English page
SCEJ

化学工学会 第85年会

Last modified: 2020-03-02 11:00:00

講演プログラム(セッション別) : SS-2

講演要旨は各講演番号からリンクしています。
(講演要旨閲覧に必要なID/PWは参加登録者・ご招待者にメールでお知らせします。)
※ IChES 2020 のプログラムは こちら です。

SS-2 高度生産システム検討委員会成果報告

オーガナイザー:佐藤 隆((公社)化学工学会)

化学工学会ではエネルギー多消費のエチレンプラントを選定し、連続運転を阻害する800℃以上での熱分解のコーキング汚れ、中温蒸留系での重合汚れに対するメカニズム解明と防止策を目指して、2011年から複数企業と複数大学・国研の産学連携コンソーシアムを組んで活動を行った。成果報告を行うとともに、新たな産学連携技術イノベーションに繋げたい。

F 会場 ・ 第 2 日

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
F 会場(2F 4202)第 2 日(3月16日(月))
(9:00~10:10) (司会 青木 秀之)
9:009:10F201[招待講演] ファウリングトラブル防止に向けた産官学連携コンソーシアム活動紹介
(出光興産) (正)伊佐地 実央
Fouling
Ethylene cracker
Coking
SS-2178
9:109:30F202[招待講演] CVDによる金属表面と炭素表面での炭素析出
(京大) (正)河瀬 元明
CVD
Pyrolytic carbon
Coking
SS-2179
9:309:50F203[招待講演] ナフサ熱分解中の金属表面上コーク析出挙動解析
(北大) ○(正)中坂 佑太九嶋 恵伍古山 侑弥(正)増田 隆夫
Coke
Naphtha
Metal Surface
SS-2180
9:5010:10F204[招待講演] エタンとナフサの熱分解を対象としたtabulated chemistryのエチレンプラントへ適用
(東北大) ○(正)松下 洋介小林 優志菅野 新松川 嘉也(九工大) (正)齋藤 泰洋(東北大) (正)青木 秀之
ethane and naphtha pyrolysis
tabulated chemistry
CFD
SS-2181
(10:10~10:30) (司会 鷹觜 利公)
10:1010:30F205[招待講演] エチレンプラントの熱分解炉と中低温蒸留系の付着物の詳細分析
(産総研) ○(正)麓 恵里(正)鷹觜 利公
Chemical analysis
polymerization deposits
coking deposits
SS-2182
(10:30~10:50) (司会 木原 伸一)
10:3010:50F206[招待講演] ファウリングを引き起こす重合反応モデルの構築
(岡山大) ○(正)小野 努(学·技基)苅田 健吾(学)川口 佳(正)渡邉 貴一
Polymerization
Fouling
Cross-linking
SS-2183
(10:50~11:30) (司会 小野 努)
10:5011:10F207[招待講演] ポリマー化ファウリング過程の伝熱およびレオロジー評価システムの開発
(広大) ○(正)木原 伸一(学·技基)内藤 大稀(広大院工) (正)宇敷 育男(広大) (正)滝嶌 繁樹
Chemical failing
Rheology
Monitoring
SS-2184
11:1011:30F208[招待講演] 熱交換器内のファウリング・モニタリング
(農工大) (正)山下 善之
advanced chemical production systems
industry-academia cooperation
problem solving
SS-2185
(11:30~11:50) (司会 宮坂 好治)
11:3011:50総合討論

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第85年会


(C) 2020 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第85年会 実行委員会
E-mail: inquiry-85awww3.scej.org