English page
SCEJ

化学工学会 第84年会

Last modified: 2019-03-12 11:30:00

講演プログラム(セッション別) : HC-12

講演要旨は各講演番号からリンクしています。(要ID/PW)
閲覧に必要なID/PWは受付でお配りするプログラム集冊子の1ページに記載しているほか、
事前参加登録者・ご招待者には2月27日にメールでお知らせしています。詳細
HC-13, HC-17, K-1にプログラム変更があります。

HC-12 「社会実装学研究会」~社会実装への化学工学の挑戦~

オーガナイザー:中川 究也(京都大学)松本 泰正(花王)

化学工業と関わる膨大な研究開発の成果は,要素技術として多かれ少なかれ産業へと実装されてきました.近年,第四の産業革命を目指す動きが世界的に見られる中,より俯瞰的な視点をもって新たなイニシアティブを立ち上げるのは化学工学者であると信じます.急激な社会の変化は,より複雑な要請を科学技術に求めます.製造と関わる課題は多元的かつマルチスケールとなり,製品に求められる価値,機能,品質は個別的かつ曖昧です.技術の善し悪しの判断を単視眼的に下すことの意義は薄れ,それを享受する社会や個人の特性を見て決めることの重要性が増してくるでしょう.本シンポジウムでは,「社会実装学」という,「技術を社会に実装するための新しい学問領域」を化学工学に加えるための議論を行います.一般講演を広く募集し,技術を社会に実装するためのヒントとなる研究成果,事例,コンセプトの発表の場を設けます.

C 会場 ・ 第 2 日

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
C 会場(教室棟3階 303)第 2 日(3月14日(木))
(9:00~10:20) (司会 福島 康裕)
9:009:40C201[基調講演] 化学工学における社会実装学研究課題の構造
(農工大) (正)堀尾 正靱
technology
STS
implementation
HC-121088
9:4010:20C203[招待講演] 革新的バイオエタノール生産技術の開発と社会実装
(アサヒグループHD) (正)小原 聡
bioethanol
HC-121506
(10:20~12:00) (司会 松本 泰正小原 聡)
10:2010:40C205低温改質におけるプロセス設計と酸素キャリア開発の統合
(東大総プロ) ○(正)清水 輝之(東北大院工) (学)大内 翔(正)Urbina Alexander Guzman(正)福島 康裕(東北大WPI) (正)横 哲(東北大NICHe) (正)成 基明(東北大多元研) (正)笘居 高明(東北大WPI) (正)阿尻 雅文(東大国際研) (正·修習)菊池 康紀
steam reforming
chemical looping
process design
HC-121118
10:4011:00C206高熱交換性プレート型反応器のバイオガス発電への応用可能性
(産総研) ○(正)福田 貴史(東北大院工) (正)陳 怡靜(正)大野 肇(正)福島 康裕(産総研) 山口 十志明原田 亮宮沢 哲
biogas generation
techno-economics
plate reactor
HC-121311
11:0011:20C207カーボンナノチューブの化学気相合成の環境影響評価:基板法と流動層法
(Waseda U.) ○(海)Teah Heng Yi(学)Sato Toshihiro(学)Namiki Katsuya(学)Asaka Mayu(学)Feng Kaisheng(正)Noda Suguru
Carbon Nanotube
Life Cycle Assessment
CVD Synthesis
HC-121022
11:2012:00C208[招待講演] バイオマス小規模熱電併給装置、地方導入の実際と技術的課題
(中外炉工業) 笹内 謙一
biomass
gasification
HC-121507
(13:00~15:00) (司会 中川 究也兼松 祐一郎)
13:0013:40C213[招待講演] 未活用化学技術のビジネス化に向けた挑戦
(日本材料技研) 浦田 興優
chemical technology
patent
HC-121505
13:4014:20C215[招待講演] 電力広域的運営推進機関の取り組みとこれからの電力システム改革について
(電力広域機関) 山次 北斗
electricity
management
HC-121504
14:2014:40C217技術の社会実装に向けた地域資源活用ワークショップ ~置賜、県北岩手での事例~
(東大総括プロ) ○(正)兼松 祐一郎五十嵐 悠(正)清水 輝之(東大国際研/ADL Japan) 鈴木 香菜(東大院工) (学)山木 亜由美(学)佐孝 成寿(東大院工/東大総括プロ) (正)大久保 達也(東大国際研/東大総括プロ/東大院工) (正·修習)菊池 康紀
Co-learning
Scenario planning
Network of networks
HC-121412
14:4015:00C218社会実装学研究会の活動状況
(東北大院工) (正)福島 康裕
technology implementation
activity report
HC-121472
(15:00~17:00)
15:0017:00APCChE-UNIDO参加型トライアルワークショップ

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第84年会


(C) 2020 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第84年会 実行委員会
E-mail: inquiry-84awww3.scej.org