English page
SCEJ

化学工学会 第84年会

Last modified: 2019-03-12 11:30:00

講演プログラム(会場・日程別) : H会場

講演要旨は各講演番号からリンクしています。(要ID/PW)
閲覧に必要なID/PWは受付でお配りするプログラム集冊子の1ページに記載しているほか、
事前参加登録者・ご招待者には2月27日にメールでお知らせしています。詳細
HC-13, HC-17, K-1にプログラム変更があります。

H 会場(教室棟4階 406)

H 会場 ・ 第 1 日 | H 会場 ・ 第 2 日 | H 会場 ・ 第 3 日
12 材料・界面 | 8 超臨界流体 | 3 熱工学 | 12 材料・界面

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
H 会場(教室棟4階 406)第 1 日(3月13日(水))
12. 材料・界面
(13:00~14:40) (座長 後藤 宗治西山 憲和)
13:0013:20H113二軸押出機における脱揮挙動の定量評価とシミュレーション
(金沢大理工) ○(正)瀧 健太郎梅本 翔小幡 祐也(東芝機械) 尾原 正俊(HASL) 谷藤 眞一郎
Twin screw extruder
devolatilization
toluene
2-b21
13:2013:40H114中性子CTによるCu-Co合金の三次元相分離構造の観察および相分離構造-融体内対流の相関
(東北大院工) ○(正)庄司 衛太(学·技基)磯谷 祥世(東北大工) (学)鈴木 陸人(東北大院工) (正)久保 正樹(正)塚田 隆夫(原子力機構) 甲斐 哲也篠原 武尚(CROSS) 松本 吉弘(カリフォルニア大バークレー) Tremsin Anton(東北大多元研) 福山 博之
neutron computed tomography
phase separation
Cu-Co alloy
12-m1114
13:4014:00H115Belousov-Zhabotinsky 反応を用いた混合状態の定量化
(同志社大) ○(学)岡本 泰直(正)名和 愛利香(正)山本 大吾(正)塩井 章久
BZ reaction
mixing
quantification
12-m1367
14:0014:20H116VLP-CVDを用いたTiO2/多孔質炭素ナノ複合体の作製と光触媒活性評価
(北大院工) ○(正)岩村 振一郎本橋 翔大(正)向井 紳
Porous material
Photo Catalyst
C
12-k1140
14:2014:40H117ナノファイバーとゼオライトを用いた自己修復性防食コーティング
(広大院工) ○(正)矢吹 彰広金柿 雅仁
Self-healing
Corrosion
Nanofiber
12-k143
(15:00~16:00) (座長 矢吹 彰広瀧 健太郎)
15:0015:20H119コロイド技術を利用したCFRTPのマテリアルリサイクル
(名大院工) ○(正)山本 徹也(学·技基)薮下 翔
CFRTP
Recycle
Colloidal Technique
12-k47
15:2015:40H120噴霧合成プロセスにおけるHKUST-1MOFの生成効率の向上
(広大院工) ○(正)久保 優(学·技基)石村 元義(正)島田 学
Metal-organic framework
Continuous synthesis
Scale up
12-k1420
15:4016:00H121路面設置を指向した長期視認性サインシートの開発と最適化検討
(ニッソク) 大関 日奈子原田 明美(首都大/都立産技高専品川) ○(正)田村 健治
visibility
weather resistance
crisp printing
12-m1129
(16:00~17:00) (座長 田村 健治山本 徹也)
16:0016:20H122高分子塗布によるカルボキシ基のプラスチック表面への導入
(神戸大院工) ○(正)丸山 達生西森 圭亮北畑 繁西野 孝
polymer surface
surface segregation
surface functionalization
12-j1196
16:2016:40H123中空糸細孔を酵素固定化バイオリアクターとして利用したエステル合成反応
(北九州高専) ○(正)後藤 宗治(北九大国際環境工) (正)上江洲 一也(有明高専) (正)大河平 紀司(佐賀大理工) (正)川喜田 英孝
Enzyme
immobilization
Polymer brush
12-j1143
16:4017:00H124ベシクル界面によるアニリンのオリゴマー合成の反応選択性の制御
(岡山大院環生) ○(学)福間 早紀(正)島内 寿徳(正)木村 幸敬
aniline
oligomerization
vesicle
12-k1479
H 会場(教室棟4階 406)第 2 日(3月14日(木))
8. 超臨界流体
