English page
SCEJ

化学工学会第87年会(神戸)

Last modified: 2022-03-04 12:00:00

講演プログラム(セッション別) : SS-2

CS-2,SS-6のプログラムが一部変更されました。
講演要旨を公開しました(3/2)。講演番号をクリックしてください。
(参加登録者[第一期・第二期]およびご招待者にメールでお知らせしたID/PWが必要です。第三期参加登録の方は事前閲覧できません。)
講演プログラム一覧表で黄色背景のセッションが双方向ライブ配信利用予定ですが、今後の情勢により変更になる可能性もあります。HQ-21がオンライン実施に変更されました(3/3)。

SS-2 カーボンニュートラルに貢献する二次電池 ~開発、実用化、リサイクル、そして将来展望~

オーガナイザー:澤田 裕子((公社)化学工学会)

持続可能な地球環境に向けて世界で脱炭素の流れが加速している。日本でも2050年カーボンニュートラル実現が宣言され 様々な取り組みが始まっている中、非化石エネルギーへの転換や再生可能エネルギーの普及において蓄電は重要な技術である。
本セッションでは、脱炭素化に大きな貢献が期待される二次電池について、最新の技術動向と今後の展望、材料開発、プロセス開発、リサイクル技術、また EV化が進む自動車業界における展開を紹介する。

F 会場 ・ 第 2 日

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
F 会場(4階 C401)第 2 日(3月17日(木))
(13:30~15:00) (司会 前田 治彦)
13:3013:40「開発型企業の会」について
(KRI) (正)阪井 敦(神鋼環境ソリューション) (正)前背戸 智晴
13:4014:20F215[招待講演] 次世代二次電池の開発動向
(京大人環) 内本 喜晴
Post Lithium Ion Rechargeable Battery
Green Innovation
Fluoride Ion All Solid State Battery
SS-2137
14:2015:00F217[招待講演] 2030年社会に向けた電池開発の方向性
(KRI) (法)木下 肇
Battery
LIB
EV
SS-2140
15:0015:10休憩
(15:10~15:50) (司会 山田 英雄)
15:1015:50F220[招待講演] 蓄電領域におけるセパレータ開発について
(旭化成) (法)石井 義行
Lithiumu ion battery
Separator
xEV
SS-2143
(15:50~16:30) (司会 阪井 敦)
15:5016:30F221[招待講演] 2030年、人の移動はどう変わるか?
(K's Tech Lab) 加藤 喜昭
mobility
CASE
MaaS
SS-2144
(16:30~17:10) (司会 前背戸 智晴)
16:3017:10F223[招待講演] LiBリサイクリングのシステムと技術
(福岡県リサイクル総合研究事業化セ) 中村 崇
LiB recycling
Collection System
Technoligies
SS-2149

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会第87年会(神戸)


(C) 2022 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会第87年会実行委員会
E-mail: inquiry-87awww3.scej.org