English page
SCEJ

化学工学会第88年会(東京)

Last modified: 2023-12-13 19:12:50

講演プログラム(会場・日程別) : G会場

講演要旨閲覧は講演番号をクリックしてください。
(有料参加登録者およびご招待者にメールでお知らせしたID/PWが必要です。)

G 会場(講義棟 2階 L0022)

G 会場 ・ 第 1 日 | G 会場 ・ 第 2 日 | G 会場 ・ 第 3 日
4 分離プロセス | 1 基礎物性

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
G 会場(講義棟 2階 L0022)第 1 日(3月15日(水))
4. 分離プロセス
(13:20~14:20) (座長 中村 一穂川喜田 英孝)
13:2013:40G114電気泳動法によるポリスチレン硫酸塩 (PS) ラテックスへのポリ(エチレンオキシド) (PEO) の吸着の分析
(筑波大) ○(正)Saha Santanu(正)足立 泰久
Electrophoresis
Electrokinetic Shielding
Poly(ethylene oxide)
4-b228
13:4014:00G115平行平板に挟まれたスリット内における凝集性Naモンモリロナイト懸濁液の沈降挙動
(筑波大生命) Ezral Gazaki(筑波大シス情) 吉田 佳祐(筑波大生命) Li Jiawei(筑波大シス情) 京藤 敏達(筑波大生命) ○(正)足立 泰久
montmorillonite
floc
sedimentation turbulence
4-b439
14:0014:20G116アルミナ精密ろ過膜の表面荷電状態と電気粘性効果に及ぼすpHと電気伝導度の影響
(横国大工) ○(正)中村 一穂(横国大理工) (学)若狭 愛実(学)Farooq Sohail(横国大工) (正)和久井 健司
Microfiltration
Alumina Membrane
Electro viscosity
4-b538
(14:20~16:00) (座長 大渡 啓介鎺 広顕)
14:2014:40G117液化ジメチルエーテルによる高含水ウコンからのクルクミンと抗酸化物質の抽出
(名大院工) ○(正)朱 力(正)王 涛朱 ワン瑩(正)神田 英輝
Liquefied dimethyl ether extraction
wet turmeric
curcuminoids
4-f114
14:4015:00G118深共晶溶媒を用いたワイン圧搾残渣からのポリフェノール抽出
(道総研工試) ○(正)吉田 誠一郎小川 雄太(正)近藤 永樹(正)松嶋 景一郎(北海道ワイン) 田島 大敬河西 由喜(北大院農) 佐藤 朋之
Deep Eutectic Solvent
Polyphenol
Wine Press Residue
4-f163
15:0015:20G119溶媒和抽出にて極性に基づく予測を超えたAu(III)抽出能力を示す新規溶媒の開発
(宮崎大工) ○(正)大島 達也三宅 晃太(正·技基)稲田 飛鳥(正)大榮 薫
Extraction
Gold
Ion solvation
4-f325
15:2015:40G120深共晶溶媒を用いたリチウムの固液抽出分離プロセスの構築
(九大院工) ○(学)花田 隆文(正)後藤 雅宏
lithium
deep eutectic solvent
solid-liquid extraction
4-f544
15:4016:00G121エマルションフロー法で形成される液滴層での油滴合一
(鹿大院理工) ○(正)二井 晋(学)牧島 美輝(名大院工) (正)平山 幹朗(鹿大院理工) (正)五島 崇(正)水田 敬
extraction
coalescence
emulsion
4-f599
(16:00~17:00) (座長 今村 維克岸 勇佑)
16:0016:20G122糖添加した粒子分散液での蒸発遅延効果
(農工大院) ○(学·技基)田中 優彦(正)稲澤 晋
colloidal suspension
sugar
drying rate
4-h242
16:2016:40G123撹拌式凍結乾燥機による凍結乾燥工程の短縮
(神鋼環境ソリューション) ○(法)岸 勇佑(法)小川 智宏(正)前背戸 智晴(ペプチスター) 越智 俊輔國谷 亮介根本 圭崇
freeeze dry
lyophilizaton
mixer type
4-h654
16:4017:00G124アルコールから乾燥調製した糖類アモルファスマトリクスの物理化学的特性解析
(岡山大自) 竹田 昂司(岡山大工) 宮崎 眞太(岡山大自) (正)今中 洋行(正)石田 尚之(正)今村 維克
glass transition temperature
amorphous sugar
alcohol
4-h677
G 会場(講義棟 2階 L0022)第 2 日(3月16日(木))
