English page
SCEJ

化学工学会 第85年会

Last modified: 2020-03-02 11:00:00

講演プログラム(会場・日程別) : L会場

講演要旨は各講演番号からリンクしています。
(講演要旨閲覧に必要なID/PWは参加登録者・ご招待者にメールでお知らせします。)
※ IChES 2020 のプログラムは こちら です。

L 会場(3F 2303)

L 会場 ・ 第 1 日 | L 会場 ・ 第 2 日 | L 会場 ・ 第 3 日
11,12 エレクトロニクス,材料・界面 | 9 エネルギー | 8 超臨界流体 | 9 エネルギー

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
L 会場(3F 2303)第 1 日(3月15日(日))
11,12 エレクトロニクス,材料・界面
(13:00~15:00) (座長 小野 努長嶺 信輔)
13:0013:20L113[研究賞] 膜場を活用するBio-Inspired化学工学に関する研究
(阪大院基工) (正)馬越 大
The SCEJ Award for Outstanding Research Achievement
0-b816
13:2013:40L114脂質膜設計とその応用:ポリジアセチレン膜場による超分子キラリティの誘導
(阪大院基工) ○(正)菅 恵嗣(学)吉田 健悟(UC Davis) Kuhl Tonya(阪大院基工) (正)岡本 行広(正)馬越 大
Polydiacethylene (PDA)
Ordered Membrane
Systematic Characterization
12-j549
13:4014:00L115タンパク質の高感度検出を目指した、重合性脂質や高分子によるベシクル膜揺らぎの制御
(岡山大院環生) ○(学)福間 早紀(正)島内 寿徳(正)木村 幸敬
liposome
membrane fluctuation
biosensor
12-a727
14:0014:20L116ダブルエマルション生成にマイクロ流路の流路形状と溶液物性が与える影響
(神戸大院工) ○(正)日出間 るり大橋 遼太朗(正)鈴木 洋
Double emulsion
Flow focusing
12-b391
14:2014:40L117油中水滴によって封入されたヒドロキシプロピルセルロースの動的挙動
(山形大院理工) ○(正)吉田 一也(青学大理工) 堀井 啓太郎(山形大院理工) 齊藤 梓(青学大理工) 高嶋 明人西尾 泉
thermo-induced dynamics
direct observation
12-b495
14:4015:00L118反応性流体の化学輸送に関する自由エネルギー解析
(阪大院基工) ○(正)伴 貴彦松本 康平(静理工大) 南齋 勉(同志社大理工) (正)森 康維
Spreading coefficient
Free energy analysis
Active matter
12-a393
(15:00~17:00) (座長 菅 恵嗣渡邉 哲)
15:0015:20L119高効率な細孔内分子認識に基づく膜型バイオセンサーの開発
(東工大化生研) ○(学)奥山 浩人(正)大柴 雄平(正)山口 猛央
porous membrane
biosensor
immunoassay
12-m708
15:2015:40L120天然および合成ポリフェノールを用いた分子認識界面の構築
(福岡大工) ○(正)瀬戸 弘一(福岡大院工) 原田 真緒(福岡大工) 谷口 穂乃花長浦 秀憲(正)廣橋 由美子(正)新戸 浩幸
Polyphenolic glycosides
Glycointerface
Molecular recognition
12-a578
15:4016:00L121光触媒利用のためのTiO2-SiO2複合ナノ粒子の合成
(関西大) ○(正)岡田 芳樹(正)木下 卓也
Chemical Si-O-Ti Bonds
Coflow Diffusion Burner
Laval Nozzle
12-d26
16:0016:20L122酸化鉄を用いた酸化/還元場分割型光触媒マイクロリアクター
(京大院工) ○(正)長嶺 信輔(京大工) (学)助川 竜一朗(京大院工) (学)有田 春輝
Fe2O3
photocatalyst
microreactor
12-d660
16:2016:40L123固体高分子形水電解用Ir-Ruナノ粒子連結触媒の開発
(東工大化生研) ○(学)杉田 佳之(東工大化生研/KISTEC) (正)田巻 孝敬(KISTEC/東工大化生研) (正)黒木 秀記(東工大化生研/KISTEC) (正)山口 猛央
Polymer electrolyte water electrolysis
Connected nanoparticle catalysts
Carbon free catalysts
12-d587