(9:00~10:20) (座長 秋月 信藤井 達也)
9:009:20H201ギ酸からの水素製造に向けた高圧システムの開発
(産総研東北) ○(正)井口 昌幸(正)川波 肇
Hydrogen production
High pressure
8-d1349
9:209:40H202超臨界水熱法による高濃度Cr置換CeO2の合成と触媒評価
(東北大NICHe) ○(正)成 基明(スーパーナノデザイン) (正)野口 多紀郎(東北大院工) (学)迫中 あやめ(学·技基)黒田 悠介(東北大WPI) (正)阿尻 雅文
non-equilibrium reaction
CeO2
catalyst
8-d1422
9:4010:00H203酸化グラフェンを固体酸触媒として用いた水熱条件下でのルチンの加水分解
(熊大パルスパワー研) ○(正)Sasaki Mitsuru(熊大院自然) (学)Hiras Manalu(熊大グローバル) (正)Quitain Armando(熊大先端科学) (正)木田 徹也
Rutin
Graphene Oxide
Hydrothermal
8-f1488
10:0010:20H204Pd catalyzed decarbonylation of 5-hydroxymethylfurfural to furfryl alcohol in compressed CO2
(AIST Tohoku) ○(正)Chatterjee Maya(正)Kawanami Hajime
Biomass
decarbonylation
Compressed CO2
8-d93
(10:40~12:00) (座長 宇敷 育男小野 巧)
10:4011:00H206Separation of phenolic compounds from aqueous solution using micro-mixing in supercritical extraction
(東工大物質理工) ○(学)Houng Peany(学)村上 裕哉(正)下山 裕介
supercritical CO2
micro-mixing
flow extraction
8-c1416
11:0011:20H207固体溶質の物性情報からの超臨界二酸化炭素中溶解度の推算モデルの開発
(東北大院工) ○(正)大田 昌樹(学·技基)青山 裕紀(正)佐藤 善之(東北大院環境) (正)スミス リチャード(東北大院工) (正)猪股 宏
supercritical carbon dioxide
Critical properties
Fusion properties
8-b95
11:2011:40H208超臨界CO2を抽出溶媒とした連続「液液」抽出に及ぼす塩の効果
(産総研) ○(正)藤井 達也(正)川﨑 慎一朗
CO2
extraction
salt
8-c947
11:4012:00H209超臨界エマルション抽出を利用した疎水性化合物分散溶液の作製と物質移動解析
(東工大物質理工) ○(学)村上 裕哉(学)鳥田 勇介(正)下山 裕介
supercritical extraction of emulsion
hydrophobic nanoparticle
image analysis
8-c1428
(13:00~14:40) (座長 坂部 淳一鈴木 章悟)
13:0013:20H213液二酸化炭素中での超音波照射によるリポソームの調製
(福岡大工) (学)田代 裕之(学)小野 堅登(学)徳永 真一タンジナ シャーミン(正)相田 卓(正)三島 健司
liposome
ultrasonic irradiation
carbon dioxide
8-f1441
13:2013:40H214超臨界CO2を霧化媒体として用いた噴霧乾燥法によるテオフィリンの粒子設計技術の開発
(金沢大院自然) ○(学)渡邉 航平(学)林 陽一(金沢大理工) (正)内田 博久
Micronization
Supercritical CO2
Particle design
8-e1457
13:4014:00H215CAPC法で作成した薬剤担持多孔体の徐放解析
(産総研化学プロセスRI) ○(正)相澤 崇史和久井 喜人
sustained release
porous polymer
methylene blue
8-e8
14:0014:20H216100MPaまでの超高圧および急速減圧を利用したナノ・マイクロセルラーの生成
(産総研) ○(正)小野 巧(正)古屋 武(正)依田 智
Nano-microcellular
Supercritical CO2
PMMA
8-e1141
14:2014:40H217Porous carbon composite cathode from supercritical carbon dioxide for carbon dioxide battery
(東工大物質理工) ○(学)Kunanusont Nattanai(東工大工) (学)近藤 翔(東工大物質理工) (正)下山 裕介
