English page
SCEJ

化学工学会 第82年会 (東京 2017)

講演プログラム(会場・日程別) : G会場

講演要旨は講演番号からリンクしています。(要要旨閲覧ID/PW) 詳細

G 会場(教室棟 4階 406)

G 会場 ・ 第 1 日 | G 会場 ・ 第 2 日 | G 会場 ・ 第 3 日
5 | 8 | 5

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
G 会場(教室棟 4階 406)第 1 日(3月6日(月))
5. 反応工学
(13:00~15:00) (座長 川波 肇村中 陽介)
13:0013:20G113流体の流量比・物性差が混合挙動に及ぼす影響の解析
(京大院工) ○(学·技基)浅野 周作(学·技基)山田 悟司(正)牧 泰輔(正)前 一廣
Flow rate ratio
Mixing
Microreactor
5-f163
13:2013:40G114オンサイト水質検査装置向け硝酸イオン還元カラムの開発
(日立研開) ○(正)浅野 由花子(東大工) 菅野 修遠藤 喜重(日立研開) (正)富樫 盛典(東大工) 三宅 亮
microreactor system for reduction
copper reductant
nitrate ion
5-f186
13:4014:00G115エッチングアルミニウムワイヤーの触媒担体への応用
(農工大) ○(学)平松 宏美松井 薫(正)桜井 誠(正)亀山 秀雄
microreactor
etching
methanol steam-reforming
5-f265
14:0014:20G116慣性力とマイクロピラーアレイによるバッファレス微粒子分離
(東工大工) ○(学)鳥取 直友(東工大未来研) (正)西迫 貴志
Deterministic Lateral Displacement
inertial focusing
buffer-free particles separation
5-f363
14:2014:40G117マイクロ化学プロセスにおける気液スラグ流生成システムの設計と操作
(京大院工) ○(正)殿村 修(学·技基)尾鍋 洋次郎宮林 圭輔(正)谷口 智(正)長谷部 伸治
Gas-liquid Microreactor
Process Design
Process Monitoring
5-f666
14:4015:00G118プレート型反応器を用いたメタン改質の検討(3) -水蒸気改質への展開-
(産総研) ○(正·修習)福田 貴史(正)川波 肇宮沢 哲
plate-type reactor
methane reforming
high throughput
5-f837
(15:00~17:00) (座長 浅野 由花子殿村 修)
15:0015:20G119マイクロリアクタを利用した液液抽出による糖類からの高効率HMF製造
(京大院工) ○(正)村中 陽介(学·技基)正木 理恵(正)牧 泰輔(正)前 一廣
HMF
Segmented flow
Extraction
5-g167
15:2015:40G120(講演中止)

