English page
SCEJ

化学工学会 第51回秋季大会 (2020)

Last modified: 2020-09-25 17:32:00

講演プログラム(セッション別) : ST-23

全てのセッションはオンライン学会会場で実施されます。
(9/10) 講演要旨を公開しました(参加登録者、ご招待者限定)。講演番号をクリックしてください。
(ID/PWは事前参加登録者には9/10に,当日参加登録者には9/23に(オンライン学会会場のID/PWと併せて)お知らせしました。)
(8/8) SY-69のフラッシュ発表は中止となりました。
(8/24,8/27) SY-74のX306,X307、HQ-11のD301の時間が変わりました。

ST-23 [部会横断型シンポジウム]
次世代社会を支える電池・エネルギー変換・貯蔵技術(口頭発表部門)

オーガナイザー:西村 顕(三重大学)中垣 隆雄(早稲田大学)菊地 隆司(東京大学)田巻 孝敬(東京工業大学)高坂 文彦(産業技術総合研究所)阪本 浩規(大阪ガス(株))

本シンポジウムでは、燃料電池、太陽電池、二次電池等のエネルギーデバイスおよびその関連技術に関する講演を広く募集します。特に卒FIT後の電池・エネルギー変換システム技術開発について議論する特別講演時間枠を設けます。別途開催しますポスター発表部門では学生・若手研究者向けのポスター賞選考もありますので、時間をかけた議論を希望される方は、そちらでの講演申し込みをお願いします。

