English page
SCEJ

化学工学会 第83年会

講演プログラム(会場・日程別) : K会場

講演要旨は各講演番号からリンクしています。(要ID/PW)
閲覧に必要なID/PWは受付でお配りするプログラム集冊子の1ページに記載しているほか、
事前参加登録者・ご招待者には2月27日にメールでお知らせしています。 詳細

K 会場(2F 2208)

K 会場 ・ 第 1 日 | K 会場 ・ 第 2 日 | K 会場 ・ 第 3 日
5 反応工学

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
K 会場(2F 2208)第 1 日(3月13日(火))
5. 反応工学
(13:00~14:40) (座長 水垣 共雄平間 宏忠)
13:0013:20K113Cu-ZnO-Al2O3触媒におけるCu(0)種の酸化挙動と水性ガスシフト反応活性
(神戸大先端融合) ○(正)谷屋 啓太(神戸大院工) 泉野 巧堀江 泰弘藤田 亮(Grenoble INP) Fontana Marie(神戸大院工) (正)桶本 篤史(正)市橋 祐一(正)西山 覚
Oxidation behavior of Cu(0) species
Water-gas shift reaction
Cu-ZnO-Al2O3
5-a247
13:2013:40K114種々の酸化剤によるメタン改質反応への影響
(産総研) ○(正·修習)福田 貴史原田 亮(正)川波 肇宮沢 哲
methane reforming
catalyst
oxidation method
5-a500
13:4014:00K115Ni系構造体触媒がメタンのオートサーマルドライ改質に与えるプラス効果
(静大院工) ○(正)渡部 綾(学·技基)平尾 一陽(学)川﨑 亘河野 芳海(正)福原 長寿
Auto-thermal reforming
Structured catalyst
Electroless plating
5-a274
14:0014:20K116Mg1-xNixAl2O4スピネル複合酸化物を用いたメタンCO2改質触媒
(東大院工) ○(正)菊地 隆司李 智漢(正)高垣 敦Oyama S. T.
Magnesium aluminate spinel
Nickel catalyst
CO2 reforming
5-a388
14:2014:40K117ヒドロキシアパタイトの添加が及ぼす固体触媒のアンモニア分解活性への影響
(大阪技研) ○(正·技基)永廣 卓哉(正)片桐 一彰
ammonia decomposition
hydrogen
solid catalyst
5-a702
(15:00~16:40) (座長 菊池 康紀)
15:0015:20K119Effect of boron and phosphor promoters on NiMo-based catalyst for hydrodeoxygenation of palm oil
(Shizuoka U.) ○(学)Dwiratna Bralin(ITB) SubagjoMakertiharta IgbnLaniwati Melia(Shizuoka U.) (正)Watanabe Ryo(正)Fukuhara Choji
Vegetable oil
Hydrodeoxygenation
NiMo catalyst, Boron
5-a276
15:2015:40K120Cu/TiO2光触媒のCO2還元性能向上のための還元剤および重ね合わせ配置の検討
(三重大院) ○(正)西村 顕(三重大) 豊田 隆葵(三重大院) (学)立松 大智廣田 真史小塩 明小海 文夫
Photocatalyst
CO2 Reduction Performance
Reductants
5-c36
15:4016:00K121CuO-ZrO2 catalysts prepared by flame spray pyrolysis for CO2-to-methanol hydrogenation
(Seikei U.) ○(正)Tada Shohei(ETH Zurich) Larmier KimBuchel RobertCoperet Christophe
Methanol synthesis
Copper
Frame spray pyrolysis
5-a38
16:0016:20K122二酸化炭素の電気化学還元反応における銅電極表面構造の検討
(福岡大工) 齊藤 浩樹(正)吉原 直記(正)野田 賢
CO2 reduction
Copper electrode
Surface morphology
14-e588
16:2016:40K123固定床反応器によるスクアレンの水素化反応プロセスの開発
(産総研) ○(正)平間 宏忠佐藤 一彦(東大) 小林 修(産総研) (正)井上 朋也
continuous manufacturing
fixed bed reactor
hydrogenation
5-a9
K 会場(2F 2208)第 2 日(3月14日(水))
(13:00~14:20) (座長 渡部 綾)
13:0013:20K213OSDAフリー法で合成されたBEA型ゼオライトによる塩基触媒反応
(東大生研) ○(正)茂木 堯彦(正)小倉 賢
zeolite
Knoevenagel reaction
5-a484
13:2013:40K214温和な条件下でアミドを還元するバイメタルナノ粒子触媒の開発
(阪大基工) ○(正)満留 敬人高橋 一広(正)前野 禅(正)水垣 共雄(正)實川 浩一郎(正)金田 清臣
heterogeneous catalyst
nanoparticle
green chemistry
5-a745
13:4014:00K215メタノール-油脂2相中での油脂トランスエステル化の総括反応速度モデル
(ペトロナス工大) ○(海)上村 芳三(崇城大工) 長尾 啓史(ペトロナス工大) Han Fon YeeNguyen Thanh TienTrinh Thanh Hoai(崇城大工) (正)草壁 克己
transesterification
palm oil
mass transfer
5-a140
14:0014:20K216ブタンの脱水素によるブタジエン製造触媒の開発
