English page
SCEJ

化学工学会第87年会(神戸)

Last modified: 2022-03-04 12:00:00

講演プログラム(会場・日程別) : L会場

CS-2,SS-6のプログラムが一部変更されました。
講演要旨を公開しました(3/2)。講演番号をクリックしてください。
(参加登録者[第一期・第二期]およびご招待者にメールでお知らせしたID/PWが必要です。第三期参加登録の方は事前閲覧できません。)
講演プログラム一覧表で黄色背景のセッションが双方向ライブ配信利用予定ですが、今後の情勢により変更になる可能性もあります。HQ-21がオンライン実施に変更されました(3/3)。

L 会場(オンライン)

L 会場 ・ 第 2 日 | L 会場 ・ 第 3 日
5 反応工学

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
L 会場(オンライン)第 2 日(3月17日(木))
5. 反応工学
(9:00~10:20) (座長 渡部 綾大島 一真)
9:009:20L201フェノールの超音波分解における閾値に周波数がおよぼす影響
(東京電大工) (学)長谷川 日菜子椎名 摩理(正)小林 大祐
Ultrasonic degradation
Frequency
Threshold power
5-b536
9:209:40L202赤外光を物質移動促進に利用した場合のTiO2のCO2還元性能
(三重大院) ○(正)西村 顕(三重大) 加藤 孝治前 誉
Photocatalyst
CO2 Reduction Performance
Mass Transfer Promotion
5-c15
9:4010:00L203固体触媒によるエタノールからブタノールへのアップグレード技術の開発
(東北大院工) (学·技基)菅原 康太(正·技基)廣森 浩祐(正)北川 尚美(正)高橋 厚
butanol production
upgrading of ethanol
solid catalyst
5-a523
10:0010:20L204LTA型ゼオライトを用いた低級オレフィン合成における原料分圧が反応に与える影響
(東大生研) ○(正)茂木 堯彦(東大院工) (学)木村 孝博(東大生研) (正)小倉 賢
MTO reaction
ETP reaction
catalysis
5-a702
(10:40~11:40) (座長 高橋 厚茂木 堯彦)
10:4011:00L206メチルシクロヘキサン脱水素における白金触媒へのセレン添加効果
(九大院工) ○(正)大島 一真(学)伊藤 大弥(正)山本 剛(正)岸田 昌浩(日鉄エンジ) (法)加藤 讓(法)森田 健太郎(法)大橋 亜珠香
Methylcyclohexane dehydrogenation
Pt/TiO2 catalyst
selenium promoter
5-a18
11:0011:20L207アルミナ担持酸化ニッケル触媒の担持率によるプロパンの脱水素活性の改善劣化挙動
(徳島大院社会産業理工) ○(正)杉山 茂(徳島大院創成) (学)幸泉 旭彦(徳島大院社会産業理工) (正)霜田 直宏(三菱ケミカル) (正)加藤 裕樹(正)二宮 航
dehydrogenation
propane
nickel oxide
5-a35
11:2011:40L208Fe系触媒の格子S2-レドックスとプロパン脱水素特性に及ぼすRu成分の加速効果
(静大院工) ○(正)渡部 綾(学)横山 遵匡(正)福原 長寿
Propane dehydrogenation
Lattice sulfide
Redox
5-a494
(11:40~12:00) (司会 杉山 茂)
11:4012:00L209[研究奨励賞] 高速かつ高選択的な水素生成反応を目指したイオン交換樹脂を前駆体とする炭素担持金属触媒開発に関する研究
(京大工) (正)藤墳 大裕
The SCEJ Award for Outstanding Young Researcher
0-c729
(13:00~14:00) (座長 佐山 勝悟藤原 翔)
13:0013:20L213複合金属酸化物の物性に着目したCO2水素化触媒の開拓
(茨城大院理工) (正)多田 昌平
CO2 hydrogenation
Catalyst
Metal oxide composite
5-a185
