English page
SCEJ

化学工学会 第83年会

講演プログラム(セッション別) : SP-8

講演要旨は各講演番号からリンクしています。(要ID/PW)
閲覧に必要なID/PWは受付でお配りするプログラム集冊子の1ページに記載しているほか、
事前参加登録者・ご招待者には2月27日にメールでお知らせしています。 詳細

SP-8 忘れてはいけない単位操作 -実用ミキシング技術- (ポスターセッション)

オーガナイザー:佐藤 隆(化学工学会産学官連携センター)

化学工場のプロセスは,基本的な単位操作の組み合わせである。しかし,現実のプロセスでは教科書に載っている単位操作概論では対応できない事象が数多くある。そのような中で,各社の対応例や最新技術を紹介して頂く。今回のテーマは「実用ミキシング技術」である。

G 会場 ・ 第 3 日

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
G 会場(2F 4202)第 3 日(3月15日(木))
(16:00~17:00) (司会 須田 英希)
16:0017:00G321撹拌機の最適選定(撹拌機はどのように選定するのか?)
(青木) 原田 禎徳
agitator
impeller type
scale up
SP-8170
G322撹拌における流動シミュレーションの適応例
(旭化成) ○(法)片山 卓也(法)平山 武史
Flow simulation
Agitation
SP-8348
G323[依頼講演] 生産技術研究におけるミキシング技術開発
(カネカ) (正·上技)神田 彰久
Mixing
CFD
Scale-up
SP-8659
G324蒸発・濃縮専用撹拌翼HRX300/MRX300の諸特性について
(佐竹化学機械) ○(正)吾郷 健一(正)根本 孝宏(正)加藤 好一
mixing
evaporation
concentration
SP-8332
G325[依頼講演] 撹拌槽型反応機のスケールアップ事例
(神鋼環境ソリューション) ○(法)加藤 知帆(法)南 俊充(法)山部 芳(正)菊池 雅彦

SP-8667
G326[依頼講演] 攪拌型反応器のスケールアップについて
(住友重機械プロセス機器) (法)竹中 克英
scale up/down
Reactor with agitator
performance
SP-820
G327[依頼講演] 非定常撹拌の測定技術とその応用
(トリニティーラボ) (正)野村 俊夫
Unsteady mixing
Pv const.
SP-8662
G328[依頼講演] 反応機材質変更に対応した撹拌翼の変更
(三井化学) (法)油口 雅孝
REACTOR
IMPELLER
SP-848
G329[依頼講演] 高効率な気液分散を実現するEKATO水素添加システムについて
(エカート) 金子 幸三郎
EKATO
gasjet
dispersion
SP-8342
G330新規乳化・分散装置の開発
(大川原化工機) (法)田中 貴將(正)根本 源太郎(法)松下 未来(京大化工) (正)東谷 公
Emulsification
Dispersion
Micro-emulsions
SP-832
G331[依頼講演] 高通気条件下の気液攪拌槽における反応性改善
(花王) ○(正)小栗 伸司(正)西村 徹
gas-liquid agitation
high gas flow rate
shear-force agitating impeller
SP-8303
G332[依頼講演] 粘性流体の混合混練技術
(栗本鐵工所) (法)藤井 淳
Viscous fluid
Mixing and kneading
Scale up
SP-8436
G333ポリマー合成での課題解決事例
(綜研テクニックス) (法)橋本 純一
Polymer Synthesis
high viscosity
SP-86
G334渦流式微粒子晶析装置
(月島機械) ○(法)津崎 裕也(正)銅谷 陽
Crystallizer
Vortex Flow
SP-8248
G335[依頼講演] 熱量変動緩和装置「MILDrum®」の開発
(日揮) ○(正)熊上 学(法)孫 晨(法)安達 修(法)神谷 篤志
mixing
SP-8397
G336[依頼講演] 化学反応系におけるインライン混合技術
(ノリタケカンパニーリミテド) (法)熊谷 和晃
in-line mixing
static mixer
micro-bubble
SP-834
G337[依頼講演] 高速攪拌機の解析事例
(プライミクス) (正)金澤 賢次郎
mixing
CFD
PIV
SP-8134
G338[依頼講演] 攪拌プロセスの適正化を支援するCFD技術
(アンシス・ジャパン) 藤原 拓也

SP-8670
G339STAR-CCM+®ソフトウェアを用いた攪拌解析の事例紹介
(SPLMCD) (法)安藤 裕章
Mixing Analysis
Simulation
Mulptiphase
SP-8503
G340[依頼講演] 気泡による液体のミキシング技術~実践とシミュレーション~
(住友化学) ○(正)仙田 早紀(正)島田 直樹
Computational Fluid Dynamics
Single Bubble Behavior
Liquid Mixing
SP-846
G341[依頼講演] 機能商品のミキシングにおける CFD の活用事例
(三菱ケミカル) ○(法)八田 恒平(正)石羽 恭
CFD
MPS
kneading
SP-8463

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第83年会


(C) 2018 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第83年会 実行委員会
E-mail: inquiry-83awww3.scej.org