English page
SCEJ

化学工学会 第84年会

Last modified: 2019-03-12 11:30:00

講演プログラム(会場・日程別) : G会場

講演要旨は各講演番号からリンクしています。(要ID/PW)
閲覧に必要なID/PWは受付でお配りするプログラム集冊子の1ページに記載しているほか、
事前参加登録者・ご招待者には2月27日にメールでお知らせしています。詳細
HC-13, HC-17, K-1にプログラム変更があります。

G 会場(教室棟4階 405)

G 会場 ・ 第 1 日 | G 会場 ・ 第 2 日 | G 会場 ・ 第 3 日
7 バイオ | 12 材料・界面 | 7 バイオ | 12 材料・界面

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
G 会場(教室棟4階 405)第 1 日(3月13日(水))
7. バイオ
(13:00~13:40) (座長 馬越 大星野 友)
13:0013:20G113悪性胸膜中皮腫治療のためのペメトレキセド修飾ヒアルロン酸の開発
(東大院工) ○(学)天野 由貴(東大院医) (正)太田 誠一(阪大院医) 佐倉 千萬(東大院工/東大院医) (正)伊藤 大知
hyaluronan
anti-cancer
drug conjugate
7-e1242
13:2013:40G114Development of intranasal vaccination using Solid-in-Oil technology
(九大院工) ○(学)Kong Qingliang北岡 桃子(正)田原 義朗(正)若林 里衣(正)神谷 典穂(正)後藤 雅宏
Intranasal vaccination
Drug delivery system
Nanodispersions
7-e1459
(13:40~14:40) (座長 若林 里衣太田 誠一)
13:4014:00G115連続生産を考慮したモノクローナル抗体製造プロセスのシミュレーションと評価
(東大院工) ○(正)杉山 弘和(東大工) (学)岡村 梢(学)髙橋 望美(東大院工) (学)白畑 春来(海)Badr Sara
Biopharmaceuticals
Process simulation
CHO cells
7-e1470
14:0014:20G116モチーフ改変受容体を用いた造血幹細胞増殖シグナルの解明
(東大院工) ○(正)河原 正浩石塚 周太坂 晃一郎
chimeric receptor
signal transduction
motif engineering
7-e124
14:2014:40G117断片化マイクロコラーゲンファイバーを導入した肝細胞スフェロイド培養の肝機能への効果
(千葉大院工) ○(正)鵜頭 理恵榎本 紗希子(千葉大工) 山中 啓吾(千葉大院工) (正)山田 真澄(正)関 実
collagen
tissue engineering
microfluidics
7-e1052
(15:00~16:20) (座長 河原 正浩)
15:0015:20G119おから繊維の亜臨界による爆砕
(海洋大海洋科) (正)江﨑 光雄
okara
subcriticality
Pulverization
7-h1308
15:2015:40G120マイクロ流路透析による高濃度タンパク質リフォールディング
(農工大) ○(正)大橋 秀伯(技基)加藤 葵
protein
refolding
7-c1478
15:4016:00G121脂質膜内での電気泳動法に関する研究
(阪大院基工) ○(正)岡本 行広西野 遼(阪大データ) 新岡 宏彦(阪大院基工) (正)菅 恵嗣(正)馬越 大
Supported lipid bilayer
Electrophoresis
Lateral molecular interaction
7-c134
16:0016:20G122金属メッシュデバイスを用いた血球通過・捕獲挙動の検討
(九大院工) ○(正)安藝 翔馬(村田製作所) (法)神波 誠治(九大院工) (学)延廣 一樹田口 裕貴(正)星野 友(正)三浦 佳子
Cell separation
Microfluidic device
Membrane separation
7-c1437
G 会場(教室棟4階 405)第 2 日(3月14日(木))
12. 材料・界面
(9:00~10:00) (座長 辻 佳子小池 修)
9:009:20G201ゲル化瞬間の巨視的流動性の消失過程のその場観察
(福島高専) ○(正)車田 研一大滝 慶小野 玲史植 英規(釧路高専) (正)佐藤 潤
in situ observation
vanishing megascopic flowability
gelation
12-e26
9:209:40G202イオン性高分子ゲルを用いた硫化銅ナノ粒子の作製
(広大院工) ○(正)後藤 健彦(学·技基)木村 嘉樹(正)飯澤 孝司(正)中井 智司
hydrogel
Copper sulfide
nanoparticle
12-e965
9:4010:00G203超分子ゲル化剤のin-situ合成によるエマルション界面の安定化と融合制御
(神戸大院工) ○(正)丸山 達生西田 雄貴田中 暁子(学)山本 翔太(学)冨永 雄大
supramolecular hydrogel
emulsion
peptide
12-e1188
(10:00~10:20) (司会 塩井 章久)
10:0010:20G204[研究奨励賞] Cubosomalゲルの作製・評価方法の開発とその応用に関する研究
(阪大院基工) (正)菅 恵嗣
The SCEJ Award for Outstanding Young Researcher
0-c1495
(10:40~11:00) (座長 後藤 健彦丸山 達生)
10:4011:00G206部分発達シリカ粒子ネットワークを有するイオン液体含有高強度無機/有機ハイブリッドネットワークゲルの開発
