English page
SCEJ

化学工学会第87年会(神戸)

Last modified: 2022-03-04 12:00:00

講演プログラム(会場・日程別) : K会場・第3日 : K321

CS-2,SS-6のプログラムが一部変更されました。
講演要旨を公開しました(3/2)。講演番号をクリックしてください。
(参加登録者[第一期・第二期]およびご招待者にメールでお知らせしたID/PWが必要です。第三期参加登録の方は事前閲覧できません。)
講演プログラム一覧表で黄色背景のセッションが双方向ライブ配信利用予定ですが、今後の情勢により変更になる可能性もあります。HQ-21がオンライン実施に変更されました(3/3)。

K 会場(オンライン)第 3 日(3月18日(金))

4 分離プロセス

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
4. 分離プロセス
(9:00~10:20) (座長 松岡 淳山田 剛史)
9:009:20K301Enhancing the H2-permselectivity of a composite SiO2-ZrO2 membrane via organic ligand carbonization pore volume control
(Hiroshima U.) ○(正)Lawal Sulaiman(正)Kanezashi Masakoto(正)Nagasawa Hiroki(正)Tsuru Toshinori
Acetylacetone
Silica-zirconia
Carbonization
4-a22
9:209:40K302Network pore engineering of non-porous bis(triethoxysilyl)propane (BTESP) membranes via fluorine doping and gas permeation properties
(Hiroshima U.) ○(学)Ikram Rana(正)Kanezashi Masakoto(正)Nagasawa Hiroki(正)Tsuru Toshinori
Nonporous Organosilica; Bis(triethoxysily)propane
Fluorine doping; Network pore tuning
4-a248
9:4010:00K303ピュアシリカCHA膜による有機ハイドライド分解用膜反応器の開発
(芝浦工大工) ○(正)野村 幹弘高山 大史Figueiredo Gabriel Gama da Silva(学)石井 克典(住友電工) 小野木 伯薫奥野 拓也俵山 博匡石川 真二
Pure silica CHA membrane
Organic hydride
Membrane reactor
4-a141
10:0010:20K304ゼオライト膜を利用したエステル交換反応の速度解析
(産総研) ○(正)池田 歩(正)長谷川 泰久
Zeolite membrane
methanol removal
transesterification reaction
4-a297
(10:40~12:00) (座長 森貞 真太郎池田 歩)
10:4011:00K306質量分析計を用いた対向拡散CVDシリカ膜の成分分析
(芝浦工大院理工) ○(学)石井 克典(芝浦工大工) (正)野村 幹弘
Silica membrane
Chemical vapor deposition
Membrane separation
4-a166
11:0011:20K307オルガノシリカ膜の水透過特性とモデル解析~逆浸透・浸透気化・蒸気透過~
(広大院工) ○(学·技基)森山 教洋(広大院先進理工) (正)長澤 寛規(正)金指 正言(正)都留 稔了
Water
Permeation model
Organosilica membrane
4-a11
11:2011:40K308新規な六方晶型酸化タングステン膜によるガス分離の可能性調査
(名大未来社会) ○(正)萩尾 健史(名大院工) 和田 慎太郎國司 寛人(名大工) 山田 雄太(名大未来社会) 市野 良一
Hexagonal tungsten oxide
Membrane
Separation
4-a482
11:4012:00K309中空糸膜を用いた水処理ろ過装置における流動特性のモデル化
(ダイセル) ○(正)山田 剛史(法)高尾 翔太
Modeling
simulation
water treatment filtration
4-a435
(13:00~13:20) (司会 野村 幹弘大渡 啓介)
13:0013:20K313[研究賞] 非平衡分子動力学法によるミクロ多孔性膜における分子輸送現象の解明とセラミック多孔膜の開発
(神戸大院科技イノベ/先端膜工学セ) (正)吉岡 朋久
The SCEJ Award for Outstanding Research Achievement
0-b726
(13:20~14:40) (座長 佐伯 大輔)
13:2013:40K314Development of a high CO2 permeance composite membrane with an ion gel layer
(Kobe U.) ○(海)Zhang Jinhui(正)Kamio Eiji(正)Matsuoka Atsushi(正)Nakagawa Keizo(正)Yoshioka Tomohisa(正)Matsuyama Hideto
Tough ion gel
Composite membrane
CO2 separation
4-a148
13:4014:00K315アミン含有ゲル粒子膜を搭載したCO2分離装置によるCO2濃縮
(九大) ○(正)星野 友(正)安藝 翔馬池田 優子今村 和史堀井 涼雅(日本炭素循環ラボ) 山下 知恵(九大) 渡邉 猛(学)本田 竜太朗(東工大) (正)小玉 聡(九大) (正)谷口 育雄(正)三浦 佳子
CO2 separation
gel particles
membrane
4-a319
14:0014:20K316計算化学を用いたMixed matrix膜におけるCO2透過機構の解明
(工学院大院工) ○(学)廣澤 史也(工学院大先進工) (正)宮川 雅矢(正)高羽 洋充
Mixed matrix membrane
CO2 separation
Non equibrium molecular dynamics
4-a650
14:2014:40K317Hybrid nickel-coordinated aminosilica membranes for the selective pervaporation of methanol: tuning coordinated structure by a variety of amine types
(Hiroshima U.) ○(学)Anggarini Ufafa(正)Nagasawa Hiroki(正)Kanezashi Masakoto(正)Tsuru Toshinori
amine-functionalized organosilica precursors
nickel-dopant
pervaporation
4-a431
(15:00~16:20) (座長 星野 友萩尾 健史)
15:0015:20K319膜分離および塩析によるフィコビリプロテイン精製プロセスの設計
(佐賀大院工) ○(学)日種 隆敬(佐賀大理工) (正)森貞 真太郎(正)大渡 啓介(正)川喜田 英孝
phycobiliprotein
Crossflow filtration
purification
4-a66
15:2015:40K320[注目講演] Water Flux Enhancement of PVDF Membrane by a Facile Coating Method for Vacuum Membrane Distillation
(Kobe U.) ○(正)Li Zhan(学)Zhang Pengfei(正)Guan Kecheng(正)Yoshioka Tomohisa(正)Matsuyama Hideto
membrane preparation
membrane modification
vacuum membrane distillation
4-a127
15:4016:00K321ジアミンへのカルボキシ基の導入による高透水性ポリアミドナノろ過膜の作製
(信州大院総理工/信州大RISM) ○(正)佐伯 大輔(信州大院総理工) (学)土田 洋之(栗田工業) (正)川勝 孝博(法)藤村 侑(信州大院総理工) 奥村 幸久
nanofiltration
polyamide
interfacial polymerization
4-a339
16:0016:20K322異なる水素結合性官能基を有するUCST型温度応答性イオン液体の相分離挙動
(神戸大院工/先端膜工学セ) ○(正)松岡 淳(学)元山 愛梨(正)神尾 英治(正)松山 秀人
forward osmosis
ionic liquid
UCST phase separation
4-a395

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会第87年会(神戸)


(C) 2022 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会第87年会実行委員会
E-mail: inquiry-87awww3.scej.org