English page
SCEJ

化学工学会 第84年会

Last modified: 2019-03-12 11:30:00

講演プログラム(セッション別) : 1. 基礎物性

講演要旨は各講演番号からリンクしています。(要ID/PW)
閲覧に必要なID/PWは受付でお配りするプログラム集冊子の1ページに記載しているほか、
事前参加登録者・ご招待者には2月27日にメールでお知らせしています。詳細
HC-13, HC-17, K-1にプログラム変更があります。

1. 基礎物性

I 会場 ・ 第 3 日

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
I 会場(教室棟4階 407)第 3 日(3月15日(金))
(9:00~10:20) (座長 佐藤 善之山口 徹)
9:009:20I301Thermodynamic modeling of Hydrogen+Toluene+Methyl-cyclohexane(MCH) system for MCH synthesis process design and optimization
(富山県大工) 坂下 聖也(正)宮本 泰行(マレーシア工大) 頼 嘉欣陳 蓮詩(正)辻 智也(応用物性研) (正)大場 茂夫
Hydrogen carrier
Equation of state
Process modeling
1-a1037
9:209:40I302多重定常状態での操作による反応蒸留プロセスの省エネルギー化検討
(産総研) ○(正)山木 雄大(山形大院理工/産総研) (正)松田 圭悟(KMITL) (正)Duangkamol Na-Ranong(東工大) (正)松本 秀行(応用物性研) (正)大場 茂夫
Reactive distillation process
Multiple steady state
Energy consumption
1-a1337
9:4010:00I303VLE measurement and Thermodynamic modeling of ETBE+Ethanol+TBA system for ETBE process design and Evaluation
(応用物性研) ○(正)大場 茂夫(日大生産工) (学)前田 若奈(正)佐藤 敏幸(正)日秋 俊彦(山形大理工) (正)松田 圭悟
ETBE
VLE
Process Synthesis
1-a1447
10:0010:20I304原料酸化物の結晶性を制御したLi(Ni, Mn, Co)O2正極材料の生成反応と電気化学特性について
(住友金属鉱山) ○(法)中村 拓真(法)金田 治輝(法)安藤 孝晃(法)小鹿 裕希(法)永田 浩章(法)金子 勲
Cathode
Generating reaction
Electrochemical Characteristics
1-b1098
(10:40~12:00) (座長 宮本 泰行中村 拓真)
10:4011:00I306ハロゲン化オニウム塩とカルボン酸からなる深共融溶媒のCO2吸収特性
(日大院工) (学)谷口 彩夏(学)渡邊 正輝(日大工) 山森 稚大(正)児玉 大輔(産総研) (正)牧野 貴至(正)金久保 光央
deep eutectic solvent
CO2 solubility
saturated density
1-a1124
11:0011:20I307理論計算と反応速度論によるピペラジン-CO2系の濃度及びpH追跡
(TSテクノロジー) ○(正)山口 徹(RITE) (正)山田 秀尚(TSテクノロジー) 眞田 昭平(山口大院創科) 堀 憲次
Chemical Kinetics
Quantum Mechanics
CO2
1-a1223
11:2011:40I308CO2吸収プロセス設計のための[P2225][TFSA]熱力学的モデリング
(応用物性研) (正)大場 茂夫(日大院工) (学)渡邊 正輝(日大工) ○(正)児玉 大輔(産総研) (正)牧野 貴至(正)金久保 光央(日本化学工業) (法)濱西 恵里
ionic liquid
CCUS
PC-SAFT
1-e1093
11:4012:00I309テトラメチルジアミノアルカン-水-CO2系の液液相分離機構に関する研究
(RITE) ○(正)山田 秀尚(正)沼口 遼平Firoz A. Chowdhury(正)山本 信(正)後藤 和也(新日鐵住金) 松崎 洋市
Amine
CO2
Hydrophobic Hydration
1-a1288
(13:00~14:40) (座長 下山 裕介大場 茂夫)
13:0013:20I313Preferential solvation viscosity model for binary mixtures having specific interactions
(Tohoku U.) ○(海)Duereh Alif(正)Sato Yoshiyuki(正)Smith Jr Richard Lee(正)Inomata Hiroshi
Physical properties
viscosity model
solvent environment
1-a31
13:2013:40I314イオン液体の輸送特性解析に最適化した分子動力学モデルの開発
(阪大院基工) ○(正)石井 良樹(正)石塚 良介(正)松林 伸幸
molecular dynamics
transport property
ionic liquids
1-a1336
13:4014:00I315過剰自由エネルギーモデルによる輸送物性の相関と推算 ―動粘度、熱伝導率―
(日大理工) ○(正)栃木 勝己(正)松田 弘幸(正)栗原 清文(中央大理工) (正)船造 俊孝(GNA U.) Rattan V. K.
Kinematic Viscosities
Thermal Conductivities
Excess Free Energy Model
1-a217
14:0014:20I316新しい活量係数モデルのグループ寄与法への適用
(九大院工) ○(正)岩井 芳夫(学)櫻田 裕次郎
activity coefficient
new model
group contribution method
1-a986
14:2014:40I317結晶多形をもつ医薬品の溶解度の溶媒依存性
(産総研) ○(正)竹林 良浩(正)陶 究(正)古屋 武(正)依田 智
solubility
crystal polymorph
pharmaceutical drugs
1-a1024
(15:00~16:40) (座長 児玉 大輔竹林 良浩)
15:0015:20I319沸点データによる蒸気圧の推算法
(東理大理) (正)大江 修造
vapor pressure
prediction
pure substancd
1-a1139
15:2015:40I320無極性物質から成る系の物性推算
(法政大理工) (正)西海 英雄
prediction of properties
non-polar substances
binary interaction parameter
1-a1086
15:4016:00I321ガス膨張液体用粘度計の開発とCO2+メタノール系の粘度・密度・沸点圧力の測定
(東北大院工) ○(正)佐藤 善之(学·技基)米山 知里(正)猪股 宏
rolling ball viscometer
synthetic method
CO2 expanded liquid
1-a46
16:0016:20I322超臨界流体に適用可能な精度と効率を兼備した第一原理分子動力学計算:有効フラグメントポテンシャル-分子動力学計算
(お茶大) ○(学)黒木 菜保子(正)森 寛敏
supercritical fluid
ab initio molecular dynamics
transport property
1-a1371
16:2016:40I323CO2応答によるDBU/アルコール系の溶媒極性の測定と推算手法の提案
(東工大物質理工) ○(正)下山 裕介(学)Hao Yingquan
polarity
CO2-activated system
molecular information
1-e1429

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第84年会


(C) 2020 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第84年会 実行委員会
E-mail: inquiry-84awww3.scej.org