100188
15:4016:00G121An efficient hydrogenation of biomass derived 5-hydroxymethylfurfural (HMF) in aqueous medium
(AIST Tohoku) ○(正)Chatterjee M.(正)Ishizaka T.(正)Nagao I.(正)Kawanami H.
Hydrogenation
biomass
Pt/MCM-41
5-g253
16:0016:20G122グルコース等から合成したHMFを用いたビスアミノメチルフランの合成に関する研究
(産総研) ○(正)川波 肇小川 佳代子(ユニチカ) 伊藤 拓馬小林 亮介秋月 隆昌(産総研) (正)チャタジー マヤ(正)長尾 育弘(正)石坂 孝之
5-hydroxymethylfurufural
bismethylaminofuran
glucose
5-g729
16:2016:40G123木質バイオマスの加溶媒分解及び接触分解による炭化水素への転換
(信州大繊維) ○(正)嶋田 五百里(信州大院理工) 小林 豊(ユーグレナ) 太田 晴久鈴木 健吾(千代田化工建設) (正)高塚 透
solvolysis
catalytic cracking
lignocellulose
5-g738
16:4017:00G124古紙の熱分解による有用化合物の製造
(九大先導研) ○(正)工藤 真二(九大総理工) 後藤 希(九大先導研) (正)則永 行庸(正)林 潤一郎
Pyrolysis
Cellulose
Paper
5-g849
G 会場(教室棟 4階 406)第 2 日(3月7日(火))
8. 超臨界流体
(9:00~10:00) (座長 岡島 いづみ川﨑 慎一朗)
9:009:20G201超臨界水酸化を利用した精白米の炭素安定同位体比測定
(東大院新領域) ○(正)松本 祐太(名大環安室) (正)林 瑠美子(東大院新領域) 戸野倉 賢一
supercritical water oxidation
stable carbon isotope ratio
provenance estimation
8-d422
9:209:40G202アンモニアの超臨界水酸化反応におけるメタノール多段供給効果の速度論的検討
(東大院新領域) ○(学)下田 絵里子(正)大島 義人
Supercritical water oxidation(SCWO)
Kinetics
Reaction engineering
8-d665
9:4010:00G203固体酸触媒を用いた高温高圧水中のα-ピネン異性化反応の速度論
(東大院新領域) ○(正)秋月 信(正)大島 義人
Hot compressed water
Solid acid catalysts
Pinene isomerization
8-d315
(10:00~11:00) (座長 鈴木 章悟)
10:0010:20G204高温高圧水中での高アスペクト比有機修飾ベーマイトの合成と機能材料への展開
(産総研) ○(正)藤井 達也(正)川﨑 慎一朗
hot-compressed water
crystal growth
organic-inorganic hybrid material
8-e121
10:2010:40G205超臨界流体を用いた三次元立体構造キャパシタ形成プロセスの開発
(東大院工) ○(学)チョウ ユウ(正)下山 裕介(正)百瀬 健(正)霜垣 幸浩
supercritical fluid deposition
3-demontional
capacitor
8-e151
10:4011:00G206二酸化炭素を利用した多孔質材料の新規製造プロセスの開発
(産総研) (正)相澤 崇史
carbon dioxide
porous material
bonding
8-e301
(11:00~12:00) (座長 下山 裕介川尻 聡)
11:0011:20G207超臨界アンモニアを用いた酸性アモノサーマル法によるGaN結晶育成
(日本製鋼所) ○(正)包 全喜(三菱化学) (法)斉藤 真(日本製鋼所) 栗本 浩平(東北大多元研) 小島 一信(正)冨田 大輔(三菱化学) (法)鏡谷 勇二(日本製鋼所) 茅野 林造(東北大多元研) 石黒 徹(正)横山 千昭秩父 重英
gallium nitride
crystal growth
supercritical ammonia
8-e305
11:2011:40G208炭素系ナノ材料を高濃度に含む高分子複合材料の開発
(広大工) ○(正)木原 伸一佃 祐介浅田 真生(正)滝嶌 繁樹(マツダ) 米盛 敬三好 誠治
Carbon Nanomaterials
Supercritical Fluids
Mixing
8-e746
11:4012:00G209高圧CO2を用いた有機性塗料の高圧微粒化に関する研究
(産総研) ○(正)川﨑 慎一朗櫻井 優子(正)藤井 達也(正)鈴木 明
high pressure CO2
atomization
spray
8-f123
5. 反応工学
(13:00~14:40) (座長 満留 敬人渡部 綾)
13:0013:20G213バナジウム錯体触媒を用いた分子状酸素によるベンゼンの液相水酸化反応の機構解明
(神戸大院工) ○(学)桶本 篤史(学)宇都宮 有咲井上 賀貴(正)谷屋 啓太(正)市橋 祐一(正)西山 覚
Reaction Mechanism
Oxygen Oxidation
Benzene to Phenol
5-a32
13:2013:40G214Advantage property of structured catalyst for CO2 methanation under extremely fast rate of feeding
(天野工研) ○(海)Ratchahat Sakhon(正)須藤 雅夫(Shizuoka U.) (学)鈴木 雄詞(正)渡部 綾(正)福原 長寿
CO2 methanation
Structured catalyst
Extremely fast rate of feeding
5-a114
13:4014:00G215ハイドロキシアパタイトを用いた逐次的なC-C結合形成反応によるバイオエタノール転換
(東大生産技研/イリノイ大) ○(正)茂木 堯彦(イリノイ大) Flaherty D. W.
Guerbet reaction
1-butanol
hydroxyapatite catalyst
5-a255
14:0014:20G216流動床光触媒リアクターの性能予測シミュレータの開発 -光触媒リアクターの高効率化に関する研究-
(産総研) ○(正)清野 文雄根岸 信彰鳥村 政基尾形 敦(パナソニック) (正)橋本 泰宏藤田 浩史(正)丸尾 ゆうこ猪野 大輔
Photocatalyst
Reactor
Numerical simulation
5-a334
14:2014:40G217難分解性物質分解における流動床光触媒リアクター性能の実験評価 -光触媒リアクターの高効率化に関する研究-
(パナソニック) ○(正)橋本 泰宏(正)原 恒平(正)郡 俊輔猪野 大輔(産総研) (正)清野 文雄根岸 信彰鳥村 政基尾形 敦
photocatalyst
water purification
electrical energy per order
5-a287
(15:00~16:40) (座長 茂木 堯彦)
15:0015:20G219Selective Hydrogeneration of Chloronitrobenzene of AuPd/TiO2 Catalysts
(Nat. Central U.) Chen Yu-Wen

