English page
SCEJ

化学工学会 第84年会

Last modified: 2019-03-12 11:30:00

講演プログラム(会場・日程別) : I会場

講演要旨は各講演番号からリンクしています。(要ID/PW)
閲覧に必要なID/PWは受付でお配りするプログラム集冊子の1ページに記載しているほか、
事前参加登録者・ご招待者には2月27日にメールでお知らせしています。詳細
HC-13, HC-17, K-1にプログラム変更があります。

I 会場(教室棟4階 407)

I 会場 ・ 第 1 日 | I 会場 ・ 第 2 日 | I 会場 ・ 第 3 日
10 安全 | HC-13 | 6,14 システム・情報・シミュレーション,広領域 | HC-16 | 1 基礎物性

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
I 会場(教室棟4階 407)第 1 日(3月13日(水))
10. 安全
(13:00~14:20) (座長 武田 和宏南川 忠男)
13:0013:20I113高反応性活性種の安全な調製と利用(1) -安定化次亜塩素酸水の新規製造装置とその応用-
(首都大/都立産技高専品川) ○(正)田村 健治(エナ) 阿久津 東眞
Hypochlorous Acid
pH Value
Effective Chlorine Concentration
10-h1145
13:2013:40I114高反応性活性種の安全な調製と利用(2) -四酸化二窒素ー二酸化窒素系を利用する新規気相滅菌装置の開発と応用-
(エナ) 阿久津 東眞(首都大/都立産技高専品川) ○(正)田村 健治
Gas Phase
Sterilization Equipment
N2O4-NO2 System
10-h1153
13:4014:00I115高反応性活性種の安全な調製と利用(3) -簡便・高濃度発生機構を採用した二酸化塩素による新規衛生管理製品の開発-
(ミラクス) 松岡 宏和秀島 しほり(首都大/都立産技高専品川) ○(正)田村 健治
Chlorine Dioxide
Deodorization Effect
Sterilization Effect
10-h1248
14:0014:20I116ジメチルスルホキシド(DMSO)の自触媒分解に関する研究
(カネカ) ○(法)出口 義国(日本リファイン) (法)河野 雅史(横国大院環情) (学)小泉 勇斗(正)伊里 友一朗(正)三宅 淳巳
Dimethyl Sulfoxide
Autocatalyst
Decomposition
10-h1446
HC-13 2018年度インターンシップ報告会
(15:00~16:50) (司会 阿比留 大作)
15:0015:10I119挨拶及び2018年度実施報告
(カネカ) (正·上技)吉見 智之
Internship
HC-1374
15:1015:50I120企業のインターンシップ活動報告
(東亞合成) (正)築城 利彦
Internship
HC-1365
I121企業のインターンシップ活動報告
(綜研化学) (法)中村 律子
Internship
HC-1366
15:5016:10I122受入企業メンターからの報告
(東洋エンジ) (法)中村 萌
Internship
HC-1367
16:1016:50I123学生成果発表
(早大院) (学)金子 健太郎
Internship
HC-1368
I124学生成果発表
(京工繊大院) (学)杉山 友亮
Internship
HC-1370
I125学生成果発表
(京工繊大院) (学)中尾 貴一
Internship
HC-1371
I126学生成果発表
(広大院工) (学)畑岡 直弥
Internship
HC-1372
I127学生成果発表
(群大院) (学)鈴木 彩佳
Internship
HC-1373
I 会場(教室棟4階 407)第 2 日(3月14日(木))
6,14 システム・情報・シミュレーション,広領域
(9:00~10:20) (座長 山下 善之金子 弘昌)
9:009:20I201連続生産を考慮した固形製剤製造プロセスの経済性評価
(東大院工) ○(学)松並 研作(第一三共) (法)田邉 修一(正)柳沼 啓太(東大院工) (正)杉山 弘和
Pharmaceuticals
Continuous manufacturing
Decision-making
6-b1176
9:209:40I202バイオ医薬品注射剤製造における装置技術選択のためのオンライン支援ツール
(東大院工) ○(学)白畑 春来新納 裕樹萩森 秀太(海)Badr Sara(正)杉山 弘和
pharmaceutical manufacturing
process design
single-use technology
6-b1217
9:4010:00I203Design and assessment of process alternatives for integrated monoclonal antibody production: Opportunities for continuous manufacturing
(東大院工) ○(海)Badr Sara(東大工) (学)岡村 梢(学)髙橋 望美(東大院工) (学)白畑 春来(正)杉山 弘和
Biopharmaceuticals
Continuous manufacturing
Process design
6-b1310
10:0010:20I204Development of a Fuzzy Inference and Emission Analitycs integrated approach for process technology evaluation
(Tohoku U.) ○(正)Guzman Alexander(正)Ouchi Kakeru(正)Fukushima Yasuhiro
