English page
SCEJ

化学工学会 第83年会

講演プログラム(会場・日程別) : E会場・第1日

講演要旨は各講演番号からリンクしています。(要ID/PW)
閲覧に必要なID/PWは受付でお配りするプログラム集冊子の1ページに記載しているほか、
事前参加登録者・ご招待者には2月27日にメールでお知らせしています。 詳細

E 会場(1F 2105)第 1 日(3月13日(火))

F-1

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
F-1 炭素循環を目指す無機膜技術と分離工学イノベーション
(13:00~13:40) (司会 松田 圭悟)
13:0013:40E113[展望講演] NEDOエネルギー・環境新技術先導プログラム成果報告:ガス分離膜技術の展望
(早大先進理工) ○(正)松方 正彦(早大ナノライフ) (正)酒井 求
gas separation
membrane
process intensification
F-1211
(13:40~14:40) (司会 山木 雄大)
13:4014:00E115[依頼講演] 親和性の違いに基づくゼオライト膜による炭化水素分離
(早大ナノライフ) ○(正)酒井 求(早大先進理工) (学)吉原 慶(学)藤巻 尚志(早大先進理工/早大理工研) (正)松方 正彦
zeolite
hydrocarbon
separation
F-1399
14:0014:20E116[依頼講演] 対向拡散CVD法による高温水素分離用シリカ膜の作製
(芝浦工大院理) ○(正)野村 幹弘(学)石井 克典(芝浦工大工) 吉田 真奈美(芝浦工大院理) (学)池田 歩(芝浦工大工) 亀田 洋輔吉浦 詢子
Counter diffusion CVD
Silica membranes
Hydrogen separation
F-1117
14:2014:40E117[依頼講演] ゾル-ゲル法によりネットワーク構造を制御したシリカ系膜の炭化水素透過特性
(広大院工) ○(正)金指 正言(正)長澤 寛規(正)都留 稔了
Sol-gel
Amorphous silica
Pore size control
F-1164
(14:40~15:00)
14:4015:00休憩
(15:00~15:40) (司会 酒井 求)
15:0015:20E119[依頼講演] 水素/低級炭化水素分離用高性能炭素膜の開発
(産総研) ○(正)吉宗 美紀(正)原 伸生(正)山木 雄大(正)根岸 秀之
Carbon membrane
Gas separation
Hydrogen
F-155
15:2015:40E120[依頼講演] 特異的ガス吸着特性を示すナノポーラス金属錯体(MOF)の設計と合成
(名大院工) ○(正)松田 亮太郎堀 彰宏
MOF
Porous Material
Adsorption
F-1549
(15:40~17:00) (司会 松田 圭悟)
15:4016:00E121[依頼講演] プロパン脱水素プロセスに求められる分離膜性能の検討
(日揮) ○(正·技基)福田 晃子(正)近松 伸康(正·上技)小黒 秀一(正·上技)藤村 靖
membrane
gas separation
energy consumption
F-182
16:0016:20E122[依頼講演] C2およびC3炭化水素を対象とした膜分離-蒸留ハイブリッドプロセスの分離特性
(産総研) ○(正)山木 雄大(正)吉宗 美紀(正)原 伸生(正)根岸 秀之(正)遠藤 明
Hybrid separation process
Distillation
Membrane separation
F-1573
16:2017:00E123[依頼講演] プロピレン/プロパン2成分系分離を対象とした蒸留-膜ハイブリッドプロセスの経済性評価
(山形大院理工) ○(正)松田 圭悟(学)高根 慧
simulation
cost analysis
process design
F-1584

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第83年会


(C) 2018 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第83年会 実行委員会
E-mail: inquiry-83awww3.scej.org