13:2013:40L214産業プロセス排出CO2ガスの高速メタン変換を可能とする構造体触媒システムの特性
(静大院工) 谷口 智哉(正)赤間 弘内田 健太郎(正)渡部 綾(正)福原 長寿
Methanation
Structured catalyst
CCU
5-a559
13:4014:00L2152段式スパイラル形構造体触媒反応システムによるセメントクリンカ製造時の実排出CO2ガスの メタン化特性
(静大工) ○(正)赤間 弘(静大院) 谷口 智哉内田 健太郎(正)渡部 綾(正)福原 長寿
Methanation
Structured catalyst
Cement clinker exhaust
5-a541
(14:00~14:40) (座長 多田 昌平赤間 弘)
14:0014:20L216SiO2添加が60wt%Ni/CeO2触媒の細孔構造および触媒活性に与える影響
(山形大院理工) ○(正)藤原 翔榧野 宗悟
Flame spray pyrolysis
Ni catalyst
CO2 methanation
5-a206
14:2014:40L217[注目講演] H2燃焼熱を用いたCO2メタン化反応器の起動
(豊田中研) ○(法)佐山 勝悟(法)山本 征治
CO2 Methanation
Power-to-Gas
Power-to-Methane
5-e49
(15:00~16:00) (座長 三浦 佳子工藤 真二)
15:0015:20L219原薬製造における不均一接触水素化反応を対象としたバッチ・フロー合成のモデルベースト比較
(東大院工) ○(学)Kim Junu(シオノギファーマ) (法)米倉 寛智(塩野義製薬) (法)渡邊 健朗(シオノギファーマ) (正)吉川 覚(正)中西 勇夫(東大院工) (正)Badr Sara(正)杉山 弘和
Heterogeneous hydrogenation
Batch and flow synthesis
Drug substance manufacturing
5-i414
15:2015:40L220フロー精密合成における接触水素化反応のスケールアップ検討
(産総研) ○(正)小林 靖和(東京理化器械) 森井 康晴(産総研) (正)田中 輝彦(正)甲村 長利(正)川波 肇増田 光一郎小野澤 俊也佐藤 一彦(産総研/東大) 小林 修
Scale-up
Hydrogenation
Flow Fine Synthesis
5-f420
15:4016:00L221フロー精密合成における過酸化水素による酸化反応のスケールアップ検討
(産総研) ○(正)田中 輝彦(東京理化器械) 森井 康晴(産総研) (正)小林 靖和(正)甲村 長利(正)川波 肇増田 光一郎小野澤 俊也佐藤 一彦(東大/産総研) 小林 修
Flow Fine Synthesis
Hydrogen Peroxide
Scale-up
5-f535
(16:00~17:00) (座長 小林 靖和谷屋 啓太)
16:0016:20L222分子触媒固定化モノリスによる連続流通反応及び滞留時間分布評価
(九大院工) ○(正)三浦 佳子(学)野中 聖也(正)長尾 匡憲松本 光服部 春香(正)星野 友
Polymer Monolith
Continuous flow reaction
Molecular catalyst
5-f675
16:2016:40L2232相系オルガノソルブ処理を用いた未利用海藻資源からの有用成分の回収
(北大院工) ○(学)石丸 裕也戸谷 圭吾深沢 小綾香(トレ食) 岡 雅史沖村 智(北大院工/帯広畜産大) (正)吉川 琢也(北大院工) (正)中坂 佑太(正)増田 隆夫
Seaweed
Organosolv Treatment
Cellulose
5-g104
16:4017:00L224深共晶溶媒を用いたセルロースの触媒的熱分解によるレボグルコセノン製造
(九大先導研) ○(正)工藤 真二(九大総理工) 皿海 翔也(九大先導研) (正)浅野 周作(正)林 潤一郎
Biomass
Celluloce
Deep eutectic solvent
5-g692
L 会場(オンライン)第 3 日(3月18日(金))
(13:00~14:20) (座長 古澤 毅藤墳 大裕)
13:0013:20L313固体高分子形燃料電池の多孔質部材の構造・輸送解析技術
(豊田中研) ○(正)加藤 悟(法)山口 聡(法)吉宗 航(法)松岡 世里子(法)鈴木 孝尚(法)長井 康貴(法)加藤 晃彦