5-a873
15:2015:40G220担持白金触媒を用いた亜ヒ酸の水中酸化反応特性(2)
(九大院工) 趙 金仙(正)松根 英樹(同志社大工) (正)竹中 壮(九大院工) ○(正)岸田 昌浩
Arsenious acid
Oxidation in aqueous solution
Platinum catalyst
5-a318
15:4016:00G221物理混合法で調製したスポンジNi-TiO2触媒を用いたCO選択メタン化反応
(成蹊大/学振) ○(正)多田 昌平(成蹊大) 柳田 晃秀庄司 大樹霜田 直宏(正)里川 重夫
Selective CO methanation
nickel
titania
5-a393
16:0016:20G222高効率な分子変換反応を促進するコア-シェル型金ナノ粒子触媒の開発
(阪大院基工) ○(正)満留 敬人浦山 鉄平(正)前野 禅(正)水垣 共雄(正)實川 浩一郎金田 清臣
Heterogeneous catalyst
Gold nanoparticles
Green chemistry
5-a429
16:2016:40G223ニッケル-鉄酸化物系構造体触媒の水性ガスシフトに及ぼすアルカリ金属の添加効果
(静大院工) ○(正)渡部 綾(静大工) 田島 健冴(静大院工) 平田 望河野 芳海(正)福原 長寿
Iron oxide
Water gas shift
Alkaline metal
5-a770
G 会場(教室棟 4階 406)第 3 日(3月8日(水))
(9:00~10:20) (座長 福島 康之吉原 直記)
9:009:20G301マイクロバブルで誘起される超音波キャビテーションからのラジカル生成機構に関する研究
(長岡高専) ○(正)村上 能規小林 祐馬丸山 彩
microbubble
ultrasound
radical
5-b179
9:209:40G302Fe/TiO2光触媒のCO2還元性能向上のためのFe担持条件および還元剤の検討
(三重大院) ○(正)西村 顕(学)石田 教晃立松 大智廣田 真史小塩 明小海 文夫
Photocatalyst
CO2 Reduction Performance
Reductants
5-c104
9:4010:00G303CHAゼオライト膜によるエタノール脱水反応の促進
(宇都宮大院工) ○(正)伊藤 直次(学)菊池 修平(宇都宮大工) 廣瀬 拓也(宇都宮大院工) (正)佐藤 剛史
zeolite
ethanol dehydration
membrane reactor
5-d774
10:0010:20G304管壁型メンブレンリアクターによるアンモニアの低温分解
(宇都宮大院工) ○(正)伊藤 直次(学)加藤 崇文(宇都宮大工) (正)佐藤 剛史
wall-tube reactor
palladium membrane
ammonia
5-d776
(10:20~12:00) (座長 村上 能規伊藤 直次)
10:2010:40G305ディーゼルエンジンにおけるカーボンナノチューブの合成に対する燃料種の影響と生成機構の考察
(東工大院理工) ○(学)鈴木 俊介(東工大物質理工) (正)森 伸介
Carbon nanotube
Diesel engine
Growth mechanism
5-h86
10:4011:00G306Fabrication of Ag-TiO2 nanocomposite films via one-step gas-phase deposition and their characterizations after heat treatment processes
(広大院工/ITS Surabaya) ○(正)Kusdianto K.(広大院工) Jiang Dianping(正)Kubo Masaru(正)Shimada Manabu
PECVD
PVD
photocatalytic activity
5-h243
11:0011:20G307銅箔上での大面積グラフェン合成に向けた化学エッチング条件の検討
(福岡大工) ○(正)吉原 直記(正)野田 賢
Graphene
CVD
Chemical etching
5-h476
11:2011:40G308SiC-CVIプロセスの合理設計による超均一含浸の実現および複合材料特性への影響
(東大院工) ○(学)嶋 紘平(学)佐藤 登(学)舩門 佑一(学)中 智明(IHI基盤研) (正)福島 康之(東大院工) (正)百瀬 健(正)霜垣 幸浩
CVD
SiC
CMC
5-h552
11:4012:00G309モノメチルトリクロロシランを用いたSiC-CVDプロセス最適化のための総括反応モデル構築 (4)
(東大院工) ○(学)舩門 佑一(学)嶋 紘平(学)佐藤 登(学)中 智明(正)福島 康之(正)百瀬 健(正)霜垣 幸浩
SiC
Reaction model
CVD
5-h664

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第82年会 (東京 2017)


(C) 2017 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会本部大会運営委員会 第82年会 問い合せ係
E-mail: inquiry-82awww3.scej.org