(神戸大院工/先端膜工学セ) ○(学)安井 知己(正)神尾 英治(正)松山 秀人
Ionic liquid
Tough gel
Inorganic/organic hybrid
12-e1299
(11:00~11:20) (司会 庄野 厚)
11:0011:20G207[研究奨励賞] 有機燃料で駆動する触媒粒子マイクロモーターの研究
(同志社大理工) (正)山本 大吾
The SCEJ Award for Outstanding Young Researcher
0-c1496
(11:20~12:00) (座長 後藤 健彦丸山 達生)
11:2011:40G208ナノフルイドが誘起する特異な相互作用力とコロイド自己集積現象
(京大院工) ○(学·技基)新井 希(正)渡邉 哲(正)宮原 稔
Self-assembly
Nanofluid
Atomic Force Microscope
12-a1279
11:4012:00G209微粉体層への液相浸透挙動の数値解析
(PIA) ○(正)小池 修(東大環安セ) (正)辰巳 怜(PIA) (正)山口 由岐夫
liquid penetration
fine powder bed
multiphase simulation
12-a34
7. バイオ
(13:00~14:00) (司会 大政 健史後藤 雅宏)
13:0013:20G213[研究賞] 医薬・医療応用のための細胞・組織工学技術の開発に関する研究
(九大院工) (正)上平 正道
The SCEJ Award for Outstanding Research Achievement
0-b1491
13:2013:40G214[研究賞] 生体触媒を利用した生体分子工学に関する研究
(九大院工) (正)神谷 典穂
The SCEJ Award for Outstanding Research Achievement
0-b1492
13:4014:00G215[研究奨励賞] 粒子形状による生体との相互作用制御を志向した新規医用微粒子の開発
(東大院医) (正)太田 誠一
The SCEJ Award for Outstanding Young Researcher
0-c1493
(14:00~14:40) (座長 井藤 彰山口 哲志)
14:0014:20G216グラフェンを利用したオープンサンドイッチ免疫測定法による低分子抗原の高感度検出
(阪大産研) 金井 康(東工大化生研) ○(正)大室 有紀(阪大産研) 谷奥 正巳(村田製作所) (法)牛場 翔太(阪大産研) 小野 堯生井上 恒一(村田製作所) (法)木村 雅彦(阪大産研) 松本 和彦(東工大化生研) (正)上田 宏
immunoassay
Open-sandwich ELISA
graphene FET
7-i935
14:2014:40G217膜細孔内への溶液透過を利用した迅速・簡便なイムノアッセイ
(東工大化生研) ○(学)奥山 浩人(正)大柴 雄平(正)山口 猛央
immunoassay
track-etched membrane
solution permeation
7-i1339
(15:00~16:00) (座長 大橋 秀伯)
15:0015:20G219難水溶性薬物の担体となるヒスチジン含有短鎖ペプチドの開発と調節因子の添加効果
(宮崎大工) ○(正)大島 達也(学)櫻井 優樹(神戸大工) (正·技基)稲田 飛鳥
peptide
poorly water soluble drug
solubility
7-a109
15:2015:40G220機械学習支援によるタンパク質進化工学検証:GFPからYFPへ
(東北大院工) 及川 未早来(産総研人工知能) 齋藤 裕亀田 倫史(東北大院工) ○(正)中澤 光二井手 哲平(東大院新領域/理研革新知能) 津田 宏治(東北大院工/理研革新知能) (正)梅津 光央
evolution
fluorescent protein
Machine-learning
7-a1418
15:4016:00G221Development of a digital immunodetection system using an artificial cell-based biosensor
(東工大) ○(学)蘇 九龍(A*STAR) Beh Cyrus(東工大) 北口 哲也(正)大室 有紀(A*STAR) Seah TheresaHoon Shawn(東工大) (正)上田 宏
Biosensor
Immunoassay
beta-glucuronidase
7-a1179
(16:00~17:00) (座長 山田 真澄熊田 陽一)
16:0016:20G222相変化ナノ液滴を用いた細胞質内タンパク質デリバリー技術の開発
(東大先端研) ○(正)山口 哲志(東大院工) 木坂 美穂石島 歩(東大院医) 東 隆(東大先端研) 柴崎 芳一(東大院工) 佐久間 一郎(東大先端研) 岡本 晃充
Protein delivery
Ultrasound
Endosomal release
7-a1405
16:2016:40G223生産性向上を目指した医薬品抗体生産細胞における分泌過程解析
(阪大院工) ○(学)兼吉 航平黒田 昂輝(正)山野-足立 範子(徳島大院社会産業理工) (正)鬼塚 正義(阪大院工) 古賀 雄一(徳島大疾患酵素学研究セ) 内山 圭司(阪大院工) (正)大政 健史
Therapeutic antibody
CHO cell
Protein secretion process
7-a1393
16:4017:00G224細胞操作のための光スイッチング型細胞固定化剤の開発
(東大先端研) ○(正)山口 哲志(東大院工) 泉田 森(東大先端研) 岡本 晃充
Cell manipulation
PEG-lipid
spiropyran
7-a1394
G 会場(教室棟4階 405)第 3 日(3月15日(金))
(10:40~12:00) (座長 上田 宏)
10:4011:00G306代謝均等分解サイクルのReLU応答の解析