Emission Analytics
Fuzzy Systems
Sustainability
6-b1261
(10:40~12:00) (座長 野田 賢松本 秀行)
10:4011:00I206スケジュールネットワークに分散するフロートの包括的評価
(宮崎大) ○(正)高塚 佳代子富田 旋高橋 尚己(日揮) (正)佐藤 知一(宮崎大) 岡崎 直宣
Schedule Network
Delay risk
Total Float
6-d1216
11:0011:20I207環境性と機能性を統合した多機能製品設計のためのアクティビティモデル
(東大院工) ○(学)横川 直毅長谷川 幹晃(正)天沢 逸里(正)杉山 弘和(正)平尾 雅彦
Sustainable design
Functionality enhancement
Activity modeling
6-g1144
11:2011:40I208タブレットを活用した教育研修への取り組み
(出光興産) ○(正)鶴島 真由美(法)近藤 藍子
tablet
ICT
engineering education
14-c52
11:4012:00I209新産業革命から企業変革へ
(アプソム) (正)小松 昭英
Industrial Revolution
Digital Transformation
Business Model
14-a126
HC-16 女性技術者フォーラム
(13:00~14:20) (司会 所 千晴)
13:0013:20I213[女性賞] 多様性、時々エタノール
(JXTGエネルギー) (法)大野 真美
The SCEJ Award for Outstanding Women's Activity
HC-161499
13:2013:40I214[女性賞] 女性ならではの視点を生かしたマイクロリアクタシステムの開発
(日立製作所) (正)浅野 由花子
The SCEJ Award for Outstanding Women's Activity
HC-161498
13:4014:20I215[招待講演] 芝浦工業大学の男女共同参画推進への取組みと私の医療安全への取組み
(芝浦工大) 大倉 典子
medical safety
HC-1644
14:2014:40休憩
(14:40~15:20) (司会 大河内 美奈)
14:4015:00I218[依頼講演] 未来の化学工場を考えるプロセスの設計
(神戸大院工) ○祗園 景子鶴田 宏樹(カネカ) (正·上技)上田 正博(正)植田 貴志(正·上技)神田 彰久(神戸大院工) (正)大村 直人
forecasting
innovation thinking
divergent and convergent thinking
HC-161254
15:0015:20I219[依頼講演] フローリアクターを用いた医薬品製造設備の導入事例
(カネカ) ○(正)小笹 詩織(正)豊田 倶透(法)大石 孝洋(法)安河内 宏昭
Flow Reactor
Continuous reactor
Process Intensification
HC-161073
(15:20~16:20) (司会 野村 幹弘)
15:2015:40I220[依頼講演] マイクロバブルの溶解収縮と材料合成への応用
(慶應大) (正)藤岡 沙都子
micro bubble
dissolution
HC-161334
15:4016:00I221[依頼講演] マイクロ流動場の流動制御 ― マイクロ流路を利用した粘弾性流体の流動特性評価とダブルエマルションの創成 ―
(神戸大院工) (正)日出間 るり
Microfluidics
Elastic Instability
Flow Focusing
HC-16149
16:0016:20I222[依頼講演] 有機-無機ペロブスカイト化合物の機能化と構造制御
(上智大) 竹岡 裕子
organic-inorganic hybrid
perovskite
layered structure
HC-1669
I 会場(教室棟4階 407)第 3 日(3月15日(金))
1. 基礎物性
(9:00~10:20) (座長 佐藤 善之山口 徹)
9:009:20I301Thermodynamic modeling of Hydrogen+Toluene+Methyl-cyclohexane(MCH) system for MCH synthesis process design and optimization
(富山県大工) 坂下 聖也(正)宮本 泰行(マレーシア工大) 頼 嘉欣陳 蓮詩(正)辻 智也(応用物性研) (正)大場 茂夫
Hydrogen carrier
Equation of state
Process modeling
1-a1037
9:209:40I302多重定常状態での操作による反応蒸留プロセスの省エネルギー化検討
(産総研) ○(正)山木 雄大(山形大院理工/産総研) (正)松田 圭悟(KMITL) (正)Duangkamol Na-Ranong(東工大) (正)松本 秀行(応用物性研) (正)大場 茂夫
Reactive distillation process
Multiple steady state
Energy consumption
1-a1337
9:4010:00I303VLE measurement and Thermodynamic modeling of ETBE+Ethanol+TBA system for ETBE process design and Evaluation
(応用物性研) ○(正)大場 茂夫(日大生産工) (学)前田 若奈(正)佐藤 敏幸(正)日秋 俊彦(山形大理工) (正)松田 圭悟
ETBE
VLE
Process Synthesis
1-a1447
10:0010:20I304原料酸化物の結晶性を制御したLi(Ni, Mn, Co)O2正極材料の生成反応と電気化学特性について
