English page
SCEJ

化学工学会 第83年会

講演プログラム(会場・日程別) : J会場

講演要旨は各講演番号からリンクしています。(要ID/PW)
閲覧に必要なID/PWは受付でお配りするプログラム集冊子の1ページに記載しているほか、
事前参加登録者・ご招待者には2月27日にメールでお知らせしています。 詳細

J 会場(2F 2207)

J 会場 ・ 第 1 日 | J 会場 ・ 第 2 日 | J 会場 ・ 第 3 日
4 分離プロセス

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
J 会場(2F 2207)第 1 日(3月13日(火))
4. 分離プロセス
(13:00~14:40) (座長 上田 祐生)
13:0013:20J113充填塔蒸留プロセスの物質移動モデルの適用性
(関西化学) ○(正)西村 午良(正)片岡 邦夫(正)野田 秀夫(神戸大) (正)大村 直人
Mass Transfer Model
Packed Column
Distillation
4-c12
13:2013:40J114蒸留プロセスの熱と物質の同時移動モデルの可能性
(関西化学) ○(正)片岡 邦夫(正)西村 午良
Distillation Process
Simultaneous Heat and Mass Transfer Modeling
Shell Model
4-c13
13:4014:00J115新規ホスホニウム型イオン液体による白金族金属の抽出
(九大院工) ○(正)久保田 富生子Firmansyah Mochamad Lutfi(正)後藤 雅宏
PGMs
Ionic liquids
Recycling
4-f753
14:0014:20J116CPME, DBC, MIBKによる塩酸系からのAu(III)抽出および回収特性の比較
(宮崎大工) ○(正)大島 達也(学)小山 貴生(日本ゼオン) (法)大槻 記靖(宮崎大工) (正)馬場 由成
Cyclopentyl methyl ether
Gold
Extraction
4-f472
14:2014:40J117クロロピリジンを用いた塩酸溶液からのPd(II)の選択的沈殿
(産総研) ○(正)鈴木 智也(正)尾形 剛志(正)成田 弘一
Palladium
precipitation
chloropyridine
4-f747
(15:00~17:00) (座長 荒木 貞夫)
15:0015:20J119ウレア基を導入したイオン液体によるPd(II)とPt(IV)の抽出分離
(原子力機構) ○(正)上田 祐生杉田 剛岡村 浩之(正)長縄 弘親(正)下条 晃司郎
Ionic liquid
Platinum
Palladium
4-f14
15:2015:40J120アンモニア分解ガスからの燃料電池自動車向け高純度水素の製造
(大陽日酸) (法)足立 貴義
Ammonia
Hydrogen purifier
Fuel-cell vehicle
4-e60
15:4016:00J121酸素吸着材を用いた空気分離プロセスの経済性評価
(IHI) ○(正)橋本 卓也中村 至高鎌田 博之大原 宏明濱田 行貴
PSA
Oxygen
14-b630
16:0016:20J122電気活性イオン選択透過膜を用いた重金属イオンの分離
(弘前大新エネ研) ○(正)官 国清吉田 曉弘(弘前大理工) (正)阿布 里提(太原理工大) Hao XiaogangDu XiaoGao Fengfeng
ion permselective membrane
heavy metal
electrochemical switching
4-e283
16:2016:40J123Development of non-aqueous amine based absorbents for post-combustion CO2 capture
(RITE) ○(海)Chowdhury Firoz Alam(正)Goto Kazuya(正)Yamada Hidetaka(正)Yamamoto Shin(NSSMC) Matsuzaki YoichiOnoda Masami
amine absorbent
non-aqueous solvent
carbon dioxide
4-d508
16:4017:00J124ゼオライトを用いた一酸化窒素の触媒的酸化反応の反応速度解析
(阪府大工) ○(学)大安 晃(公害防止機器研) 浅野 真(阪府大工) (学)山中 俊弥(正)荻野 博康(正)安田 昌弘
nitrogen monoxide
zeolite
reaction kinetics
4-d603
J 会場(2F 2207)第 2 日(3月14日(水))
(9:20~10:20) (座長 橋本 卓也)
9:209:40J202凍結融解法における水溶液の濃縮
(富山高専) ○(正)中島 栄次(正)峰本 康正
Freeze concentration
Freezing-thawing technique
Concentration distribution
4-b735
9:4010:00J203余剰白色腐朽菌の高圧圧搾脱水と生理活性物質の検出
(名大院工) ○(正)片桐 誠之(学)水野 由貴(学)北畑 智志(正)入谷 英司
expression
dewatering