(9:00~10:00) (座長 南雲 亮)
9:009:20G201Development of loose nanofiltration PVDF hollow fiber membrane for dye/salt separation via surface entrapment followed by cross-linking
(Kobe U.) ○(学)Zhang Pengfei(正)Matsuyama Hideto
loose nanofiltration
PVDF hollow fiber
dye/salt separation
4-a209
9:209:40G202A novel interfacial polymerization-induced highly positively charged nanofiltration membrane with ultra-high Mg/Li separation efficiency
(神戸大) ○(正)Xu Ping(正)Matsuyama Hideto
Positively caheged NF membrane
Polyallylamine
Mg2+/Li+ separation
4-a204
9:4010:00G203蒸気輸送法とアニオン交換法によるイオン性シロキサン膜の作製
(名工大院工) ○(正)廣田 雄一朗(学)横井 一輝(名工大工) 志々場 由花(関西大化工) (正)田中 俊輔
ionic siloxane membrane
ionic liquid
vapor phase transport
4-a35
(10:00~11:00) (座長 廣田 雄一朗)
10:0010:20G204Enrichment of ammoniacal nitrogen via osmotically assisted reverse osmosis
(Kobe U.) ○(正)Gonzales Ralph Rolly(正)Nakagawa Keizo(正)Kumagai Kazuo(正)Matsuoka Atsushi(正)Hasegawa Susumu(正)Yoshioka Tomohisa(正)Matsuyama Hideto
osmotically assisted reverse osmosis
ammoniacal nitrogen
4-a214
10:2010:40G205Multi-functional calcium carbonate interlayer-regulated interfacial polymerization for highly permselective nanofiltration membrane
(Kobe U.) ○(海)Hu Mengyang(正)Matsuyama Hideto
Interfacial polymerization
Nanofiltration
Polyamide composite membrane
4-a252
10:4011:00G206[注目講演] Molecular insights into the origin of membrane roughness in interfacial polymerization
(Kobe U.) ○(正)Mai Zhaohuan(正)Matsuyama Hideto
interfacial polymerization
surface roughness
molecular dynamics simulations
4-a193
(11:00~12:00) (座長 赤松 憲樹)
11:0011:20G207poly(2-methoxyethyl acrylate)の水和/有機溶媒和に着目したファウリング挙動の計算化学的解析
(名工大院工) ○(正)南雲 亮(名工大工) 鈴木 結衣澤井 涼(名工大院工) (正)岩田 修一
membrane fouling
molecular dynamics
poly(2-hydroxyethyl methacrylate)
4-a684
11:2011:40G208Deformation constraints of graphene oxide nanochannels under reverse osmosis
(神戸大) ○(正)Guan Kecheng(南京工大) Jin Wanqin(神戸大) (正)Matsuyama Hideto
graphene oxide
nanochannel membrane
deformation constraint
4-a189
11:4012:00G209陽電子消滅寿命測定法を用いたポリアミド水処理膜の劣化の評価
(信州大RISM/信州大工) ○(正)佐伯 大輔(信州大RISM) 田中 厚志
positron annihilation lifetime spectroscopy
polyamide
degradation