16:4017:00L124Gel-in-Oilエマルションの開発による親水性薬物の経皮送達
(九大院化工) ○(正)井嶋 博之(学)山本 惠美子重栖 佑次Fardous Jannatul(九大GIC) (正)小野 文靖(九大院化工) (正)堺 裕輔
gel in oil emulsion
transdermal delivery
hydrophilic drugs
12-b161
L 会場(3F 2303)第 2 日(3月16日(月))
9. エネルギー
(9:20~10:40) (座長 中川 浩行則永 行庸)
9:209:40L202リアクタネットワーク解析による微粉炭燃焼の反応特性評価
(神戸製鋼所) ○(正)清水 努(岐阜大工) (正)神原 信志
chemical kinetics
NOx
drop tube furnace
9-c61
9:4010:00L203バイオマス半炭化物の色差測定による燃料性状評価技術の確立
(岐阜大工) ○(正)須網 暁(正)小林 信介(正)板谷 義紀(正)中川 二彦
biomass
torrefaction
color
9-c778
10:0010:20L204高圧条件における石炭チャーによるタール改質モデル
(産総研) ○(正)細貝 聡(正)松岡 浩一(正)鈴木 善三(正)倉本 浩司
Coal
Gasitication
Tar reforming
9-c781
10:2010:40L205木質系バイオマスの生成ガス中のタール測定方法
(三機工業) ○(正)小松 貴司辻林 良祐坂本 勝岩井 良博(群大院理工) (正)野田 玲治
tar
woody biomass
method of measuring
9-f524
(11:00~12:00) (座長 小林 信介清水 努)
11:0011:20L207大崎クールジェンCO2分離・回収型酸素吹IGCC実証プロジェクトの進捗状況について
(OCG) (正)新垣 洪介
Coal Gasification
IGCC
CO2 Capture
9-c287
11:2011:40L208CO2メタン化反応における触媒活性制御に基づいた発熱マネージメント
(産総研) ○(正)高坂 文彦山口 十志明安藤 祐司望月 剛久高木 英行(正)松岡 浩一藤代 芳伸(正)倉本 浩司
methanation
CO2 utilization
thermal management
9-c441
11:4012:00L209多管式シェルアンドチューブメタネーション反応器の伝熱・反応・流動数値解析
(名大院工) ○(海)Zhang Wei(名大工) (学)溝口 莉彩(名大院工) (海)Choi Cheolyong(正)町田 洋(正)則永 行庸
simulation
methanation
9-c460
8. 超臨界流体
(13:00~13:20) (司会 猪股 宏)
13:0013:20L213[研究奨励賞] 超臨界二酸化炭素を溶媒とした高速連続抽出分離技術の開発
(産総研) (正)藤井 達也
The SCEJ Award for Outstanding Young Researcher
0-c820
(13:20~14:40) (座長 横 哲松山 清)
13:2013:40L214Combined Applications of Supercritical CO2 Extraction and Molecular Distillation
(名大) ○(学)朱 力(正)Wahyudiono(正)神田 英輝(正)後藤 元信(华南理工大) 朱 宝璋(広州Haoliバイオテクノロジー) 冯 志豪
Supercritical Fluid
Molecular Distillation
Natural Products
8-c275
13:4014:00L215試作プラントを用いた湿潤微細藻類からの油脂の液化ジメチルエーテル抽出
(名大院工/JST-JICA SATREPS) ○(正)神田 英輝(ダーバン工大) Ansari Faiz Ahmad(名大院工) (学)櫻木 優冶鄭 慶新(正)Wahyudiono(ダーバン工大) Rawat Ismail(名大院工) (正)後藤 元信(ダーバン工大) Bux Faizal
Dimethyl ether
Biofuel
Microalgae
8-f516
14:0014:20L216Predictive Framework for Estimating Kamlet-Taft Polarity ('pi'*) of Supercritical CO2 with Co-Solvents
(Tohoku U.) ○(海)Duereh Alif(学)Sugimoto Yuta(正)Ota Masaki(Tohoku Inst. Tech.) (正)Sato Yoshiyuki(Tohoku U.) (正)Inomata Hiroshi
Preferential solvation
Local composition
solvent selection
8-b171