physiologically active substance
4-b489
10:0010:20J204架橋高分子凝集剤を用いた凝集操作に関する研究
(大阪電通大工) ○(正)田中 孝徳大橋 賢也安達 拓郎板垣 智大今井 貴将(正)高岡 大造
flocculation
polymer flocculant
colloid
4-b724
(10:40~12:00) (座長 片桐 誠之田中 孝徳)
10:4011:00J206粘土フロック沈積層における振動沈下
(茨城大農) ○(正)大井 節男(学)三中 淳平中石 克也
Clay - floc -sediment
Oscillated - sedimentation
Structural - transition
4-b384
11:0011:20J207Sedimentation of Flocculated Suspension of Clay Sheet in the Semi-dilute Regime
(U. Tsukuba) ○(正)Adachi YasuhisaArgo YanuarWu MingyuGhazali Ezral
Floc
Sedimentation
Semi-dilute
4-b450
11:2011:40J208超音波を用いた凍結濃縮分離における溶存気体濃度の影響
(愛媛大院理工) ○(正)川崎 健二三上 洪作(山口大院理工) (正)中倉 英雄
Ultrasonic irradiation
Freeze concentration characteristics
Dissolved gas concentration
4-b209
11:4012:00J209膜ファウリングの機構と量を個別判定するファウリングポテンシャルの提案
(名大院工) ○(正)片桐 誠之(学)澤田 大悟(正)入谷 英司
membrane filtration
fouling mechanism
fouling index
4-b491
(13:00~14:40) (座長 中川 敬三)
13:0013:20J213アクティブマターを用いた希土類元素の検出における量子効果
(阪大院基工) ○(正)伴 貴彦杉山 倫章
Active matter
Rare earth elements
Motion-based sensing
4-a51
13:2013:40J214膜細孔を模倣したマイクロチャネル内におけるダブルエマルションの分裂挙動
(工学院大先進工) ○(正)赤松 憲樹峯崎 航希(千葉大院工) (正)山田 真澄(正)関 実(工学院大先進工) (正)中尾 真一
double emulsion
splitting
pore
4-a480
13:4014:00J215オイル含有水のセラミック膜濾過に関する研究
(広大院工) (技基)小村 拓也(正)長澤 寛規(正)金指 正言(正)都留 稔了
ceramic membranes
O/W emulsion
produced water
4-a468
14:0014:20J216AlPO ゼオライト膜の作製と透過特性
(山口大院理) ○(学)呉 婷(江西師範大) 陳 祥樹(山口大院理) (正)熊切 泉(正)田中 一宏(正)喜多 英敏
AlPO zeolite membranes
single DIPEA template
separation properties
4-a367
14:2014:40J217Fabrication and performance optimization of alkylamine-silica membranes for high-efficiency CO2 transport
(Hiroshima U.) ○(海)Yu Liang(正)Kanezashi Masakoto(正)Nagasawa Hiroki(正)Tsuru Toshinori
alkylamine-silica membrane
mild affinity
carbon dioxide separation
4-a524
(15:00~15:20) (司会 岩田 政司)
15:0015:20J219[研究奨励賞] 大気圧プラズマを用いたシリカ膜の低温製膜と気体分離への応用
(広大院工) (正)長澤 寛規
The SCEJ Award for Outstanding Young Researcher
0-c809
(15:20~17:00) (座長 赤松 憲樹澤村 健一)
15:2015:40J220誘電体バリア放電反応器によるシリカ膜のプラズマCVD製膜
(広大院工) ○(正)長澤 寛規(学)香川 貴彦(正)金指 正言(正)都留 稔了
Silica membranes
Dielectric barrier discharge
Plasma-enhanced CVD
4-a527
15:4016:00J221対向拡散CVD法による高水素選択透過性シリカ膜の開発
(RITE) ○(正)浦井 宏美(正)西野 仁(正)瀬下 雅博(正)西田 亮一(正)中尾 真一
silica membrane
CVD
hydrogen
4-a607
16:0016:20J222親水性イオン液体修飾シリカ膜の開発とメタノール分離への応用
(阪大院基工) ○(正)廣田 雄一朗(学)山本 祐介(学)中居 拓斗(阪大基工) 速水 翔平(阪大院基工) (正)西山 憲和
organosilica membrane