(JXTGエネルギー) ○(法)一條 竜也(法)木村 信啓(法)瀬川 敦司(法)木戸口 聡(法)吉原 透容(法)吉村 悠(法)柳川 真一朗
butadiene
PtSn catalyst
butane
5-a99
(14:20~14:40) (司会 福原 長寿)
14:2014:40K217[研究奨励賞] 逐次的な炭素-炭素結合形成反応を利用したエタノール転換に関する研究
(東大生研) (正)茂木 堯彦
The SCEJ Award for Outstanding Young Researcher
0-c807
(15:00~16:20) (座長 谷屋 啓太桶本 篤史)
15:0015:20K219ルテニウム担持酸化セリウム触媒を用いたバイオマス由来含酸素化合物の選択的炭素-炭素結合切断反応系の開発
(阪大院基工) ○(正)水垣 共雄上杉 晃平新田 晃大(正)前野 禅(正)満留 敬人(正)實川 浩一郎(阪大太陽エネ) 金田 清臣
biomass
C-C bond cleavage
heterogeneous catalyst
5-a499
15:2015:40K220リグニン急速熱分解の生成物組成を予測可能とする素反応モデル構築
(九大院総理工) ○(学)古谷 優樹堂原 祐騎(九大先導研) (正)工藤 真二(正)林 潤一郎(名大院工) (正)則永 行庸
Lignin Pyrolysis
Detailed Chemical Kinetic Models
Computational Chemistry
5-g24
15:4016:00K221パルスパワー水面放電のエネルギー充填処理による加齢水稲種子の発芽促進
(千葉工大) ○(正)矢沢 勇樹(学)神坂 真司
pulsed-power discharge
promoting germination
aged seeds
5-g738
16:0016:20K222希硫酸を用いたレボグルコセノンの低温異性化
(九大先導研) ○(正)工藤 真二(九大総理工) 光山 大貴ファン シン(九大先導研) (正)林 潤一郎
Biomass
Cellulose
Levoglucosenone
5-g774
K 会場(2F 2208)第 3 日(3月15日(木))
オーガナイズドセッション(反応工学部会CVD反応分科会)
(9:00~10:20) (座長 百瀬 健河瀬 元明)
9:009:20K301気相浮遊コーティングプロセスによるポリマー被覆カーボンナノチューブの調製
(広大院工) ○(正)島田 学(学·技基)西原 啓太Hemanth L. R.(正)久保 優(広大院工/ITS Surabaya) (正)Kusdianto K
PECVD
polymerization reaction
dry coating process
5-h313
9:209:40K302ディーゼルエンジンを用いたカーボンナノチューブの合成機構および生成機構に関する研究
(東工大院理工) ○(学)鈴木 俊介(東工大物質理工) (正)森 伸介
carbon nanotube
diesel engine
growth mechanism
5-h432
9:4010:00K303活性化窒素気相/水相の相界面反応場における無触媒アンモニア合成
(九工大) ○(正)春山 哲也(学)酒倉 辰弥(学)上村 進太朗日野 睦章清松 将太郎高辻 義行村上 直也
Plasma
Ammonia
Non-catalytic
5-c538
10:0010:20K304熱CVD法による高Al組成fcc-TiAlN膜の合成
(東大院工) ○(学)佐藤 宏樹(東大工) 山口 潤(東大院工) 平原 智子(京セラ) (法)久保 隼人(東大院工) (正)出浦 桃子(正)百瀬 健(京セラ) (法)谷渕 栄仁(東大院工) (正)霜垣 幸浩
CVD
TiAlN
cutting tool
5-h639
(10:40~11:40) (座長 河瀬 元明百瀬 健)
10:4011:00K306SiC-CVIプロセスにおける高濃度原料供給条件下での製膜モデルの検討(2)
(東大院工) ○(学)中 智明(学)佐藤 登(学)舩門 佑一(IHI) (正)福島 康之(東大院工) (正)出浦 桃子(正)百瀬 健(正)霜垣 幸浩
CVI
SiC
5-h191
11:0011:20K307CVIにおける繊維へのSiC含浸過程シミュレーション
(東大院工) ○(学)舩門 佑一(学)佐藤 登(学)中 智明(IHI基盤研) (正)福島 康之(東大院工) (正)出浦 桃子(正)百瀬 健(正)霜垣 幸浩
SiC
CVI
Multiscale
5-h502
11:2011:40[分科会奨励賞] CVD反応分科会奨励賞受賞式
(13:00~14:20) (座長 島田 学大久保 尚人)
13:0013:20K313Superfine particles を用いた流動層内気固挙動に関する基礎検討
(鹿大院工) ○(正)五島 崇(学)島崎 幸也(正)水田 敬(正)二井 晋
Superfine particles
Fluidized bed
Geldart C particles
5-e409
13:2013:40K314二重円筒型反応器を用いたメタノール水溶液改質反応
(電機大工) ○(正)小林 大祐萩原 満之(佐渡精密) 坂下 弘将(新エネ研) 小林 新斉藤 泰和(東理大工) (正)庄野 厚
Aqueous methanol
Scale-up
Superheated liquid-film
5-e657
13:4014:00K315マイクロリアクタを用いたエステル化反応のメカニズム検討
(日立研開) ○(正)浅野 由花子(正)富樫 盛典
Microreactor
Esterification
Reaction Mechanism
5-f10
14:0014:20K316マイクロ流路における気液吸収の研究
(神戸製鋼所) ○(法)緒方 健人(正)藤澤 彰利(正)松岡 亮(正)野一色 公二
gas-liquid
absorption
microchannel
5-f728

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第83年会


(C) 2018 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第83年会 実行委員会
E-mail: inquiry-83awww3.scej.org