English page
SCEJ

化学工学会 第84年会

Last modified: 2019-03-12 11:30:00

講演プログラム(セッション別) : SS-6

講演要旨は各講演番号からリンクしています。(要ID/PW)
閲覧に必要なID/PWは受付でお配りするプログラム集冊子の1ページに記載しているほか、
事前参加登録者・ご招待者には2月27日にメールでお知らせしています。詳細
HC-13, HC-17, K-1にプログラム変更があります。

SS-6 未来社会を見据えた現場力向上のための新技術の活用と人材育成

オーガナイザー:佐藤 隆((公社)化学工学会)

化学工学が担う「ものづくり現場」では、「現場の課題を解決できる実学を身につけた人材育成」が急務となっています。プラント運転や工場の設備設計、設備メンテナンス、安全確保や保全活動の観点から、化学プロセスや設備全体を把握して、新技術に着目して活用し、改善に結びつける技術者、管理者の育成が急務となっています。また熟練技術者の「経験知の活用」や「技術・知識の伝承」も課題となっています。本セッションでは、これらの課題解決のヒントとなる、各社における対応事例や実績を紹介致します。

B 会場 ・ 第 3 日

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
B 会場(教室棟3階 302)第 3 日(3月15日(金))
10:3510:40挨拶
(SCE・Net) (正)川瀬 進
(10:40~12:00) (司会 上田 正博)
10:4011:20B306[招待講演] センサ技術によるスマート生産活動への貢献と未来へのイノベーション
(横河ソリューションサービス) (法)山下 俊也
Sensor
Smart-manufacturing
Industrial IoT
SS-6100
11:2012:00B308[招待講演] 漏洩ガスの早期検知によるプラント安全管理支援
(千代田化工建設) (法)日置 輝夫
Infrared imaging camera
Gas cloud trajectory
Early Detection
SS-692
(13:00~14:20) (司会 横山 哲夫)
13:0013:40B313[招待講演] AIを利用したデータ解析によるプラントの生産性向上への取組み
(日揮) (正·上技)大野 拓也
AI
Plant Data Analysis
Engineering
SS-694
13:4014:20B315[招待講演] 人協働型ロボット・システムが切り拓く生産性改革
(川崎重工業) (法)長谷川 省吾
collaborate
skill
innovation
SS-699
(14:20~15:40) (司会 山本 一己)
14:2015:00B317[招待講演] 運転訓練シミュレータを活用した技能伝承について
(カネカ) (正)浅井 洋介
Operation Training Simulator
Human Resource Development
Safety
SS-6101
15:0015:40B319[招待講演] OSHA PSM から「リスクに基づくプロセス安全」へ
(事故分析・コミュニケーション研) (正)竹内 亮
OSHA PSM
RBPS
Process Safety
SS-691

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第84年会


(C) 2020 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第84年会 実行委員会
E-mail: inquiry-84awww3.scej.org