4-a145
(13:20~14:40) (座長 長澤 寛規金子 克美)
13:2013:40G214セルロースエステル膜による溶媒濃縮の検討
(東洋紡) ○(正)松出 耀広(正)合田 昌平(法)畠山 烈士
cellulose ester
hollow fiber
solvent concentration
4-a401
13:4014:00G215Osmotically Assisted Solvent Reverse Osmosis Membrane for Dewatering of Aqueous Ethanol Solution
(神戸大) (海)Chiao Yu-Hsuan
ethanol dewatering
reverse osmosis
heat treatment
4-a200
14:0014:20G216エタノール水溶液の逆浸透分離データの解析と濃縮プロセスの設計
(工学院大先進工) ○(正)赤松 憲樹木村 友則(応用物性研) (正)大場 茂夫(工学院大先進工) (正)中尾 真一
reverse osmosis
ethanol
concentration
4-a415
14:2014:40G217イミン結合の動的共有結合性を利用した刺激応答性駆動溶液の開発
(神戸大院工/先端膜工学セ) ○(正)松岡 淳(学)福島 雅之(正)神尾 英治(神戸大院科技イノベ/先端膜工学セ) (正)吉岡 朋久(正)中川 敬三(神戸大院工/先端膜工学セ) (正)松山 秀人
Forward osmosis membrane
Dynamic covalent chemistry
Draw solution
4-a706
(14:40~16:00) (座長 野村 幹弘池田 歩)
14:4015:00G218機械学習によるCO2膜分離プロセスの2目的最適化
(産総研化プロ) ○(正)原 伸生(正)谷口 智(正)山木 雄大(正)Nguyen Thuy(正)片岡 祥
CCUS
Bi-objective optimization
membrane separation
4-a277
15:0015:20G219大気圧プラズマを用いて親水/疎水ナノ傾斜構造化したオルガノシリカ膜の有機溶媒脱水特性
(広大院先進理工) ○(学)青山 舜(正)長澤 寛規(正)金指 正言(正)都留 稔了
Nano-gradient structure
Atmospheric pressure plasma
organosilica
4-a281
15:2015:40G220炭素膜のガス透過分離特性に及ぼす焼成時の炭化水素添加効果
(Ningxia U.) Nie Jing(山口大院創成科学) ○(正)田中 一宏
Carbon molecular sieve membranes
Hydrocarbon addition modification
Gas separation
4-a717
15:4016:00G221Gas permeation properties and hydrothermal stability performance of silica-zirconia-polybenzoxazine-derived carbon-ceramic composite membranes
(Hiroshima U.) ○(正)Lawal Sulaiman(正)Nagasawa Hiroki(正)Tsuru Toshinori(正)Kanezashi Masakoto
Benzoxazine
Silica-zirconia
Carbon
4-a89
(16:00~17:00) (座長 松岡 淳原 伸生)
16:0016:20G222Graphene-wrapping treated zeolite membranes for ultrafast separation
(信州大先鋭研) ○(正)金子 克美Kukobat Radovan(正)大塚 隼人古瀬 あゆみ田中 秀樹林 卓也(早大) (正)酒井 求(正)松方 正彦
graphene
membrane
nanochannel
4-a97
16:2016:40G2232step蒸着法によるシリカ膜の透過性向上
(芝浦工大工) ○(正)野村 幹弘(学)伊藤 みゅわ子(学)佐倉 直希(学)矢部 恵汰(学)入江 恵(学)市原 幸汰
silice membrane
Hydrogen
2 step deposition
4-a279
16:4017:00G224エステル交換反応条件におけるFAU型ゼオライト膜の安定性評価
(産総研) ○(正)池田 歩Lundin Sean-Thomas(正)長谷川 泰久
Zeolite membrane
methanol permeation
organic vapor stability
4-a339
G 会場(講義棟 2階 L0022)第 3 日(3月17日(金))
(9:00~10:20) (座長 大島 達也)
9:009:20G301(講演中止)