14:2014:40L217CAPC法による多層フィルターの作製
(産総研化プロ) (正)相澤 崇史
carbon dioxide
polymer
filter
8-e53
(15:00~16:40) (座長 神田 英輝相澤 崇史)
15:0015:20L219サイズ・分布の制御に向けた二段フロー法によるCeO2ナノ粒子の水熱合成
(東大院新領域) ○(学)織田 耕彦(正)秋月 信(正)大島 義人
Hydrothermal synthesis
cerium oxide
dual-stage flow reactor
8-e188
15:2015:40L220SFEE法を用いた機能性ナノカプセルの調製
(福岡大院工) ○(学)徳永 真一(福岡大工) (正)シャーミン タンジナ(正)相田 卓(正)三島 健司
Composite Material
Supercritical Carbon Dioxide
Nanoparticles
8-e416
15:4016:00L221超臨界流体含浸法によるCu-Ruバイメタルナノ粒子の合成
(福岡工大) ○(正)松山 清(久留米高専) 富安 範行奥山 哲也(豊橋技大) 武藤 浩行
Bimetallic Nanoparticles
Supercritical Fluid
CO oxidation
8-e490
16:0016:20L222超臨界混合溶媒を用いたチタン酸バリウムのナノサイズ化
(東北大AIMR) ○(正)横 哲(東北大工) (学·技基)内藤 浩輝(東北大NICHe) (正)成 基明(東北大多元研) (正)笘居 高明(東北大AIMR) (正)阿尻 雅文
Supercritical
BaTiO3
Non-classical-nucleation
8-e478
16:2016:40L223Low-temperature chemical conversion with highly active nanomaterials synthesised using the supercritical hydrothermal method
(Tohoku U. NICHe) ○(正)Seong Gimyeong(Tohoku U. WPI-AIMR) (正)Yoko Akira(Tohoku U. IMRAM) (正)Tomai Takaaki(Tohoku U. WPI-AIMR) (正)Adschiri Tadafumi
nanoparticles
low-temperature
supercritical
8-e641
L 会場(3F 2303)第 3 日(3月17日(火))
9. エネルギー
(9:00~10:20) (座長 黒木 秀記野田 優)
9:009:20L301Noble Metal- Transition Metal Phosphide Catalysts for Alkaline Water Electrolysis: Oxygen Evolution Reaction
(Tokyo Tech/NEDO) ○(海)Sasidharan Sankar(正)Tamaki Takanori(Noritake) (法)Gopinathan Anilkumar(Tokyo Tech/NEDO) (正)Yamaguchi Takeo
Oxygen Evolution Reaction
Electrocatalysts
Metal Phosphides
9-a335
9:209:40L302優れた酸素発生反応活性を示すアルカリ水電解用鉄系アノード触媒の開発
(東工大化生研) ○(正)菅原 勇貴(東工大フロンティア研) 鎌田 慶吾(東工大化生研) (正)山口 猛央
oxygen evolution reaction
iron-based electrocatalyst
alkaline water splitting
9-e632
9:4010:00L303水素・アセトアルデヒド同時製造電気化学プロセスにおける選択性
(京大工) ○(正)河瀬 元明(学)名村 啓佑
electroorganic synthesis
selectivity
acetaldehyde
9-e615
10:0010:20L304環境性・技術経済性に基づく再エネ利用技術の評価:蓄電池援用水素製造の例
(東大院工) ○(学)佐孝 成寿(東大総括プロ) (正)兼松 祐一郎(東大未来ビ/東大総括プロ/東大院工) (正·修習)菊池 康紀
Electrolysis
System design
LCA(Life cycle assessment)
9-e711
(10:40~12:00) (座長 中川 紳好)
10:4011:00L306Electrochemical Conversion of Carbonate to Formate: Regenerating fuels for Direct formate fuel cell
(Tokyo Tech) ○(海)Narayanaru Sreekanth(Noritake) (法)Gopinathan Anilkumar(Tokyo Tech) (正)Tamaki Takanori(正)Yamaguchi Takeo
