English page
SCEJ

化学工学会 第53回秋季大会 (長野)

Last modified: 2022-09-26 13:32:00

講演プログラム(会場・日程別) : AA会場・第2日

講演要旨閲覧およびGOING VIRTUALのID/PWは9/12午後に招待者および決済が完了した参加登録者にお知らせしました。(9/12以降の決済完了者は決済完了通知に記載されています。)
講演要旨は講演番号をクリックすることで閲覧できます。

講演プログラム一覧表の黄色背景は双方向ライブ配信併用、白色背景はオンライン口頭、緑色背景はオンラインポスターセッションです。
メニューページ記載のご説明もご一読ください。
講演プログラム集冊子(PDF)の閲覧を開始しました(9/9)。なお、会期中はGOING VIRTUALにダウンロード可能版を掲載予定です

AA 会場(W2 1F 101)第 2 日(9月15日(木))

HQ-12

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
HQ-12 CCUS研究会シンポジウム <ライブ配信併用>
(9:00~10:20) (司会 中垣 隆雄)
9:009:40AA201[招待講演] 火力発電所へのCCS技術の適用に向けた取組状況について
(J-Power) (法)野口 嘉一
Apply
CCS
Thermal power
HQ-12476
9:4010:20AA203[招待講演] ロンドン条約96年議定書と海洋汚染等防止法の概要
(JANUS) 岸本 幸雄
CCS in sub-seabed geological formations
Export of carbon dioxide streams for CCS
Regulation in Japan
HQ-12478
(10:40~12:00) (司会 牧野 貴至)
10:4011:20AA206[依頼講演] 未利用冷熱を活用した新規燃焼排ガス中CO2回収技術
(名大) (正)町田 洋
CO2 capture
Cryogenic
Flue gas
HQ-12480
11:2012:00AA208[依頼講演] モデルベースのCCUS技術評価基盤構築:その進捗と展望
(応用物性研) (正)大場 茂夫
CCUS
Model base
Technology evaluation
HQ-12482
(13:00~14:20) (司会 高橋 伸英)
13:0013:40AA213[招待講演] コンクリート製品によるCCU技術のCO2削減貢献量の評価
(太平洋セメント) (法)星野 清一
concrete products
carbon dioxide capture and utilization (CCU)
avoided emissions
HQ-12523
13:4014:20AA215[招待講演] 人工光合成技術をベースにした高スループット型CO2電解技術の開発
(東芝) 水口 浩司
Carbon neutral
CO2 electrolysis
Power to chemicals (P2C)
HQ-12487
(14:40~16:00) (司会 山田 秀尚)
14:4015:20AA218[招待講演] ブルーカーボンを活用したCO2の回収と貯留
(JBE) 桑江 朝比呂
Carbon credit
Carbon removal
JBE
HQ-12489
15:2016:00AA220[依頼講演] カーボンリサイクルとバイオテクノロジー
(広大) (正)中島田 豊
Biotechnology
Carbon recycling
Fermentation
HQ-12491
(16:00~16:20)
16:0016:20閉会挨拶
(CCUS研究会代表) (正)中尾 真一

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第53回秋季大会 (長野)


(C) 2022 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第53回秋季大会 実行委員会
E-mail: inquiry-53fwww3.scej.org