English page
SCEJ

化学工学会 第85年会

Last modified: 2020-03-02 11:00:00

講演プログラム(会場・日程別) : H会場・第2日

講演要旨は各講演番号からリンクしています。
(講演要旨閲覧に必要なID/PWは参加登録者・ご招待者にメールでお知らせします。)
※ IChES 2020 のプログラムは こちら です。

H 会場(2F 2206)第 2 日(3月16日(月))

6,14 システム・情報・シミュレーション,広領域

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
6,14 システム・情報・シミュレーション,広領域
(9:00~10:20) (座長 金子 弘昌金 尚弘)
9:009:20H201IMC理論に基づく化学プラント液面制御に適したPID制御設計
(農工大院工) ○(学)大寳 茂樹(正)山下 善之
process control
PID control
Internal model control
6-d110
9:209:40H202定常熱物質収支情報を利用したプラントワイドコントロールの構築手法
(千代田化工) ○(正)田口 智将(農工大) (正)山下 善之
Plantwide Control
Modeling and Simulation of Steady State and Dynamics
Process and Control Design
6-d576
9:4010:00H203An Effective Method for Deriving Asymmetrical Temperature Control Schemes for Dividing-Wall Distillation Columns
(Beijing U. Chemical Tech.) ○(海)Yuan Yang(海)Huang Kejin(海)Qian XingChen Haisheng(海)Zang LijingZhang LiangWang Shaofeng
Asymmetric temperature control
DWDC
Temperature difference
6-d228
10:0010:20H204Analysis of the effects of process parameters on start-up operation in continuous wet granulation
(UGent/U. Tokyo) ○(学)Matsunami Kensaku(UGent) Nopens Ingmar(U. Tokyo) (正)Sugiyama Hirokazu(UGent) De Beer Thomas
Pharmaceuticals
continuous manufacturing
process assessment
6-b731
(10:40~12:00) (座長 田口 智将高塚 佳代子)
10:4011:00H206水素供給変動下におけるトルエン水素化プロセスの最適化手法
(産総研) ○(正)熱海 良輔(東工大) (正)松本 秀行(産総研) 小島 宏一(電機大) 岩谷 直樹(正)小林 大祐(産総研) 難波 哲哉辻村 拓
Renewable energy
Methylcyclohexane
Toluene hydrogenation
6-c590
11:0011:20H207シングルユース技術・連続生産を考慮したバイオ医薬品製造プロセスの俯瞰的設計
(東大院工) ○(学)白畑 春来(海)Badr Sara(正)杉山 弘和
pharmaceutical manufacturing
single-use technology
continuous manufacturing
6-b647
11:2011:40H208無菌製剤製造における過酸化水素除染プロセスのモデルベースト設計
(東大院工) ○(学)藪田 啓奨(エアレックス) 二村 はるか川崎 康司(東大院工) (正)杉山 弘和
Pharmaceutical manufacturing
Process design
Sterility
6-b113
11:4012:00H209CFDシミュレーションを用いたヒトiPS細胞緩慢凍結プロセスのスケールアップ検討
(東大院工) ○(学)林 勇佑(東大院工/TU Munich) Scholz Benedikt(東大院工) (正)杉山 弘和
Regenerative medicine
Cryopreservation
Multiobjective process design
6-b329
(13:00~13:40) (司会 外輪 健一郎)
13:0013:40H213[依頼講演] AI時代における機能材開発分野の数理モデリング
(東大工) (正)吉江 建一
Functional product
Numerical modeling
AI
6-g823
(13:40~14:40) (座長 福島 康裕山田 明)
13:4014:00H215プロセスデータ解析によるアクリル樹脂の品質改善
(京大工) ○(正·修習)金 尚弘(京大情報) (正)加納 学(京大工) (正)長谷部 伸治(日本触媒) 木下 太司馬場 英幸石田 知史田渕 航右田 啓哉
Process data analytics
Product quality improvement
Acrylic resin
6-f667
14:0014:20H216Numerical investigation of optimal control of SiC crystal growth in the RF-TSSG system using machine learning
(阪大院基工) ○(学)Wang Lei(正)Sekimoto Atsushi(正)Okano Yasunori(名大院工) Ujihara Toru
TSSG
machine learning
magnetic field
6-e378
14:2014:40H217機械学習を活用したポリマーブレンド材の開発
(ADMAT/DIC) ○(法)高田 新吾(DIC) (法)鈴木 徹(産総研) (正)竹林 良浩(正)小野 巧(正)依田 智
Machine learning
Polymer composite
6-d157
(15:00~17:00) (座長 松本 秀行竹林 良浩)
15:0015:20H219環境性と機能性に基づく容器包装のライフサイクル設計
(東大院工) ○(学)横川 直毅(正)天沢 逸里(正)杉山 弘和(正)平尾 雅彦
Sustainable consumption and production
Trade-off analysis
Product life cycle
6-g408
15:2015:40H220複数解の系統的提示に資する熱交換器ネットワーク合成ツールの開発
(東北大院工) ○(正)大野 肇田中 晴佳(正)福島 康裕
Heat exchange
Optimization
6-e795
15:4016:00H221プロジェクト・スケジュールの遅延リスクの定量分析手法
(宮崎大) ○(正)高塚 佳代子(日揮) (正)佐藤 知一(宮崎大) 宮崎 翔吾田辺 祥悟岡崎 直宣
Schedule network
Delay risk analysis
Rescheduling
6-f234
16:0016:20H222バイオマス資源利用のためのサプライチェイン最適化問題の一般的表現法の考察
(京大工) (正)外輪 健一郎
supply chain
superstructure
optimization
6-f780
16:2016:40H223幅広い年齢層あるいは多様な目的を有する対象者への網羅的な実験系化学講座の継続的な実践
(首都大産技高専品川) (正)田村 健治
Regional Cooperation
Social Contribution
Low Environmental Technologies
14-c78
16:4017:00H224新潟大学での安全教育と化学工学コースの現状
(新潟大工) ○(正)木村 勇雄(新潟大保健管理・環境安全本部) 柏木 保人
safety education
lecture
chemical experiment
14-c102

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第85年会


(C) 2020 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第85年会 実行委員会
E-mail: inquiry-85awww3.scej.org