English page
SCEJ

化学工学会 第48回秋季大会

Last modified: 2016-09-07 09:49:00

講演要旨集(USBメモリ版)でプログラムにアクセスできない場合はこちらをご覧ください。

講演プログラム(セッション別) : SP-2

ST-12 電池・電気化学エネルギー変換とその未来 (D会場)の3日目午後、D316以降のスケジュールが20分繰上げとなりました(ST-13ポスターセッションの表彰式も繰り上がります)。当該部分は黄色バックで表示されます。ST-12 プログラム

SP-2 【特別シンポジウム】 社会実装への化学工学の挑戦

オーガナイザー:野田 優(早稲田大学)梶川 裕矢(東京工業大学)小野 努(岡山大学)所 千晴(早稲田大学)菊池 康紀(東京大学)

科学技術の社会実装の重要性が増している。元来実学であり、要素をシステム化する化学工学の出番であるが、社会の急激な変化により複雑化する要請に応えきれなくなっている。本シンポジウムでは、研究成果の応用の視点に加え、将来社会像を描きシステムを設計・評価、研究課題を設定する「社会実装学」を議論する。先行する省エネルギー型物質循環社会の設計や、地域での実践とともに、ものづくりやライフなどでの現在進行中の試みを報告し、議論する。多くの部会からの参画を募るとともに、他学協会との連携や、外部への発信・提言などを目指す。

A 会場 ・ 第 2 日

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
A 会場(共通講義棟 2F K206)第 2 日(9月7日(水))
(10:00~12:00) (座長 小野 努細野 恭生)
10:0010:40A204資源循環に寄与する固体分離技術に対する社会のニーズを考える
(早大院) (正)所 千晴
solid/solid separation
resources recycling
social implementation
SP-2394
10:4011:20A206システム思考で社会実装を工学する:離島地域での例
(東大総括プロ) (正·修習)菊池 康紀
Industrial symbiosis
Life cycle thinking
Energy integration
SP-2351
11:2011:40A208食品産業における社会実装の工学的課題を考える
(京大院農) (正)中川 究也
Food Industry
Food Engineering
SP-2484
11:4012:00A209バイオメディカル分野における化学工学の社会実装の現状
(大工大工) (正)長森 英二
biochemical engineering
biomedical engineering
technology implementation
SP-2612
(13:00~14:00) (座長 中川 究也松本 泰正)
13:0013:40A213[招待講演] 植物工場の社会実装の現状 -課題と研究動向-
(阪府大) 藤 寛
Plant factory
LED
Hydroponics
SP-2487
13:4014:00A215エンジ企業の望(臨)む社会実装
(千代田化工建設) (正·上技)細野 恭生
society implementation
commercialization
chemical engineering
SP-2942
(14:00~15:00) (座長 梶川 裕矢松本 泰正)
14:0014:40A216[招待講演] コストとは何か~生産技術の次元分析とマルチステップビジネスモデル~
(日産自動車) 長谷川 卓也
production technology
production cost
dimension analysis
SP-2829
14:4015:00A218夢の材料・デバイスを現実に仕上げる道筋を考える
(早大先進理工) (正)野田 優
materials and devices
production process
social implementation
SP-2830

講演発表プログラム
講演プログラム一覧
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第48回秋季大会


(C) 2016 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会本部大会運営委員会 第48回秋季大会 問い合せ係
E-mail: inquiry-48fwww3.scej.org