ionic liquid
methanol separation
4-a316
16:2016:40J223疎水性シリカ膜を用いた有機溶媒ナノろ過プロセスの開発
(関西大環都工) ○(正)荒木 貞夫中田 昌伸(正)山本 秀樹
OSN
silica membrane
hydrophobic
4-a666
16:4017:00J224液体分離用シリカ系膜の透過メカニズム
(芝浦工大院理) ○(学)池田 歩(学)石井 克典(学)竹内 淳登(芝浦工大) (学)杉本 千紘吉田 真奈美亀田 洋輔吉浦 詢子(正)野村 幹弘
silica hybrid membrane
permeation mechanism
counter diffusion CVD method
4-a35
J 会場(2F 2207)第 3 日(3月15日(木))
(13:00~14:40) (座長 磯部 敏宏)
13:0013:20J313省エネ平膜MBRモジュールの開発
(東レ) ○(法)加藤 慧(法)岡本 宜記(東レシンガポール水処理研) Latt Kyaing Kyaing(東レ) (法)花田 茂久(法)木村 将弘
membrane bioreactor
wastewater treatment
low energy comsumption
4-a85
13:2013:40J314ハイブリッド高分子分離膜材料による二酸化炭素分離
(農工大院工) ○(正)兼橋 真二(農工大院BASE) 荻野 賢司(U. Melbourne) Kentish Sandra
Membrane separation
Carbon dioxide
Global warming
4-a29
13:4014:00J315バイオガスからの水素製造のカーボンフリー化を目的としたCO2分離膜の研究開発
(九大I2CNER) ○(正)谷口 育雄衣笠 佳恵(九大統合新領域) (学)峯崎 航希
alkanolamine
CO2
gas separation
4-a31
14:0014:20J316熱化学水素製造のための放射線グラフト膜の耐久性検討
(芝浦工大) ○(正)野村 幹弘(芝浦工大院) (学)木村 壮宏(芝浦工大) 西嶋 陽之今林 慎一郎(量研機構) 澤田 真一八巻 徹也(原子力機構) 久保 真治(正)田中 伸幸
hermochemical water splitting IS process
ion exchange membrane
Bunsen reaction
4-a122
14:2014:40J317CO2分離膜への応用を目指したイオン液体含有無機/有機double networkゲルの開発
(神戸大院工/先端膜工セ) ○(学)安井 知己(正)神尾 英治(学)飯田 祐(正)松山 秀人
Ion gel
Double network gel
Gas separation membrane
4-a445
(15:00~16:40) (座長 瀬下 雅博荒木 貞夫)
15:0015:20J319糖類水熱法によるカーボン膜の作製とガス透過性の評価
(東工大物質理工) ○(正)磯部 敏宏(学)佐野 翔哉(東工大工) (学)中村 洋介(九大中央分析) 稲田 幹(東工大物質理工) 松下 祥子中島 章
carbon membrane
hydrothermal
gas separation
4-a485
15:2015:40J320アミド酸型キャリア包接高分子膜によるスカンジウムの膜分離と膜透過機構の解析
(九大院工) ○(学·技基)吉田 航(正)久保田 富生子(U. Melbourne) Kolev S. D(九大院工) (正)後藤 雅宏
Polymer Inclusion Membrane
Critical Metals
Separation
4-a199
15:4016:00J321三次元蛍光分析を用いた膜ファウリング予測システムの検討
(神戸大) ○(正)長谷川 進(正)三好 太郎(正)松山 秀人
Membrane fouling
EEM
Fouling
4-a277
16:0016:20J322ATRPによる市販ポリアミド逆浸透膜の表面改質と耐バイオファウリング性評価
(神戸大院工/先端膜工セ) ○(正)佐伯 大輔楊 哲(正)松山 秀人
Polyamide reverse osmosis membranes
Surface-initiated atom transfer radical polymerization
Anti-biofouling
4-a453
16:2016:40J323グリセロール骨格を有するLCST型相転移ポリマーの開発と正浸透ドロー溶質としての性能評価
(神戸大院工/先端膜工学セ) ○(正·技基)稲田 飛鳥(神戸大工/先端膜工学セ) (学)弓矢 健一郎(神戸大院工/先端膜工学セ) (正)高橋 智輝(ダイセル) (法)橋爪 陽子(神戸大院工/先端膜工学セ) (正)松山 秀人
forward osmosis
draw solute
thermoresponsive polymer
4-a663

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第83年会


(C) 2018 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第83年会 実行委員会
E-mail: inquiry-83awww3.scej.org