Li-CO2 battery
porous carbon composite cathode
supercritical drying
8-e1426
3. 熱工学
(15:00~17:00) (座長 中曽 浩一藤岡 惠子)
15:0015:20H219硬殻マイクロカプセル化TBABハイドレートを用いた水素貯蔵に関する研究
(神戸大院工) ○(正)鈴木 洋(正)日出間 るり(神戸大院) 渡辺 一平(神戸大自) (正)谷屋 啓太(神戸大院工) (正)市橋 祐一(正)西山 覚
Hydrogen Storage
Hydrate
Micro-Encapsulation
3-a207
15:2015:40H220不安定密度成層下における低レイノルズ数正方形ダクト乱流の二次流れ
(阪大基工) ○(正)関本 敦中森 瑞基(正)岡野 泰則
mixed convection
square-duct turbulence
DNS
3-b1380
15:4016:00H221ダイオード整流型多相交流アークの温度変動現象
(九大院工) ○(正)田中 学(学)丸山 大貴(タソーアーク) 松浦 次雄(九大院工) (正)渡辺 隆行
Thermal plasma
Electrode phenomena
High-speed camera
3-b1392
16:0016:20H222凝固層剥ぎ取り型潜熱蓄熱システムの放熱速度におよぼす熱媒温度の影響
(東北大) ○(学)丸岡 伸洋伊藤 昭久早坂 美穂(学)埜上 洋
PCM
Latent heat storage
Heat exchanger
3-c1340
16:2016:40H223Al2O3-水ナノフルードの熱伝達特性
(山形大) ○(正)赤松 正人伊澤 大輝鈴木 幹士
Al2O3
Nanofluid
Heat transfer
3-f87
16:4017:00H224穀類等を挿入した加熱回転円筒内部における熱的挙動
(大島商船高専) ○(正)川原 秀夫石岡 直樹(大分高専) 尾形 公一郎佐野 博昭
Temperature
Pressure
Rotation
3-f1345
H 会場(教室棟4階 406)第 3 日(3月15日(金))
12. 材料・界面
(9:00~10:20) (座長 向井 康人)
9:009:20H301カリミョウバンの2段滴下冷却晶析における粒径分布挙動
(新潟大工) ○(正·修習)三上 貴司(新潟大院自) 長谷川 直人佐々木 数馬海津 里佳
Crystallization
Semi-batch cooling
Internal seeding
12-g146
9:209:40H302落下衝撃による過冷却融液の核化誘導
(早大理工研) ○(正)渡邉 裕之(早大先進理工) (正)平沢 泉
Nucleation
Supercooled melt
Solid collision
12-g1120
9:4010:00H303途中撹拌法により誘発されるモルデナイトの結晶化
(東大院工) 陳 靖天(正)伊與木 健太(正)脇原 徹(正)大久保 達也
Zeolite
Crystallization
12-g1125
10:0010:20H304Anti-Solvent添加晶析での結晶粒子群品質とその制御に対する操作戦略
(農工大院工) ○(正)滝山 博志(正)甘利 俊太朗
Anti-Solvent
Crystallization
Quality
12-g1265
(10:40~12:00) (座長 伊與木 健太三上 貴司)
10:4011:00H306静電噴霧貧溶媒晶析によるナノ結晶作製法の検討
(名大工) ○(正)向井 康人下田 晃也
electrospray
anti-solvent crystallization
nanocrystal
12-g1486
11:0011:20H307品質が制御された共結晶を製造するための溶液晶析操作法
(農工大院工) ○(学)西丸 萌々子中佐 未来(正)工藤 翔慈(正)甘利 俊太朗(正)滝山 博志
crystallization
cocrystal
quality control
12-g1252
11:2011:40H308脂質平面膜上におけるアミロイドβタンパク質の会合過程と核発生
(岡山大院環生) ○(正)島内 寿徳(学)脇本 雅也(正)木村 幸敬
amyloid
nucleation
association
12-g1454
11:4012:00H309ヒドラジン還元法によるニッケル粒子合成における硫黄化合物の効果
(住友金属鉱山) ○(法)石井 潤志(法)田中 宏幸(法)行延 雅也
nickel powder
hydrazine reduction
sulfur compound
12-g1051
(13:00~14:40) (座長 島内 寿徳山岡 尚樹)
13:0013:20H313微粒子分散液の乾燥特性に基づく構造制御の提案
(東大環安セ) ○(正)辰巳 怜(PIA) (正)小池 修(正)山口 由岐夫(東大環安セ/東大院工) (正)辻 佳子