10095
9:209:40G302イオン交換膜および限外濾過膜連結プロセスによる微細藻類由来のタンパク質の分離
(佐賀大理工) ○(正)川喜田 英孝(学)日種 隆敬(佐賀大農) 出村 幹英(佐賀大理工) (正)森貞 真太郎(正)大渡 啓介
microalgae
ion
exchange
4-e99
9:4010:00G303様々な2級アミド抽出試薬によるアニオンの抽出
(佐賀大理工) ○(正)大渡 啓介中島 巧貴Pang Gehui安部 省(正)森貞 真太郎(正)川喜田 英孝
Extraction
Secondary amide
anions
4-e121
10:0010:20G304水平型蒸留装置における円盤回転体の構造パラメータと操作条件が分離性能に及ぼす影響
(産総研) ○(正)福田 貴史(正)山木 雄大(正)牧野 貴至(京大院工) (正)殿村 修(技基)永野 拓幸(学)吉川 樹(正)外輪 健一郎
Horizontal distillation
Rotator
Height Equivalent to a Theoretical Plate
4-c609
(10:40~11:40) (座長 川喜田 英孝西村 午良)
10:4011:00G306セラミックス多孔質体を用いた水中の有機物の吸着除去
(プロテリアル) ○(正)佐伯 智則中野 敬子(日立製作所) 菓子 未映子(プロテリアル) 良峰 皓仲山 好乃関口 謙一郎
ceramics honeycomb
adsorption
Langmuir
4-e270
11:0011:20G307酵母を吸着材料として用いたタンパク質の分離
(福岡大工) ○(正)瀬戸 弘一古野 岳(福岡大院工) 満畑 亮(福岡大工) (正)廣橋 由美子(正)新戸 浩幸
yeast
carbohydrate-binding protein
bioseparation
4-e293
11:2011:40G308GME型ゼオライトが示す特異的CO2吸着挙動
(関西大院理工) ○(学·技基)樋口 雄斗(関西大環都工) (正)田中 俊輔
zeolite
CO2 adsorption
gate-open
4-e494
1. 基礎物性
(13:20~14:40) (座長 大田 昌樹)
13:2013:40G3142液相を形成する2成分系の相平衡の測定 ―メタノール+シクロヘキサン,2-ブタノール+水系―
(日大理工) ○(正)松田 弘幸(正)栗原 清文(正)栃木 勝己(正)越智 健二
Phase equilibria
two-liquid phase
Activity coefficient model
1-a465
13:4014:00G315Synthetic法を用いた4-ヒドロキシクマリンのアルコール中の溶解度の測定
(日大理工) ○(正)松田 弘幸(学)狩野 亜藍(学)柳田 拓海(正)栗原 清文(正)栃木 勝己
Coumarin derivative
Solubility
Alcohol
1-a472
14:0014:20G316深層学習による物性推算
(東理大理) (正)大江 修造
deep learning
physical property
prediction
1-a134
14:2014:40G317分極連続体モデルを用いた水溶液中分子のエントロピー推算
(横国大院環情) ○(正)伊里 友一朗(正)三宅 淳巳
quantum chemistry calculation
polarizable continuum model
entropy
1-a381
(15:00~16:00) (座長 保科 貴亮原野 安土)
15:0015:20G319[注目講演] 物性に基づくマイクロ流内でのリポソーム形成プロセスの設計
(東工大物質理工) ○(学)秋山 龍之介(正)織田 耕彦(正)下山 裕介
lipid solubility
liposome
microfluidic system
1-a469
15:2015:40G320シクロデキストリン類の融点および融解熱のグループ寄与法による推算
(日大理工) ○(正)栃木 勝己(正)松田 弘幸(正)栗原 清文
Cyclodextrins
Heat of Fusion
Group Contribution Method
1-a57
15:4016:00G321高圧下における気液平衡データの健全性テストに関する一考察
(日大理工) ○(正)栃木 勝己(正)松田 弘幸(マレーシア工大) (正)辻 智也(日大理工) (正)栗原 清文
High-Pressure VLE
Consistency Test
Activity Coefficient
1-a56
(16:00~16:40) (座長 松田 弘幸小野 巧)
16:0016:20G322電気力学天秤による唾液飛沫の蒸発速度と吸湿特性の測定
(群大院理工) (学)ミヤヒラ ヨシノブ(正)原野 安土
saliva droplet
hygroscopicity and evaporation
electrodynamic balance
1-a529
16:2016:40G323超音波インラインレオメータによる擬塑性流体の粘性評価
(北大) ○(正)田坂 裕司(産総研) (正)芳田 泰基(北大) (学)大家 広平村井 祐一
Pseudo plastic fluid
Shear thinning viscosity
Ultrasonic velocity profiling
1-a285

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会第88年会(東京)


(C) 2023 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会第88年会実行委員会
E-mail: inquiry-88awww3.scej.org