English page
SCEJ

化学工学会 第82年会 (東京 2017)

講演プログラム(会場・日程別) : D会場

講演要旨は講演番号からリンクしています。(要要旨閲覧ID/PW) 詳細

D 会場(教室棟 3階 304)

D 会場 ・ 第 2 日 | D 会場 ・ 第 3 日
F-1 | 1 | 14 | 1

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
D 会場(教室棟 3階 304)第 2 日(3月7日(火))
F-1 [化学産業技術フォーラム]
 新規無機膜による分離技術イノベーション
(10:40~12:00) (司会 遠藤 明松田 圭悟)
10:4011:20D206[展望講演] NEDOエネルギー・環境新技術先導プログラムにおけるガス分離膜技術の進展
(早大) (正)松方 正彦
membrane separation
ethylene
propylene
F-1480
11:2011:40D208[招待講演] 化学品製造分野の膜分離技術の動向
(NEDO) 石田 勝昭
membrane separation
chemical process
energy-saving
F-1385
11:4012:00D209[依頼講演] 膜分離プロセスを用いたプロピレン/プロパン分離の省エネルギー性評価
(日揮) ○(正·上技)小黒 秀一(正·技基)福田 晃子(法)湯浅 敦(正·上技)藤村 靖
membrane separation
Propylene/Propane Separation
F-1536
(13:00~14:20) (司会 遠藤 明松田 圭悟)
13:0013:20D213[依頼講演] エチレン・プロピレン分離用ゼオライト膜の開発
(早大先進理工) ○(正)酒井 求(学)安田 訓之(早大先進理工/早大理工研) (正)松方 正彦
Zeolite membrane
propylene
ethylene
F-1523
13:2013:40D214[依頼講演] 対向拡散CVD法によるシリカ系膜の水素/炭化水素分離
(芝浦工大工) ○(正)野村 幹弘(学)石井 克典吉田 真奈美
hydrocarbon separation
silica based membranes
counter diffusion CVD
F-1124
13:4014:00D215[依頼講演] 橋架けアルコキシドによるオルガノシリカ膜の細孔構造制御と炭化水素透過特性
(広大院工) ○(正)金指 正言(学)米田 悠里(正)長澤 寛規(正)都留 稔了
Sol-gel
Organosilica membrane
Pore size control
F-1338
14:0014:20D216[依頼講演] 膜分離と蒸留のハイブリッド化によるプロピレン-プロパン分離の省エネルギー化
(産総研) ○(正)山木 雄大(正)吉宗 美紀(正)原 伸生(正)根岸 秀之(正)遠藤 明(山形大院理工) (学)鈴木 健太(正)松田 圭悟
Hybrid process
Energy saving
Propylene propane
F-1509
(14:40~16:20) (司会 遠藤 明松田 圭悟)
14:4015:00D218[依頼講演] 選択的ガス吸着特性を示す多孔性金属錯体(MOF)の空間設計
(名大院工) ○(正)松田 亮太郎堀 彰宏
MOF
selective adsorption
porous
F-1299
15:0015:20D219[依頼講演] 炭化水素分離に向けたMOF膜の開発
(産総研) ○(正)原 伸生(正)吉宗 美紀(正)山木 雄大(正)長谷川 泰久(正)根岸 秀之
Gas separation membrane
Metal-organic framework
Zeolitic imidazolate framework-8
F-1548
15:2015:40D220[依頼講演] 中空糸炭素膜による水素/低級炭化水素分離
(産総研) ○(正)吉宗 美紀(正)原 伸生(正)山木 雄大(正)根岸 秀之
carbon membrane
hydrogen
gas separation
F-1278
15:4016:20D221[招待講演] 人工光合成PJの概要と水素分離膜の進捗状況
(三菱化学) (法)武脇 隆彦
artificial photosynthesis
membrane separation
hydrogen
F-1388
D 会場(教室棟 3階 304)第 3 日(3月8日(水))
1. 基礎物性
(9:00~10:20) (座長 岩井 芳夫金久保 光央)
9:009:20D3013成分系水+アルカン+非イオン界面活性剤の液液平衡の測定
(日大理工) ○(正)松田 弘幸(学)江又 理沙(学)井上 悦宏(正)栗原 清文(正)栃木 勝己
Liquid-liquid equilibria
Non-ionic surfactant
Fish-shaped diagram
1-a831
9:209:40D302分子動力学法によるイオン液体のガス吸収解析
(阪大基工) ○(正)石塚 良介(正)松林 伸幸
ionic liquid
thermodynamics of solution
molecular simulation
1-a127