Polymer electrolyte fuel cells
Pores
Transport phenomena
5-a369
13:2013:40L314固体高分子形燃料電池の多孔質部材の構造・輸送解析(7)時分割Ex-situ X線CTによる撥水層の動的な濡れ挙動の観察
(豊田中研) ○(正)加藤 悟(法)山口 聡(法)加藤 晃彦(法)松岡 世里子(法)鈴木 孝尚(法)長井 康貴
Polymer electrolyte fuel cells
Pores
Transport phenomena
5-i667
13:4014:00L315エキシマランプによるCO2光分解の光子利用効率
(ウシオ電機) ○(正)中村 謙介島本 章弘三浦 真毅相浦 良徳(正)大塚 優一
carbon dioxide
photochemical reaction
vacuum ultraviolet light
5-e48
14:0014:20L316熱化学水素製造法ISプロセスにおける重液精製の反応条件
(原子力機構) ○(正)杉本 千紘(正)田中 伸幸野口 弘喜上地 優Myagmarjav Odtsetseg小野 正人竹上 弘彰
hydrogen production
IS process
5-i545
オーガナイズドセッション(反応工学部会CVD反応分科会)
(14:40~15:40) (座長 下山 裕介西田 哲)
14:4015:00L318Co-ALDプロセスにおける原料の比較検討
(東大院工) ○(学)山口 潤(正)佐藤 登(正)出浦 桃子(正)百瀬 健(正)霜垣 幸浩
ALD
cobalt
precursor
5-h585
15:0015:20L319密度汎関数法による銅(II)アセチルアセトナートの銅(111)表面への吸着に関する研究
(U. Tokyo) ○(学)Wu Yuxuan(正)Sato Noboru(学)Yamaguchi Jun(正)Deura Momoko(正)Momose Takeshi(正)Shimogaki Yukihiro
Atomic Layer Depositon
Density Function Theory
Surface Adsorption
5-h110
15:2015:40L320溶融ビスマスを用いたヨウ化メチルアンモニウムビスマスペロブスカイトのCVD
(京大工) ○(正)河瀬 元明(学)戸上 敬登楊 紫光
CVD
perovskite
methylammonium bismuth iodide
5-h649
(15:40~17:00) (座長 河瀬 元明舩門 佑一)
15:4016:00L321Preparation of Ag-embedded TiO2 film by reducing metal ions via plasma-enhanced chemical vapor deposition
(Hiroshima U.) ○(学)Lang J.(技基)Takahashi K.(正)Kubo M.(正)Shimada M.
nanoparticles
photocatalytic activity
morphology
5-h492
16:0016:20L322理論的検討に基づいたTiAlN-CVDプロセスの表面反応モデル構築
(東大院工) ○(正)佐藤 登(京セラ) (法)古藤 雅大(法)久保 隼人(法)杉山 貴悟(東大院工) (正)出浦 桃子(正)百瀬 健(京セラ) (法)谷渕 栄仁(東大院工) (正)霜垣 幸浩
TiAlN
CVD
Surface reaction kinetics
5-h578
16:2016:40L323MTS/H2を原料としたSiC-CVIにおけるSiCl4添加による微細構造内製膜均一化の原因考察
(東大院工) ○(学)大高 雄平(東大工) 木村 俊介(東大院工) (正)佐藤 登(IHI) (正)福島 康之(東大院工) (正)出浦 桃子(正)百瀬 健(正)霜垣 幸浩
SiC
CVI
CMC
5-h511
16:4017:00CVD反応分科会奨励賞授賞式

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会第87年会(神戸)


(C) 2022 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会第87年会実行委員会
E-mail: inquiry-87awww3.scej.org