(九工大情工) (正)倉田 博之
systems biology
design principle
7-f5
11:0011:20G307オプトジェネティックスイッチによる代謝フラックス制御技術の開発
(阪大工) Tandar Sebastian Tommi(阪大情) (学)妹尾 幸枝(正)戸谷 吉博(正)清水 浩
optogenetic switch
metabolic flux
Escherichia coli
7-f1442
11:2011:40G308共培養による大腸菌フロック内への酵母の取込み
(阪市大院工) ○(正·修習)尾島 由紘大塚 未音本間 裕章(正)東 雅之
Escherichia coli
floc formation
Saccharomyces cerevisiae
7-b186
11:4012:00G309多価不飽和リン脂質ベシクルの特性を利用した酵素反応の制御
(山口大院創成) ○(正)吉本 誠(学)長友 尚之
Polyunsaturated lipids
Vesicles
Enzyme Reactions
7-b1378
12. 材料・界面
(13:00~14:40) (座長 久保 優安田 啓司)
13:0013:20G313膜乳化法を用いた水性二相液滴の調製
(工学院大先進工) ○(正)赤松 憲樹栗田 利絵子小林 輝紀佐藤 大知(正)中尾 真一
Aqueous two-phase system
Membrane emulsification
Osmotic pressure
12-b1402
13:2013:40G314糖固定化ポリマー粒子形成過程における疎水性蛍光色素の取り込み
(茨城大院理工) ○(正)山内 紀子(茨城大工) 谷田部 里紗(茨城大院理工) (学)飯野 春菜(福島高専) 尾形 慎(茨城大院理工) (正)小林 芳男
sugar-immobilized polymer particle
fluorescent dye
one-pot formation
12-c1384
13:4014:00G315シルセスキオキサンを用いた外部刺激応答能を有する機能性ナノ粒子の創製
(九大院工) ○(正)松根 英樹(学)小野 智也(正)山本 剛(正)岸田 昌浩
silsesquioxane
anticancer drug
stimuli-responsive nanoparticle
12-c1387
14:0014:20G316Synthesis of pH/redox dual-responsive polylactide cross-linked micelles with a targeting ability for anticancer drug delivery
(YunTech) ○Chen Chih-kuangLin Zheng-IanLi You-Ting(Feng-Chia U.) Huang Ping-KuanLu Chien-Hou
polylactide
drug delivery
cancer
12-c1315
14:2014:40G317シリカ粒子の溶血作用のメカニズム解明
(福岡大工) 熊谷 理奈(学)増田 優太久保 幸毅東 将大(広大院工) (正)深澤 智典(福岡大工) (正)廣橋 由美子(正)瀬戸 弘一(正)新戸 浩幸
Red blood cells
Silica nanoparticles
Hemolysis
12-d1131
(15:00~17:00) (座長 赤松 憲樹新戸 浩幸)
15:0015:20G319超音波パルス波とウルトラファインバブルによる粒子径を制御した金ナノ粒子の合成
(名大院工) ○(正)安田 啓司(学)佐藤 智史(本多電子) (正)朝倉 義幸
Gold nanoparticle
Ultrasound
Ultrafinebubble
12-d1130
15:2015:40G320液滴界面を鋳型とした無電解めっきによる金属マイクロカプセルの調製
(岡山大院自) ○(学)恒吉 俊彦(正)渡邉 貴一(正)小野 努
Metal microcapsules
Electroless-plating
Particle adsorption
12-f1401
15:4016:00G321低温成形性ブロック共重合体の生分解性挙動
(九大I2CNER) ○(正)谷口 育雄(九大統合新領域) Nguyen Thao
block copolymer
low-temperature processing
pressure-induced phase transition
12-j4
16:0016:20G322トップダウン法による希土類含有金属間化合物ナノ微粒子の合成とアンモニア合成への応用
(東大院工) ○(正)小林 靖和(東工大) 魯 楊帆李 江叶 天南笹瀬 雅人北野 政明細野 秀雄
Laser ablation
Flash evaporation
intermetallic compound
12-d995
16:2016:40G323アーク放電によって合成するカーボンナノホーンの構造と特性
(西安交通大) ○(海)南 艳丽(京大院工) (正)佐野 紀彰
carbon nanohorn
arc discharge
nanoparticle
12-d1091
16:4017:00G324Niバリア層の形成によるAgコートCu粉の特性向上について
(住友金属鉱山) ○(法)山岡 尚樹(法)村上 明弘(法)石田 栄治(法)高畠 敏伸(法)岡田 浩(法)松村 吉章(法)行延 雅也
Ag-coated Cu powder
electrical resistivity
diffusion barrier
12-c175

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第84年会


(C) 2020 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第84年会 実行委員会
E-mail: inquiry-84awww3.scej.org