English page
SCEJ

化学工学会 第53回秋季大会 (長野)

Last modified: 2022-12-14 13:12:56

講演プログラム(会場・日程別) : DJ会場・第2日

講演要旨閲覧およびGOING VIRTUALのID/PWは9/12午後に招待者および決済が完了した参加登録者にお知らせしました。(9/12以降の決済完了者は決済完了通知に記載されています。)
講演要旨は講演番号をクリックすることで閲覧できます。

講演プログラム一覧表の黄色背景は双方向ライブ配信併用、白色背景はオンライン口頭、緑色背景はオンラインポスターセッションです。
メニューページ記載のご説明もご一読ください。

DJ 会場(C3 3F 301)第 2 日(9月15日(木))

SY-62

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
SY-62 [反応工学部会シンポジウム]
資源・エネルギー・環境分野における反応工学の新展開 <ライブ配信併用>
(9:20~10:20) (座長 多田 昌平高橋 厚)
9:209:40DJ202木質バイオマスを利用して再生可能な水素を生産・貯蔵する触媒反応
(都市大) ○(学)菱田 義拓(学)矢川 言(正)高津 淑人
Renewable hydrogen
Saccharide APR
Lignin valorization
SY-6264
9:4010:00DJ203炭素担持鉄触媒を利用した二酸化炭素フリー水素製造
(京大院工) ○(学)谷田 初音(正)村中 陽介(正)牧 泰輔(正)松岡 雄也(学)田尾 祐規(正)前 一廣
Hydrogen
Pyrolysis
Iron catalysts
SY-62385
10:0010:20DJ204メチルシクロヘキサンの気相脱水素反応プロセスの最適化
(東理大院) ○(学)冨浦 康二(東理大工) (正)村上 裕哉(正)松川 博亮(正)大竹 勝人(正)庄野 厚
Dehydrogenation
Heat balance analysis
Methylcyclohexane
SY-62559
10:2010:40休憩
(10:40~12:00) (座長 中坂 佑太山田 博史)
10:4011:00DJ206メタノール合成用ZnO/ZrO2触媒の活性点構造の解明
(茨城大院理工) ○(正)多田 昌平落合 和木下 泰嘉吉田 光宏島田 夏海城塚 達也(阪大産研) 西嶋 雅彦(高輝度光科学研究セ) 本間 徹生(茨城大院理工) (正)山内 紀子(正)小林 芳男(東大院工) (正)伊與木 健太
CO2 hydrogenation
Zinc
Zirconia
SY-62622
11:0011:20DJ207Zn担持ZSM-5触媒を用いたイソブタノールからのp-キシレン選択合成
(東工大応化) ○(学)小嶋 泰輔(学)坂主 大樹(日鉄エンジニアリング) (法)古屋 貴章(東工大) (正)木村 健太郎(京大) (正)藤墳 大裕(東工大) (正)多湖 輝興
iso-butanol
para-xylene
Zn-supported ZSM-5
SY-62635
11:2011:40DJ208グリセリン骨格を水素源とする植物油水素化脱酸素に対する触媒性能の向上
(都市大) ○(学)大島 康平(学)鈴木 順(正)高津 淑人
Plant oil hydrodeoxygenation
Supprted Pt catalyst
Heteropoly acid
SY-62695
11:4012:00DJ209固体酸触媒を用いた開環付加反応による界面活性剤合成プロセスの開発
(東北大院工) ○(学)三浦 明日香(正·技基)廣森 浩祐(正)高橋 厚(正)北川 尚美
biobased surfactant
ring-opening addition reaction
solid acid catalysts
SY-62774
(13:00~14:40) (座長 藤墳 大裕木村 健太郎)
13:0013:20DJ213[優秀論文賞] 時間・空間分解operando XASによるNOx吸蔵還元型触媒リアクター内部の反応分布解析
(豊田中研) ○(法)加藤 晃彦(正)加藤 悟(法)長井 康貴
Exhaust Gas Catalyst
X-ray Absorption Spectroscopy
Operando
SY-6234
13:2013:40DJ214遷移金属フリー二元機能触媒を用いたCO2回収と合成ガスへの選択的変換
(産総研) ○(正·技基)笹山 知嶺(正)高坂 文彦劉 彦勇山口 十志明陳 仕元望月 剛久(デルフト工大) 浦川 篤(産総研) (正)倉本 浩司
CO2 capture
CO2 utilization
syngas
SY-62531
13:4014:00DJ215CO2を有益物質に高効率で高速に変換するメタン化技術
(静大工) ○(正)赤間 弘(静大院) (学·技基)内木 寛人(海)Verma Priyanka(正)渡部 綾(正)福原 長寿
CO2 methanation
Structured catalyst
Exergy
SY-62745
14:0014:20DJ216[注目講演] 加熱を必要としない自己自立型メタネーション:CO2の新しいメタン変換ルート
(静大院工) ○(正)福原 長寿(静大工) (正)赤間 弘(静大院工) (学)内田 健太郎(静大工) (海)Verma Priyanka(静大院工) (正)渡部 綾
Methanation
Carbon neutral
CCU
SY-62653
14:2014:40DJ217二酸化炭素のアンモニアメタネーション
(広大自セ) ○(正)斉間 等(広大院工) 砂本 礼志(正)宮岡 裕樹(正)市川 貴之
Ammonia
Methanation
Carbon Dioxide
SY-628
(14:40~16:00) (座長 渡部 綾笹山 知嶺)
14:4015:00DJ218二酸化炭素吸蔵・還元的資源化に有効な二元機能触媒
(工学院大先進工) ○(正)前野 禅(北大触媒研) 宮崎 眞太リ リンツォン鳥屋尾 隆清水 研一
CO2 capture and utilization
Dual functional catalysts
SY-62516
15:0015:20DJ219ファイバーテンプレート法を用いたマイクロチャンネルを有する炭素電極の製造と電気化学反応器への応用
(京大院工) ○(正)中川 浩行(学·修習)佐々木 駿
electrochemical flow reactor
carbon electrode
Fenton oxidation
SY-62543
15:2015:40DJ220Pt-Mg担持ゼオライト触媒による長鎖パラフィン水素化異性化・分解反応の速度解析
(東工大物質) ○(正)木村 健太郎(学)雑賀 隆志(学)土屋 匠(京大) (正)藤墳 大裕(東工大物質) (正)多湖 輝興
Pt-Mg/zeolite
Hydroisomerization
Cracking
SY-62575
15:4016:00DJ221廃パルプの熱分解による高収率炭素固定化法の検討
(京大院工) ○(学)土田 茜絵(正)村中 陽介(正)牧 泰輔(正)中川 浩行(花王) (法)南部 博美(法)山本 準(法)石岡 智(法)冨部 圭一郎(京大院工) (正)前 一廣
pulp
pyrolysis
Ammonium dihydrogenphosphate
SY-62279

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第53回秋季大会 (長野)


(C) 2022 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第53回秋季大会 実行委員会
E-mail: inquiry-53fwww3.scej.org