English page
SCEJ

化学工学会 第82年会 (東京 2017)

講演プログラム(セッション別) : HC-12

講演要旨は講演番号からリンクしています。(要要旨閲覧ID/PW) 詳細

HC-12 [センター・委員会等企画]
 化学工学会の見える化と化学コミュニケーション

オーガナイザー:長谷部 伸治(京都大学)

学会活動のうち公益事業については,見える化が叫ばれており,そのことを化学コミュニケーションの手法を使うことも,一つの方法である。学会がその活動を積極的に一般の人に理解して貰うことも必要であるが,一方で,未来を担う中学生,高校生に積極的に呼びかけていくことは,将来の研究者コミュニティを確保し,かつ学会の維持につながる意味でも非常に重要である。その手法と意義についてのディスカッションを行う。

A 会場 ・ 第 1 日

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
A 会場(教室棟 3階 301)第 1 日(3月6日(月))
(15:00~15:40) (司会 長谷部 伸治)
15:0015:20A119[招待講演] 化学連合のアウトリーチ活動
(日本化学連合/工学院大) (正)中尾 真一
JUCST
HC-12850
15:2015:40A120[招待講演] 人材育成センター 未来人材育成委員会活動紹介
(横国大工) (正)上ノ山 周
Human Resource Development
examples of activities
HC-12790
(15:40~16:40) (司会 村松 淳司)
15:4016:00A121[招待講演] 触媒技術の一般向け実験展示活動
(千葉大) 原 孝佳
Chemical Communication
Catalysis
Society
HC-12715
16:0016:20A122[招待講演] 身近な日用品を通じての「化学」教育支援活動
(ライオン) (法)土岐 育子
Chemical Communication
CSR
Company
HC-12710
16:2016:40A123[招待講演] 化学情報C伝達・啓発のためのウェブシステムの構築 化学ポータルサイトChem-Station
(早大先進理工) 山口 潤一郎
Chemical Communication
Portal Site
Chem Station
HC-12712
(16:40~17:00) (司会 上ノ山 周)
16:4017:00A124化学工学会の認知度向上を目指して
(京大工) (正)長谷部 伸治
SCEJ
Visibility
Activity
HC-12692

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第82年会 (東京 2017)


(C) 2017 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会本部大会運営委員会 第82年会 問い合せ係
E-mail: inquiry-82awww3.scej.org