English page
SCEJ

化学工学会 第84年会

Last modified: 2019-03-12 11:30:00

講演プログラム(会場・日程別) : E会場・第2日 : E213

講演要旨は各講演番号からリンクしています。(要ID/PW)
閲覧に必要なID/PWは受付でお配りするプログラム集冊子の1ページに記載しているほか、
事前参加登録者・ご招待者には2月27日にメールでお知らせしています。詳細
HC-13, HC-17, K-1にプログラム変更があります。

E 会場(教室棟4階 403)第 2 日(3月14日(木))

4 分離プロセス | 13 環境

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
4. 分離プロセス
(9:00~10:40) (座長 片桐 誠之中村 一穂)
9:009:20E201金属メッシュデバイスを基にしたパーティクルカウンターの開発
(福岡大工) ○(正)瀬戸 弘一(福岡大院工) (学)佐伯 篤志(福岡大工) 松下 亮佑岩下 翔(村田製作所) (法)神波 誠治(福岡大工) (正)廣橋 由美子(正)新戸 浩幸
metal mesh device
size separation
particle counter
4-b1466
9:209:40E202沈降分離を利用した鉄さび粒子捕捉デバイスの開発
(三菱電機) ○(正)飯島 茂執行 和浩野田 清治
Iron oxide
Sedimentation
Circulating water
4-b218
9:4010:00E203酸化亜鉛スラリーの濾過・圧搾過程における界面動電学的応答
(阪府大院工) (学)下伊豆 和哉(正)岩崎 智宏(薮田産業) 薮田 亘康(阪府大院工) ○(正)岩田 政司
streaming potential
filtration period
consolidation period
4-b1056
10:0010:20E204磁性粒子の共存による微細藻類分散液のクロスフローろ過膜を用いた脱水
(佐賀大理工) ○(正)川喜田 英孝(佐賀大院工) (学)木谷 栄美(佐賀大理工) (正)森貞 真太郎(正)大渡 啓介(佐賀大農) 出村 幹英
microalgae
dewatering
cross flow
4-b931
10:2010:40E205ナノヒドロキシアパタイト集合体の中空マイクロスフィアのタンパク質吸着特性
(新潟大) ○(正)田中 孝明高井 慶彦長瀬 明史寺口 一樹民部 裕洋落合 秋人(正)木村 勇雄(正)谷口 正之
hydroxyapatite
hollow microsphere
adsorption
4-b1443
(10:40~12:00) (座長 瀬戸 弘一飯島 茂)
10:4011:00E206フロックの沈降配向と密度関数の精度向上について
(筑波大生命) ○(正)足立 泰久戴 德霖(CAS) 肖 峰
Floc Diameter
Two-sphere-model
Sedimentation orientation
4-b929
11:0011:20E207融解速度の違いが凍結融解法による水溶液の濃縮に及ぼす影響
(富山高専) ○(正)中島 栄次上山 華佳(正)峰本 康正
freeze-thawing technique
thawing rate
concentration distribution
4-b1266
11:2011:40E208食品・菌・酵素を有効活用する膜利用型廃水処理プロセスの開発
(名大院工) ○(正)片桐 誠之(学)北畑 智志(学)水野 由貴(正)入谷 英司
filtration
membrane reactor
decolorization
4-b984
11:4012:00E209異なるBOD負荷下における担体添加活性汚泥法の硝化特性
(愛媛大院理工) ○(正)川崎 健二(学)伊藤 智(関西化工) 豊田 英昭
Nitrification
Activated sludge process
Carrier
4-b138
13. 環境
(13:00~14:40) (座長 大島 一真林 啓太)
13:0013:20E213[部会賞] 最優秀学生発表賞・特別発表 : オルガノクレー充填層を用いるフェニトロチオン含有排水の連続処理
(北見工大院工) ○(学)大岩 真子(北見工大工) (正)齋藤 徹
Organoclay
Pesticide
Wastewater treatment
13-b178
13:2013:40E214Zn含有排水からのZn-Al系LDH合成の検討とその吸着性能の評価
(都産技研) ○(正)榎本 大佑(正)森久保 諭(正·修習)田熊 保彦小坂 幸夫
wastewater
adsorption
LDH
13-b1006
13:4014:00E215機能性多孔質ガラスによる汚染水からの放射性セシウムの吸着及び固定化
(東工大) ○(正)稲葉 優介原 卓飛山下 健仁針貝 美樹高橋 秀治(正)竹下 健二
Solidification
Radioactive Cesium
Porous Glass
13-c1400
14:0014:20E216微生物電気化学システムによるフェノール含有排水処理
(新日鐵住金) ○(法)山田 果歩(法)福島 寿和(法)加藤 敏朗(クイーンズランド大) Ledezma PabloBond PhilipFreguia Stefano
Microbial fuel cell
Bio-electrochemical treatment
Wastewater treatment
13-b10
14:2014:40E217無理のないGHGs80%削減のための移行シナリオの設計
(農工大) ○(正)堀尾 正靱(産総研) 歌川 学
Green House Gases
Massive Reduction
Transition Strategy
13-g1333
(15:00~17:00) (座長 高橋 伸英山田 秀尚)
15:0015:20E219宇宙機のためのイオン液体によるCO2除去に関する基礎研究
(JAXA) ○(正)桜井 誠人(正)島 明日香(産総研東北) (正)金久保 光央(正)牧野 貴至(正)梅木 辰也
ECLSS
Air-revitalization
CO2 removal
13-g1053
15:2015:40E220二酸化炭素からのメタン合成におけるRu/TiO2触媒の耐熱化
(JAXA) ○(正)島 明日香(正)桜井 誠人(日本ピラー工業) 森脇 圭一郎小林 美幸(富山大水素同位体科学研究セ) 阿部 孝之
CO2 Methanation
Heterogeneous Catalyst
High-Temperature Tolerance
13-g1121
15:4016:00E221CO2分離回収プロセスにおけるコスト推算法の比較
(東工大応化) ○(正)小玉 聡(九大工) (正)星野 友(九大I2CNER) (正)谷口 育雄
CO2 capture
membrane process
cost estimation
13-g1370
16:0016:20E222CCUを想定した統合型CO2回収プロセスの研究
(名大院工) ○(正)町田 洋(学)西尾 仁志(海)チャン クゥイン(正)山口 毅(正)則永 行庸
CCU
Integrated Process
Phase separation
13-g1107
16:2016:40E223ガス透過性マイクロチャンネルを有するハイドロゲルフィルムのCO2吸収・放散特性
(九大院工) ○(正)寺山 友規(学)片渕 航汰(九大) 松田 潤子(九大院工) (正)井上 元(正)三浦 佳子(正)星野 友
CO2
Microchannel
Gas Diffusion
13-g1162
16:4017:00E224[部会賞] 最優秀学生発表賞・特別発表 : δ-MnO2を用いたCd除去機構に対する吸着法および共沈法の比較
(早大) ○(学)鈴木 滉平(学)川﨑 遥平(学)加藤 達也(正)所 千晴
Cadmium removal
delta-MnO2
Surface complexation
13-b996

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第84年会


(C) 2020 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第84年会 実行委員会
E-mail: inquiry-84awww3.scej.org