Colloidal suspension
Drying characteristics
Numerical simulation
12-h191
13:2013:40H314溶媒蒸発に伴う表面修飾ナノ粒子系の構造形成に及ぼす溶媒と修飾鎖の影響の数値解析
(東北大院工) ○(学·技基)薄根 真(学·技基)高橋 太郎(正)久保 正樹(正)庄司 衛太(正)塚田 隆夫(PIA) (正)小池 修(東大環安セ) (正)辰巳 怜(城西大理) (正)藤田 昌大(東北大AIMR) (正)阿尻 雅文
numerical simulation
surface-modified nanoparticles
structure formation
12-h1099
13:4014:00H315溶液分散中のカーボンナノチューブの形態同定の検討
(広大院工) ○(正)木原 伸一(ITS) Rendra P. Anugrah(広大院工) 佃 祐介(正)宇敷 育男(正)滝嶌 繁樹
Carbon Nanotube
Salt Solution
Rod-like Structure
12-l1327
14:0014:20H316ポリエステル/メラミン塗膜のボイリングに及ぼす塗料粘度の影響
(新日鐵住金) ○(法)川本 浩輔(法)柴尾 史生(法)植田 浩平
Pre-painted steel sheet
boiling
Polyester melamine
12-l1203
14:2014:40H317セメント中の水の浸透移動を完全に阻止する一段階表面疎水化法
(福島高専) ○(正)車田 研一緑川 猛彦荒川 史弥松山 拓矢
cementitious matrix
obstructed water permeation
one-step surface hydrophobization
12-a27
(15:00~17:00) (座長 車田 研一辰巳 怜)
15:0015:20H319超臨界二酸化炭素中での籾殻シリカ疎水化とその建材不透水化への応用
(福島高専) ○(正)青木 寿博(正)車田 研一磯井 友真青田 理咲緑川 猛彦
ScCO2-mediated surface hydrophobization
rice husk silica
water-impermeable surface
12-a28
15:2015:40H320溶媒中における有機修飾酸化物ナノ粒子の分散性評価とその制御
(東北大多元研) ○(正)笘居 高明(学)木村 統志(学·技基)田島 直哉(東北大AIMR) (正)横 哲(東北大NICHe) (正)成 基明(東北大AIMR) (正)阿尻 雅文
nanoparticles
dispersibility
organic modification
12-a989
15:4016:00H321Preparation of anti-biofouling polyamide reverse-osmosis membranes with polyampholyte by surface-initiated atom transfer radical polymerization
(Kobe U.) ○(学)Yang Zhe(Shinshu U.) (正)Saeki Daisuke(Kobe U.) (正)Takagi Ryosuke(正)Matsuyama Hideto
polyampholyte
anti-biofouling
polyamide RO membrane
12-a1074
16:0016:20H322バイセル集合体を利用する基板上脂質膜の調製ならびに評価
(阪大院基工) ○(学)田口 翔悟(阪大基工) (学)妹尾 雄司(阪大院基工) (正)菅 恵嗣(正)岡本 行広(ソウル国大) Jung Ho-Sup(阪大院基工) (正)馬越 大
Bicelle
Supported Lipid Bilayer
Phase Separation
12-a1406
16:2016:40H323液中での原子間力顕微鏡観察によるリン脂質ポリマー界面へのタンパク質吸着特性の評価
(岡山大院環生) ○(正)島内 寿徳(学)中山 友博(正)木村 幸敬
atomic force microscopy
protein
adsorption
12-a1463
16:4017:00H324構造欠陥によるソフト多孔性金属錯体が示す特異的吸着挙動の制御
(阪府大院工) ○(正·修習)大崎 修司(正)中澤 理紀(正)仲村 英也(正)綿野 哲
Metal-organic framework
Gate adsorption behavior
Crystal defect
12-a1076

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第84年会


(C) 2020 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第84年会 実行委員会
E-mail: inquiry-84awww3.scej.org