learning
olefin metathesis
catalytic reaction
6-d69

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会第88年会(東京)


(C) 2023 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会第88年会実行委員会
E-mail: inquiry-88awww3.scej.org