Bipolar membrane
Fuel Regeneration
Formate
9-a616
11:0011:20L307固体高分子燃料電池の分極曲線の酸素分圧依存性からの無次元支配因子決定法
(京大工) ○(正)影山 美帆(正)山口 和宏(学)小川 輝(正)河瀬 元明
polymer electrolyte fuel cell
analysis method
dimensionless moduli
9-e638
11:2011:40L308流体力学的キャビテーション分散法を用いた触媒スラリーの調製とPEFC発電性能
(KISTEC/JST-CREST/東工大化生研) ○(正)黒木 秀記(日本スピンドル製造) 大西 慶一郎浅見 圭一(KISTEC/JST-CREST/東工大化生研) (正)山口 猛央
Cavitation Microbubbles
Continuous Flow Process
Polymer Electrolyte Fuel Cell
9-e701
11:4012:00L309高スルホン酸基密度アイオノマー充填細孔フィリング電解質薄膜を用いた膜電極接合体の化学耐久性評価
(東工大化生研) ○(正)大柴 雄平小坂 恵夢(東工大化生研/KISTEC) (正)山口 猛央
polymer electrolyte fuel cells
pore-filling membrane
chemical durability
9-e643
(13:00~14:20) (座長 山口 猛央影山 美帆)
13:0013:20L313電解質積層構造を有する固体酸化物形燃料電池の高効率化
(東大院新領域) ○(正)松尾 拓紀阪田 一真(東京ガス/九大) (正)松崎 良雄(東大院新領域) (正)大友 順一郎
Solid oxide fuel cell
Bilayer electrolyte
Transport property
9-e659
13:2013:40L314固体酸化物燃料電池/電解セルの包括的燃料極反応モデルの提案と多変数フィッティング手法の構築
(東工大化工) ○(学)古賀 康友(学)飯田 雄太(学)亀田 恵佑(正)長谷川 馨(正)伊原 学
Solid Oxide Fuel Cell
Kinetics modeling
Langmuir-Hinshelwood
9-e698
13:4014:00L315固体酸化物燃料電池へのカーボンナノチューブ直接成長に対するイオン伝導性酸化物の影響
(東工大応化) ○(正)長谷川 馨(学)山田 耕生細田 万吉(学)飯田 雄太(学)亀田 恵佑(正)伊原 学
Solid oxide fuel cell
Carbon nanotube
oxide ion conductor
9-e542
14:0014:20L316固体リン酸塩電解質を用いた中温作動型電解セルの開発
(東大院工) ○(学)藤原 直也永瀬 寛典(正)多田 昌平(正)菊地 隆司
electrolysis
intermediate temperature
solid phosphate
9-e437
(14:40~16:00) (座長 長谷川 馨佐野 紀彰)
14:4015:00L318Thermopower Waveに基づいた発電デバイスに関する研究
(京大院工) (正)佐野 紀彰
thermopower wave
carbon nanotube
power generation
9-e798
15:0015:20L319Ni/GDCおよびNi/YSZ燃料極を使用したカーボン空気二次電池システムの充放電特性の比較
(東工大応化) ○(学)亀田 恵佑(正)長谷川 馨(正)伊原 学
solid oxide fuel cell
secondary battery
electrolysis
9-e494
15:2015:40L320蓄熱による変動性再エネの出力調整:製紙工場と風力熱発電のライフサイクル評価
(東大工) ○(学)山木 亜由美(東大総括プロ) (正)兼松 祐一郎(東大未来ビ/東大総括プロ/東大工) (正·修習)菊池 康紀
Simulation of paper production
Life cycle assessment
Greenhouse gas
9-e483
15:4016:00L321下水汚泥炭化物中の亜鉛が脱硝触媒に及ぼす影響
(神戸製鋼所) ○(正·技基)矢田部 翔多(法)大村 一樹(法)岡 高憲(正)吉田 拓也
Zinc
Sewage sludge
SCR
9-f77

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第85年会


(C) 2020 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第85年会 実行委員会
E-mail: inquiry-85awww3.scej.org