English page
SCEJ

化学工学会 第85年会

Last modified: 2020-03-02 11:00:00

講演プログラム(会場・日程別) : M会場

講演要旨は各講演番号からリンクしています。
(講演要旨閲覧に必要なID/PWは参加登録者・ご招待者にメールでお知らせします。)
※ IChES 2020 のプログラムは こちら です。

M 会場(3F 2304)

M 会場 ・ 第 1 日 | M 会場 ・ 第 2 日
7 バイオ

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
M 会場(3F 2304)第 1 日(3月15日(日))
7. バイオ
(13:00~14:40) (座長 井嶋 博之酒井 康行)
13:0013:20M113高肝機能を誘導可能なヒトヘパトーマ細胞株の作製
(九大院工) ○(学)北野 裕之(九大院シス生) Souvervielle Manuel(九大院工) (正)河邉 佳典(九大院工/九大院シス生) (正)上平 正道
hepatoma cell
liber-enriched transcription factor
inducible gene expression system
7-d684
13:2013:40M114中空糸内三次元培養を用いたiPS細胞の分化誘導における幾何形状効果
(九大院工) ○(正)水本 博大賀 美帆松下 沙希子(学)谷口 諒(学)野元 渚生(正)梶原 稔尚
iPS cells
differentiation
three-dimensional culture
7-e699
13:4014:00M115ヒト人工多能性幹細胞の凍結保存における遅発的細胞劣化の解釈
(阪大院工) ○(正)堀口 一樹宇野 友貴(正)紀ノ岡 正博
human pluripotent stem cells
cryopreservation
tardive cell death
7-a49
14:0014:20M116ヒトiPS細胞の緩慢凍結における温度プロファイルの最適化シミュレーション
(東大院工) ○(学)林 勇佑(阪大院工) (正)堀口 一樹(正)紀ノ岡 正博(東大院工) (正)杉山 弘和
Regenerative medicine
Cryopreservation
Multiobjective process optimization
7-a566
14:2014:40M117アルツハイマー病治療を目指したアミロイドβ標的金ナノ粒子の開発
(東大院医) ○(正)太田 誠一(東大院工) 小野村 知之(東大院医/東大院工) (正)伊藤 大知
Drug Delivery
Nanoparticles
Amyloid
7-e429
(15:00~16:40) (座長 上平 正道堀口 一樹)
15:0015:20M119抗原ペプチドの経皮浸透促進機能を有するキュービック液晶製剤の開発
(九大院工) ○(学)小坂 秀斗(正)若林 里衣(正)神谷 典穂(正)後藤 雅宏
liquid crystal
transcutaneous drug delivery
peptide antigen
7-e730
15:2015:40M120トレハロースを基盤とした細胞凍結保護剤の開発
(九大院化工) 蝶野 雄大吉田 梢(九大GIC) (正)小野 文靖(九大院化工) (正)白木川 奈菜(正)堺 裕輔(正)井嶋 博之
cryoprotectant
trehalose
hepatocytes
7-e160
15:4016:00M121低毒性とゲル化能を両立した短鎖ペプチドゲル化剤
(神戸大院工) Kartika Restu Witta山本 翔太(神戸大院イノ) (正)石井 純青井 貴之(神戸大院工) ○(正)丸山 達生
peptide
self-asembly
hydrogel
7-i777
16:0016:20M122Characterization of Ergosterol-Incorporated Membranes and Its Application
(阪大院基工) ○(海)Bui Thi Tham(正)菅 恵嗣(正)岡本 行広(UC Davis) Kuhl Tonya(阪大院基工) (正)馬越 大
Ergosterol
Lipid Membrane
Physicochemical Membrane Properties
7-a547
16:2016:40M123脂質ナノ膜場内での電気泳動現象の解析
(阪大院基工) ○(正)岡本 行広西野 遼濱口 海都(正)菅 恵嗣(正)馬越 大
electrophoresis
lipid nanomembrane
molecular interaction
7-c387
M 会場(3F 2304)第 2 日(3月16日(月))
(13:00~14:40) (座長 松岡 結大政 健史)
13:0013:20M213Characterization of epoxy-based macro-porous resin in ion-exchange chromatography
(Kyoto Inst. Tech.) ○(学)Rakotondravao Haingomaholy Michelle(学)呂 夢軒(エマオス京都) 石塚 紀生(ワイエムシイ) 黒田 典孝高橋 良輔(京大) 榊原 圭太(Kyoto Inst. Tech.) (正)堀内 淳一(正)熊田 陽一
ion-exchanger
mass transfer
separation
7-c671
13:2013:40M214モデル食品に対するグルコースおよび塩化ナトリウムの分配係数に与える温度の影響
(東食研) (正)謝 裕基
distribution coefficient
food
seasoning
7-h93
13:4014:00M215安全・簡便な新規活性種調製法を基盤とする微生物制御による衛生管理技術ならびに防疫対策技術の開発
(首都大産技高専品川) (正)田村 健治
Gas Phase Sterilization
Liquid Phase Pasteurization,
Oxidative Active Species
7-h84
14:0014:20M216環境汚染物質に依存する生物学的封じ込め技術の開発
(名大院工) ○(正)石川 聖人(正)堀 克敏
Biocontainment
Outer membrane protein
Toluene degradation
7-d640
14:2014:40M217Factors affecting anti-CRP scFv production using E. coli by DO-stat fed-batch culture
(Kyoto Inst. Tech.) ○(学)Nguyen Hieu Nghia(正)Kishimoto Michimasa(正)Kumada Yoichi(正)Horiuchi Jun-ichi
DO-stat
Fed-batch culture
scFv
7-a503
(15:00~16:40) (座長 荻野 博康堀内 淳一)
15:0015:20M219大腸菌のpgi遺伝子欠損株による効率的なNADPH生産システムの開発
(九工大院情) ○(正)松岡 結(正)倉田 博之
Kinetic modeling
pgi mutant
NADPH overproduction
7-f4
15:2015:40M220分子認識における多点相互作用の検証とタンパク性足場分子の機能開発
(岡山大院自) ○(正)今中 洋行池田 湧黒瀬 志帆東 秀隆(正)石田 尚之(正)今村 維克
molecular recognition
scaffold
multipoint interaction
7-a806
15:4016:00M2211細胞操作のための光応答性リガンド提示表面の開発
(東大先端研/JST-PRESTO) ○(正)山口 哲志(東大院工) 小阪 高広(東大先端研/東大院工) 岡本 晃充
Single-cell manipulation
photoreaction
click chemistry
7-a281
16:0016:20M222ライブラリーデザインサイクル:着実なタンパク質変異を目指して
(東北大院工) 菊池 沙也香服部 峰充服部 修平(正)中澤 光(正)梅津 光央
Molecular evolution
protein
antibody
7-a756
16:2016:40M223中空糸細孔を酵素固定化バイオリアクターとして利用した有機媒体中の酵素反応
(北九州高専) ○(正)後藤 宗治(有明高専) (正)大河平 紀司(北九大国環工) (正)上江洲 一也(佐賀大理工) (正)川喜田 英孝
Enzyme
immobilization
Polymer brush
7-i537

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第85年会


(C) 2020 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第85年会 実行委員会
E-mail: inquiry-85awww3.scej.org