9:4010:00D303GC-MWモデルによる無限希釈活量係数の推算
(山口大院) ○(正)小渕 茂寿(学)中居 慶一郎(九大院工) (正)米澤 節子(宇部高専) (正)福地 賢治
Infinite Dilution Activity Coefficient
Modified Wilson Equation
Prediction
1-a222
10:0010:20D304二酸化炭素/シリコンアルコキシド/ポリマー三成分系の相挙動と密度
(東理大) ○(学)松川 博亮(正)嶋田 友一郎(正)納谷 昌和(正)庄野 厚(産総研) (正)依田 智(東理大) (正)大竹 勝人
Phase behavior
Volumetric properties
Polymer
1-a412
(10:40~12:00) (座長 石塚 良介佐々木 正和)
10:4011:00D306沸点データのみから蒸気圧の推算
(東理大) (正)大江 修造
vapor pressure
boiling point
homologous series
1-a824
11:0011:20D307Wilson定数の温度依存性
(東理大) (正)大江 修造
vapor-liquid equilibria
Wilson equation
parameter
1-a97
11:2011:40D308分子動力学シミュレーションによる配位数の計算およびCDSAPモデルへの適用
(九大工) ○(正)岩井 芳夫(学)関 涼佑(学)田中 貴大(学)宮崎 祐輔
coordination number
molecular simulation
activity coefficient model
1-a218
11:4012:00D309異なる含水率における形状記憶ゲルの熱伝導率,比熱容量,熱拡散率
(山形大) ○(正)赤松 正人面川 一畝古川 英光(滋賀県大) 山野 光裕
Shape memory gel
thermophysical property
Water content
1-b115
14. 広領域
(13:00~14:00) (座長 松本 秀行)
13:0013:20D313新産業革命-化学産業の行方
(ものづくりAPS推進機構) (正)小松 昭英
Industrial Revolution
Chemical Industry
Supply Chain
14-a108
13:2013:40D314福島県内仮置場における除去土壌等長期保管時の技術的課題に対する調査研究
(福島県環境創造セ) ○(正)高橋 勇介(福島県ハイテクプラザ福島) 伊藤 哲司長澤 浩
Temporary storage site
Flexible intermediate bulk containers
Gas permeable liner sheet
14-e294
13:4014:00D315木質バイオマスを燃料とするバイオマス発電の技術革新及び経済性評価
(東大院新領域) ○(学)海邉 健二(中央大理工) (正)幡野 博之(東大アジア生物資源環境研究セ) 井上 雅文(JST低炭素社会戦略セ) (正)山田 興一(東大院新領域) (正)大友 順一郎
woody biomass
biomass power generating
technological and economic assessment
14-b491
1. 基礎物性
(15:40~17:00) (座長 辻 智也大場 茂夫)
15:4016:00D321会合系の気液平衡の相関
(東理大) (正)大江 修造
vapor-liquid equilibrium
associated liquid
correlation
1-a857
16:0016:20D322気液平衡におけるイオン液体の塩効果の推算
(東理大) (正)大江 修造
ionic liquids
salt effect
vapor-liquid equilibria
1-a808
16:2016:40D323修正Eyring-Wilson式およびASOG-VISCO を用いたCO2加圧膨張液体動粘度の算出
(中央大理工) ○(正)船造 俊孝(日大理工) (正)松田 弘幸(正)栗原 清文(正)栃木 勝己(Panjab U.) Rattan V. K.
Kinematic viscosity
CO2 expanded liquid
ASOG-VISCO
1-a259
16:4017:00D324修正Eyring-活量係数式およびMcAllister式による液体動粘度の相関と推算
(日大理工) ○(正)栃木 勝己(正)松田 弘幸(正)栗原 清文(中央大理工) (正)船造 俊孝(Panjab U.) Rattan V. K.
kinematic viscosity
modified Eyring-activity coefficient equation
McAllister equation
1-a274

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第82年会 (東京 2017)


(C) 2017 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会本部大会運営委員会 第82年会 問い合せ係
E-mail: inquiry-82awww3.scej.org