English page
SCEJ

化学工学会 第85年会

Last modified: 2020-03-02 11:00:00

講演プログラム(セッション別) : K-5

講演要旨は各講演番号からリンクしています。
(講演要旨閲覧に必要なID/PWは参加登録者・ご招待者にメールでお知らせします。)
※ IChES 2020 のプログラムは こちら です。

K-5 Hydrogen Safety Conference Osaka 2020

オーガナイザー:辻 佳子(東京大学)

水素は、再生可能エネルギーとならぶ新たなエネルギーとして注目されている。しかしながら、「水素社会」を実現するためには、コストや水素の安定供給を確保するためのインフラ開発、ならびに水素の安全な利用に関する課題を明らかにし、解決しなければならない。本セッションでは、「水素社会」に関する基調講演や招待講演を交えながら、水素利活用のグローバルな見通しを幅広く議論する。

X 会場 ・ 第 2 日

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
X 会場(BIG ホール 100)第 2 日(3月16日(月))
9:009:20Opening remark
9:2010:00X202[Plenary lecture] Contribution of hydrogen-related technologies for realizing decarbonized power systems
(U. Tokyo) Matsuhashi Ryuji

K-5831
10:0010:40X204(withdrawn)

100832
10:4011:20X206(withdrawn)

100833
11:2011:50X208(withdrawn)

100834
11:5012:20X209(withdrawn)

100835
13:4014:00X215[Invited lecture] Summary of High Pressure Gas Safety Act And Accidents / Incidents of HRS In Japan
(KHK) Yabuki Takahiro

K-5836
14:0014:20X216[Invited lecture] Regulatory reform on HRS
(JPEC) Kawashima Yoshimi

K-5837
14:2014:40X217[Invited lecture] Status on Activities for HRS Safety in Japan
(HySUT) Ikeda Tatsufumi

K-5838
14:4015:00X218[Invited lecture] Safety Education
(Osaka U.) Momose Hideki

K-5839
15:0015:20Break
15:2015:40X220[Invited lecture] JXTG's Efforts toward the Realization of Hydrogen utilized Society
(JXTG Nippon Oil and Energy) (Cor)Minoda Ai

K-5840
15:4016:00X221[Invited lecture] Green Hydrogen Production Demonstration Project for Sector Integration
(Asahi Kasei) (Cor)Usui Taketoshi

K-5841
16:0016:20X222[Invited lecture] Yamanashi Prefecture P2G Project
(Yamanashi Pref. Enterprise Bureau) Sakamoto Masaki

K-5842
16:2016:40X223[Invited lecture] Demonstration Project of Smart Community using Hydrogen Co-generation System
(Kawasaki Heavy Industries) *(Cor)Ashikaga Mitsugu, (Obayashi) Kajiki Moriya

K-5843
16:4016:50Closing remark

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第85年会


(C) 2020 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第85年会 実行委員会
E-mail: inquiry-85awww3.scej.org