English page
SCEJ

化学工学会 第82年会 (東京 2017)

講演プログラム(セッション別) : F-2

講演要旨は講演番号からリンクしています。(要要旨閲覧ID/PW) 詳細

F-2 [化学産業技術フォーラム]
 化学装置に用いる材料の保守と検査

オーガナイザー:久保内 昌敏(東京工業大学)荒尾 与史彦(東京工業大学)

化学プラントにおける装置の高経年化が進む中,その保守と検査手法がますます重要となってきている.高経年化が進んだ材料に関して,損傷事例を解析し,破損機構を明らかにするとともに,有効な非破壊検査手法を選定する手法を紹介し,今後の技術発展を展望する.

I 会場 ・ 第 2 日

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
I 会場(教室棟 5階 502)第 2 日(3月7日(火))
(9:20~10:20) (司会 柴崎 敏和)
9:209:40I202[依頼講演] 腐食環境で用いる有機材料劣化の破壊検査・非破壊検査
(東工大) ○(正)久保内 昌敏(正)荒尾 与史彦(日大生産工) (正)酒井 哲也
FRP
NDT
Degradation
F-2336
9:4010:00I203[依頼講演] プラント建設プロジェクトにおける有機材料と試験・検査
(日揮) (法)宮下 隼基
Organic materials
Test and Inspection
Plant construction project
F-2856
10:0010:20I204[招待講演] 超音波法を用いたライニング剥離検査技術による劣化診断
(非破壊検査) ○田中 隆介松原 重行森 雅司
lining
inspection
ultrasonic testing
F-2504
(10:40~11:40) (司会 久保内 昌敏)
10:4011:00I206[招待講演] 樹脂エンジニアリングデータバンク紹介
((一社)樹脂ライニング工業会) (正)神沢 泰弘
Plastics Lining
Engineering Data Bank
Degradation Failure
F-2481
11:0011:20I207[依頼講演] ふっ素樹脂ライナーの透過試験(塩酸透過量測定)
(ニチアス) (法)倉本 順之
Fluororesin lining
Permeation test
micro crack
F-2323
11:2011:40I208[依頼講演] 高温配管としてのAlloy 800H材の保全
(千代田化工建設) (正)柴崎 敏和(法)渡邉 俊二(法)外村 隆志
Creep Damage
Dimensional Measurement
Oxidation
F-2505

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第82年会 (東京 2017)


(C) 2017 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会本部大会運営委員会 第82年会 問い合せ係
E-mail: inquiry-82awww3.scej.org