English page
SCEJ

化学工学会 第82年会 (東京 2017)

講演プログラム(会場・日程別) : H会場・第3日

講演要旨は講演番号からリンクしています。(要要旨閲覧ID/PW) 詳細

H 会場(教室棟 4階 407)第 3 日(3月8日(水))

2

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
2. 粒子・流体プロセス
(9:00~10:20) (座長 高木 洋平)
9:009:20H301液膜内サーモキャピラリー対流の流動方向に対するメカニズム解明
(阪大院基工) ○(学)山本 卓也(正)岡野 泰則
Marangoni convection
Numerical analysis
Thermocapillary flow
2-a387
9:209:40H302粘度の温度依存性を考慮した高粘性流体の流動解析
(福岡大工) ○(正)松隈 洋介(正)内山 弘規
IGCC
slag
LBM
2-a511
9:4010:00H303温度不均一場におけるテイラー・クエット流の流動機構
(静県大食栄) ○(正)増田 勇人(神戸大院工) 吉田 早穂(正)堀江 孝史(正)大村 直人(静県大食栄) 下山田 真
Taylor-Couette flow
Heat convection
Heat/mass transfer
2-a516
10:0010:20H304二軸スクリュ溶融混練における傾斜チップの効果: 流動パターンのチュ ーニング
(九大工) ○(正)名嘉山 祥也(学)竹光 洋樹(正)梶原 稔尚(日本製鋼所) 木村 公一竹内 貴季富山 秀樹
local flow pattern
fluidics
mixing
2-a329
(10:40~12:00) (座長 増田 勇人神田 彰久)
10:4011:00H306水和性塗膜の表面粗度非等方性が乱流抵抗低減に及ぼす影響
(阪大院基工) ○(正)高木 洋平ワン ライ(正)岡野 泰則
Hydrogel
Drag reduction
Numerical simulation
2-a424
11:0011:20H307Kenics型Static mixerを用いた2液性ゲル作製時における初期圧力上昇挙動の検討
(東大院工) ○(学)穂積 卓朗(東大院医) (正)太田 誠一(東大院医/東大院工) (正)伊藤 大知
Static mixer
in situ crosslinkable hydrogel
Pressure drop
2-a739
11:2011:40H308多孔性粒子を用いた断熱塗料の開発に関する研究
(山口大院) ○(正)佐伯 隆(正·技基)貝出 絢(学)山本 竣也(トクヤマ) (法)福寿 忠弘(法)有福 直樹(正·上技)中元 信博
Silica particles
Thermal conductivity
Maximum packing
2-a847
11:4012:00H309(講演中止)

100848
(15:40~16:40) (座長 松隈 洋介)
15:4016:00H321モンゴル褐炭の熱分解特性と高品質化
(新潟大) ○(学)ツェンデー バヤルティサハン(正)金 熙濬
Brown Coal
Thermal Decomposition
Improving quality
2-g835
16:0016:20H322固気系流動層のみかけ粘性に関する理論的検討
(元富山大) (正)山﨑 量平
Fluidized bed
Apparent viscosity
Theoretical study
2-c5
16:2016:40H323(講演中止)

100844

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第82年会 (東京 2017)


(C) 2017 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会本部大会運営委員会 第82年会 問い合せ係
E-mail: inquiry-82awww3.scej.org