English page
SCEJ

化学工学会 第83年会

講演プログラム(会場・日程別) : J会場・第2日

講演要旨は各講演番号からリンクしています。(要ID/PW)
閲覧に必要なID/PWは受付でお配りするプログラム集冊子の1ページに記載しているほか、
事前参加登録者・ご招待者には2月27日にメールでお知らせしています。 詳細

J 会場(2F 2207)第 2 日(3月14日(水))

4 分離プロセス

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
4. 分離プロセス
(9:20~10:20) (座長 橋本 卓也)
9:209:40J202凍結融解法における水溶液の濃縮
(富山高専) ○(正)中島 栄次(正)峰本 康正
Freeze concentration
Freezing-thawing technique
Concentration distribution
4-b735
9:4010:00J203余剰白色腐朽菌の高圧圧搾脱水と生理活性物質の検出
(名大院工) ○(正)片桐 誠之(学)水野 由貴(学)北畑 智志(正)入谷 英司
expression
dewatering
physiologically active substance
4-b489
10:0010:20J204架橋高分子凝集剤を用いた凝集操作に関する研究
(大阪電通大工) ○(正)田中 孝徳大橋 賢也安達 拓郎板垣 智大今井 貴将(正)高岡 大造
flocculation
polymer flocculant
colloid
4-b724
(10:40~12:00) (座長 片桐 誠之田中 孝徳)
10:4011:00J206粘土フロック沈積層における振動沈下
(茨城大農) ○(正)大井 節男(学)三中 淳平中石 克也
Clay - floc -sediment
Oscillated - sedimentation
Structural - transition
4-b384
11:0011:20J207Sedimentation of Flocculated Suspension of Clay Sheet in the Semi-dilute Regime
(U. Tsukuba) ○(正)Adachi YasuhisaArgo YanuarWu MingyuGhazali Ezral
Floc
Sedimentation
Semi-dilute
4-b450
11:2011:40J208超音波を用いた凍結濃縮分離における溶存気体濃度の影響
(愛媛大院理工) ○(正)川崎 健二三上 洪作(山口大院理工) (正)中倉 英雄
Ultrasonic irradiation
Freeze concentration characteristics
Dissolved gas concentration
4-b209
11:4012:00J209膜ファウリングの機構と量を個別判定するファウリングポテンシャルの提案
(名大院工) ○(正)片桐 誠之(学)澤田 大悟(正)入谷 英司
membrane filtration
fouling mechanism
fouling index
4-b491
(13:00~14:40) (座長 中川 敬三)
13:0013:20J213アクティブマターを用いた希土類元素の検出における量子効果
(阪大院基工) ○(正)伴 貴彦杉山 倫章
Active matter
Rare earth elements
Motion-based sensing
4-a51
13:2013:40J214膜細孔を模倣したマイクロチャネル内におけるダブルエマルションの分裂挙動
(工学院大先進工) ○(正)赤松 憲樹峯崎 航希(千葉大院工) (正)山田 真澄(正)関 実(工学院大先進工) (正)中尾 真一
double emulsion
splitting
pore
4-a480
13:4014:00J215オイル含有水のセラミック膜濾過に関する研究
(広大院工) (技基)小村 拓也(正)長澤 寛規(正)金指 正言(正)都留 稔了
ceramic membranes
O/W emulsion
produced water
4-a468
14:0014:20J216AlPO ゼオライト膜の作製と透過特性
(山口大院理) ○(学)呉 婷(江西師範大) 陳 祥樹(山口大院理) (正)熊切 泉(正)田中 一宏(正)喜多 英敏
AlPO zeolite membranes
single DIPEA template
separation properties
4-a367
14:2014:40J217Fabrication and performance optimization of alkylamine-silica membranes for high-efficiency CO2 transport
(Hiroshima U.) ○(海)Yu Liang(正)Kanezashi Masakoto(正)Nagasawa Hiroki(正)Tsuru Toshinori
alkylamine-silica membrane
mild affinity
carbon dioxide separation
4-a524
(15:00~15:20) (司会 岩田 政司)
15:0015:20J219[研究奨励賞] 大気圧プラズマを用いたシリカ膜の低温製膜と気体分離への応用
(広大院工) (正)長澤 寛規
The SCEJ Award for Outstanding Young Researcher
0-c809
(15:20~17:00) (座長 赤松 憲樹澤村 健一)
15:2015:40J220誘電体バリア放電反応器によるシリカ膜のプラズマCVD製膜
(広大院工) ○(正)長澤 寛規(学)香川 貴彦(正)金指 正言(正)都留 稔了
Silica membranes
Dielectric barrier discharge
Plasma-enhanced CVD
4-a527
15:4016:00J221対向拡散CVD法による高水素選択透過性シリカ膜の開発
(RITE) ○(正)浦井 宏美(正)西野 仁(正)瀬下 雅博(正)西田 亮一(正)中尾 真一
silica membrane
CVD
hydrogen
4-a607
16:0016:20J222親水性イオン液体修飾シリカ膜の開発とメタノール分離への応用
(阪大院基工) ○(正)廣田 雄一朗(学)山本 祐介(学)中居 拓斗(阪大基工) 速水 翔平(阪大院基工) (正)西山 憲和
organosilica membrane
ionic liquid
methanol separation
4-a316
16:2016:40J223疎水性シリカ膜を用いた有機溶媒ナノろ過プロセスの開発
(関西大環都工) ○(正)荒木 貞夫中田 昌伸(正)山本 秀樹
OSN
silica membrane
hydrophobic
4-a666
16:4017:00J224液体分離用シリカ系膜の透過メカニズム
(芝浦工大院理) ○(学)池田 歩(学)石井 克典(学)竹内 淳登(芝浦工大) (学)杉本 千紘吉田 真奈美亀田 洋輔吉浦 詢子(正)野村 幹弘
silica hybrid membrane
permeation mechanism
counter diffusion CVD method
4-a35

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第83年会


(C) 2018 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第83年会 実行委員会
E-mail: inquiry-83awww3.scej.org