(住友金属鉱山) ○(法)中村 拓真(法)金田 治輝(法)安藤 孝晃(法)小鹿 裕希(法)永田 浩章(法)金子 勲
Cathode
Generating reaction
Electrochemical Characteristics
1-b1098
(10:40~12:00) (座長 宮本 泰行中村 拓真)
10:4011:00I306ハロゲン化オニウム塩とカルボン酸からなる深共融溶媒のCO2吸収特性
(日大院工) (学)谷口 彩夏(学)渡邊 正輝(日大工) 山森 稚大(正)児玉 大輔(産総研) (正)牧野 貴至(正)金久保 光央
deep eutectic solvent
CO2 solubility
saturated density
1-a1124
11:0011:20I307理論計算と反応速度論によるピペラジン-CO2系の濃度及びpH追跡
(TSテクノロジー) ○(正)山口 徹(RITE) (正)山田 秀尚(TSテクノロジー) 眞田 昭平(山口大院創科) 堀 憲次
Chemical Kinetics
Quantum Mechanics
CO2
1-a1223
11:2011:40I308CO2吸収プロセス設計のための[P2225][TFSA]熱力学的モデリング
(応用物性研) (正)大場 茂夫(日大院工) (学)渡邊 正輝(日大工) ○(正)児玉 大輔(産総研) (正)牧野 貴至(正)金久保 光央(日本化学工業) (法)濱西 恵里
ionic liquid
CCUS
PC-SAFT
1-e1093
11:4012:00I309テトラメチルジアミノアルカン-水-CO2系の液液相分離機構に関する研究
(RITE) ○(正)山田 秀尚(正)沼口 遼平Firoz A. Chowdhury(正)山本 信(正)後藤 和也(新日鐵住金) 松崎 洋市
Amine
CO2
Hydrophobic Hydration
1-a1288
(13:00~14:40) (座長 下山 裕介大場 茂夫)
13:0013:20I313Preferential solvation viscosity model for binary mixtures having specific interactions
(Tohoku U.) ○(海)Duereh Alif(正)Sato Yoshiyuki(正)Smith Jr Richard Lee(正)Inomata Hiroshi
Physical properties
viscosity model
solvent environment
1-a31
13:2013:40I314イオン液体の輸送特性解析に最適化した分子動力学モデルの開発
(阪大院基工) ○(正)石井 良樹(正)石塚 良介(正)松林 伸幸
molecular dynamics
transport property
ionic liquids
1-a1336
13:4014:00I315過剰自由エネルギーモデルによる輸送物性の相関と推算 ―動粘度、熱伝導率―
(日大理工) ○(正)栃木 勝己(正)松田 弘幸(正)栗原 清文(中央大理工) (正)船造 俊孝(GNA U.) Rattan V. K.
Kinematic Viscosities
Thermal Conductivities
Excess Free Energy Model
1-a217
14:0014:20I316新しい活量係数モデルのグループ寄与法への適用
(九大院工) ○(正)岩井 芳夫(学)櫻田 裕次郎
activity coefficient
new model
group contribution method
1-a986
14:2014:40I317結晶多形をもつ医薬品の溶解度の溶媒依存性
(産総研) ○(正)竹林 良浩(正)陶 究(正)古屋 武(正)依田 智
solubility
crystal polymorph
pharmaceutical drugs
1-a1024
(15:00~16:40) (座長 児玉 大輔竹林 良浩)
15:0015:20I319沸点データによる蒸気圧の推算法
(東理大理) (正)大江 修造
vapor pressure
prediction
pure substancd
1-a1139
15:2015:40I320無極性物質から成る系の物性推算
(法政大理工) (正)西海 英雄
prediction of properties
non-polar substances
binary interaction parameter
1-a1086
15:4016:00I321ガス膨張液体用粘度計の開発とCO2+メタノール系の粘度・密度・沸点圧力の測定
(東北大院工) ○(正)佐藤 善之(学·技基)米山 知里(正)猪股 宏
rolling ball viscometer
synthetic method
CO2 expanded liquid
1-a46
16:0016:20I322超臨界流体に適用可能な精度と効率を兼備した第一原理分子動力学計算:有効フラグメントポテンシャル-分子動力学計算
(お茶大) ○(学)黒木 菜保子(正)森 寛敏
supercritical fluid
ab initio molecular dynamics
transport property
1-a1371
16:2016:40I323CO2応答によるDBU/アルコール系の溶媒極性の測定と推算手法の提案
(東工大物質理工) ○(正)下山 裕介(学)Hao Yingquan
polarity
CO2-activated system
molecular information
1-e1429

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第84年会


(C) 2020 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第84年会 実行委員会
E-mail: inquiry-84awww3.scej.org