English page
SCEJ

化学工学会 第83年会

講演プログラム(会場・日程別) : F会場・第2日

講演要旨は各講演番号からリンクしています。(要ID/PW)
閲覧に必要なID/PWは受付でお配りするプログラム集冊子の1ページに記載しているほか、
事前参加登録者・ご招待者には2月27日にメールでお知らせしています。 詳細

F 会場(2F 4201)第 2 日(3月14日(水))

SS-1 | 化学工学会技術賞 | SS-2

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
SS-1 日本の産業を支える技術イノベーション
(9:00~9:40) (司会 後藤 義光)
9:009:40F201[依頼講演] アルカリ水電解によるCO2フリー水素製造技術
(旭化成) (法)臼井 健敏
Alkaline water electrolysis
Renewable Energy
Green Hydrogen
SS-174
(9:40~11:00) (司会 渡辺 恒男)
9:4010:20F203[依頼講演] 千代田化工の医薬品エンジニアリング
(千代田化工建設) (法)西田 真二
Continuous Flow Chemistry
Biopharma Process
SS-1105
10:2011:00F205[依頼講演] バイオを活用した環境対応素材の開発 -KAITEKIの実現を目指して-
(三菱ケミカル) (法)佐野 浩
bioplastics
engineering plastics
biodegradability
SS-190
(11:00~11:40) (司会 前田 治彦)
11:0011:40F207[依頼講演] 産業を"individual"にする超小型デバイス製造システム・ミニマルファブの開発
(産総研) 原 史朗

SS-1612
0-d 化学工学会技術賞
(12:55~14:00) (司会 西岡 光利)
12:5513:00化学工学会の技術賞、技術奨励賞について
(佐竹化学機械工業) (正)西岡 光利
13:0013:20F213[技術賞] 内部熱交換を最適化した新型内部熱交換型蒸留塔の商業化による実証
(東洋エンジ) ○(法)若林 敏祐(産総研) (正)中岩 勝(東洋エンジ) (正)中尾 公人(法)立川 公一
The SCEJ Award for Outstanding Technological Development
0-d810
13:2013:40F214[技術賞] 乾式反応集じん装置の開発
(プランテック) (法)勝井 征三(法)勝井 基明(法)曽谷 幸広(法)山田 裕史
The SCEJ Award for Outstanding Technological Development
0-d811
13:4014:00F215[技術賞] 超低消費電力ガスセンサーの開発
(大阪ガス) ○(法)大西 久男(法)野中 篤(法)中島 崇(法)檜垣 勝己(法)田畑 総一
The SCEJ Award for Outstanding Technological Development
0-d812
SS-2 開発型企業の産学官連携による成果報告 -医工連携とバイオ事業に挑む開発型企業-
(14:10~14:20)
14:1014:20セッション主催者からの挨拶・活動紹介
(綜研テクニックス) (法)山田 英雄
(14:20~15:40) (司会 山田 泰司)
14:2015:00F217[依頼講演] iPS細胞からの血小板製造とその事業展開
(メガカリオン) 佐溝 剛一
iPS cell
platelet
production
SS-222
15:0015:40F219[依頼講演] 変異原カクテルによる生物育種の高速化
(KRI) ○(法)小川 昌規(法)東 隆行
microbe
mutagenesis
breeding
SS-258
(15:40~17:00) (司会 高橋 徹)
15:4016:20F221[依頼講演] バイオマス糖化用セルラーゼの開発
(花王) ○(正)小山 伸吾(正)浦川 大樹(法)三宅 佐和(法)中原 聡志(正)峯 浩二(法)五十嵐 一暁(法)掛下 大視(法)瀧村 靖
cellulase
biomass
NEDO
SS-2344
16:2017:00F223粒子加速器の医療応用 ~がん診断から治療まで~
(住友重機械) 谷崎 直昭
particle accelerator
cancer diagnosis
cancer treatment
SS-272

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第83年会


(C) 2018 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第83年会 実行委員会
E-mail: inquiry-83awww3.scej.org