English page
SCEJ

化学工学会第88年会(東京)

Last modified: 2023-12-13 19:12:50

講演プログラム(セッション別) : SS-8

講演要旨閲覧は講演番号をクリックしてください。
(有料参加登録者およびご招待者にメールでお知らせしたID/PWが必要です。)

SS-8 忘れてはいけない単位操作 ―(持続可能な社会の実現に貢献する分離技術)- (ポスター)

オーガナイザー:澤田 裕子((公社)化学工学会)

化学工場のプロセスは、基本的な単位操作の組み合わせである。しかし、現実のプロセスでは教科書に載っている単位操作概論では対応できない事象が数多くある。そのような中で、各社の対応例や最新技術を紹介して頂く。今回のテーマは多くの基本的な単位操作が含まれる「持続可能な社会の実現に貢献する分離技術」である。

Q 会場 ・ 第 3 日

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
Q 会場(体育館)第 3 日(3月17日(金))
(16:00~17:30) (司会 大原 宏明)
16:0017:30Q321[依頼講演] 固体吸着材を用いた大気からのCO2直接回収技術の開発
(IHI) ○(正)橋本 卓也(法)江部 郁仁(法)成澤 道則(IHI Asia Pacific) 佐藤 研太朗
DAC
Adsorbent
CO2
SS-8400
Q322[依頼講演] 高集積型MBR膜モジュールおよび運転支援技術
(東レ) ○(法)服部 翔太(法)安東 秀明(法)濱田 浩志(法)羽川 和希(法)小林 巧(法)富岡 一憲(法)酒井 憲司
Membarane bioreactor
Flat sheet membrane
Simulation technology
SS-8402
Q323[依頼講演] ゲート吸着型配位高分子、ELM-11のCO2分離への応用
(日本製鉄) ○(法)三浦 大樹(法)上代 洋
Porous Coordination Polymer
Gate-opening adsorption
Carbon dioxide adsorption
SS-8404
Q324[依頼講演] ハイブリッド型MVR式アンモニア回収装置
(木村化工機) ○(正)池田 博史(正·上技)立野 隆彦
Ammmonia
Energy-saving
Distillation
SS-8406
Q325[依頼講演] セルロース溶解能を持つ中和塩型イオン液体のカチオン成分回収方法
(日清紡グループ) ○勝野 晴孝増田 現髙瀬 総人杉浦 美里
ionic liquids
recovering
cellulose
SS-8408
Q326[依頼講演] バイオ燃料・バイオプラスチックス製造に貢献するディスク型遠心分離機
(アルファ・ラバル) 青木 裕
Disc-type centrifuges
Cell separation
Oil separation
SS-8410
Q327[依頼講演] ゼオライト膜を用いたアンモニア分離技術
(三菱ケミカル) ○(法)松尾 武士(正)田中 学(法)堤内 出
zeolite membrane
ammonia
reactive separation
SS-8646
Q328[依頼講演] 噴霧乾燥の応用 -マイクロカプセル技術と新規微粒化装置-
(大川原化工機) (正)根本 源太郎
Spray Dry
Microcapsule
Atomization
SS-8648

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会第88年会(東京)


(C) 2023 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会第88年会実行委員会
E-mail: inquiry-88awww3.scej.org