L 会場 ・ 第 1 日 | L 会場 ・ 第 2 日 | L 会場 ・ 第 3 日

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
L 会場()第 1 日(9月24日(木))
(9:20~10:20) (座長 中垣 隆雄阪本 浩規)
9:209:40L102再エネ由来水素サプライチェーンのエネルギー評価
(三重大院) ○(正)西村 顕(東邦ガス) (法)森山 達也(法)嶋野 純
FIT Graduation
Photovoltaic
Water Electrolysis Hydrogen
ST-23192
9:4010:00L103環境性・技術経済性に基づく再エネ利用技術の評価:蓄電池援用水素製造の例
(東大院工) ○(学)佐孝 成寿(東大総括プロ) (正)兼松 祐一郎(東大未来ビ/東大総括プロ/東大院工) (正·修習)菊池 康紀
Electrolysis
System design
LCA(Life cycle assessment)
ST-23536
10:0010:20L104蓄熱による変動性再エネの出力調整:風力熱発電を導入した全国の製紙工場のライフサイクル評価
(東大院工) ○(学)山木 亜由美(東大総括プロ) (正)藤井 祥万(正)兼松 祐一郎(東大未来ビ/東大総括プロ/東大院工) (正·修習)菊池 康紀
Greenhouse gas emission
Dispatchable power source
Paper production
ST-23622
10:2010:40休憩
(10:40~12:00) (座長 古山 通久尾白 仁志)
10:4011:00L106燃料電池排熱利用を考慮した太陽電池を含む分散型水素蓄エネルギーシステムの設計
(東工大応化) ○(学)大久保 辰哉(正)長谷川 馨(正)伊原 学
energy system
fuel cell
hydrogen
ST-23818
11:0012:00L107[招待講演] 住宅用太陽光発電と蓄電池の利活用について
(京セラ) (法)戸成 秀道
Residential photovoltaic
After FIT
Battery for VPP
ST-23114
(13:00~14:20) (座長 西村 顕中垣 隆雄)
13:0014:00L113[招待講演] 高分子型水電解装置の開発
(日立造船) ○(正)尾白 仁志(法)吉田 哲也(法)小川 祥太(法)佐々木 祐介(法)泉屋 宏一
Water Electrolysis
Hydrogen
Renewable Energy
ST-23115
14:0014:20L116次世代家庭用エネルギーシステムの拡大可能性に関する研究
(弘前大院理工) ○(学)方 天成汪 継偉于 涛(新工電気) 徐 立軍(弘前大地域戦略研) (正)吉田 曉弘(正)官 国清(弘前大院理工) (正)阿布 里提
Home Energy
Simulation
Energy Conservation
ST-2370
L 会場()第 2 日(9月25日(金))
(9:00~10:40) (座長 伊藤 栄基影山 美帆)
9:009:20L201アルカリ水電解用鉄系酸素発生触媒の開発
(東工大化生研) ○(正)菅原 勇貴(東工大フロンティア研) 鎌田 慶吾(NIMS) 石川 敦之館山 佳尚(東工大化生研) (正)山口 猛央
oxygen evolution reaction
density functional theory
alkaline water splitting
ST-23203
9:209:40L202海水電解による水素製造における対極反応の制御
(山口大院創成) ○(正)遠藤 宣隆板谷 尚樹岡本 雄大田中 翔吾岸本 秀大
Seawater electrolysis
Hydorogen generation
Chlorine
ST-23286
9:4010:00L203固体高分子形水電解用Ir-Ruナノ粒子連結触媒の構造制御
(東工大化生研) ○(学)杉田 佳之(東工大化生研/KISTEC) (正)田巻 孝敬(KISTEC/東工大化生研) (正)黒木 秀記(東工大化生研/KISTEC) (正)山口 猛央
Polymer electrolyte water electrolysis
Connected nanoparticle catalysts
Carbon free catalysts
ST-23398
10:0010:20L204固体高分子形燃料電池の多孔質部材の構造・輸送解析(4) 圧縮した状態におけるガス拡散層の細孔形態測定
(豊田中研) ○(法)吉宗 航(正)加藤 悟(法)山口 聡
Polymer Electrolyte Fuel Cells
Gas Diffusion Layer
Compression
ST-2333
10:2010:40L205固体高分子形燃料電池の多孔質部材の構造・輸送解析(5) X線ナノCTによる撥水性材料中の液水の可視化
(豊田中研) ○(法)山口 聡(正)加藤 悟(法)吉宗 航(法)加藤 晃彦(法)長井 康貴(法)鈴木 孝尚
Polymer Electrolyte Fuel Cells
Gas Diffusion Layer
Microporous layer
ST-2365
(10:40~12:00) (座長 吉宗 航遠藤 宣隆)
10:4011:00L206PEFC用高耐久酸素還元触媒のための超格子Pt-Feナノ粒子連結触媒の開発
(KISTEC/東工大) ○(正)黒木 秀記(東工大) 井村 悠藤田 遼介(KISTEC/東工大) (正)田巻 孝敬(正)山口 猛央
Polymer Electrolyte Fuel Cell
Chemically Ordered Structure
Load Cycle Durability
ST-23872
11:0011:20L207単通反応率とガス流れ方向が循環流れを伴う固体高分子形燃料電池システムに及ぼす影響
(京大工) ○(海)Ma Yulei(正)山口 和宏(正)影山 美帆(正)河瀬 元明
polymer electrolyte fuel cell
flow pattern
one-pass conversion
ST-23383
11:2011:40L208PEFC分極曲線の触媒層厚さ依存性からのカソード支配因子決定法
(京大工) ○(正)影山 美帆(正)山口 和宏(学)馬 楡塁(学·技基)小川 輝(正)河瀬 元明
polymer electrolyte fuel cell
analysis method
dimensionless moduli
ST-23387
11:4012:00L209アイオノマーフリー薄層電極を用いて測定したPEFC酸素還元反応速度の温湿度依存性
(京大) ○(学·技基)小川 輝(正)山口 和宏Dalia Heggo(正)Kageyama Miho(正)河瀬 元明
polymer electrolyte fuel cell
oxygen reduction reaction
platinum-sputtered electrode
ST-23411
(13:00~15:20) (座長 中尾 公人田巻 孝敬)
13:0013:20L213Effects of temperature and pressure on relative humidity distribution in PEFC
(Kyoto U.) ○(海)Balci Beste(学·技基)Tanabe Keiya(正)Kageyama Miho(正)Yamaguchi Kazuhiro(正)Kawase Motoaki
polymer electrolyte fuel cell
high temperature and pressure
water permeation
ST-23840
13:2013:40L214スケーラブル完全孤立系燃料電池の研究開発
(三菱重工業) (法)谷 俊宏(法)伊藤 栄基(法)浦下 靖崇(法)杉原 洸貴(正)松原 亘(海洋機構) 吉田 弘
polymer electrolyte fuel cell
Electrolysis
ST-23794
13:4014:00L215[招待講演] 2030年以降に向けたFCV関連研究開発におけるチャレンジ
(NEDO) 原 大周
Polymer electrolyte fuel cell
Fuel cell vehicle
ST-23396
14:0014:20L216[招待講演] 将来の燃料電池開発に向けて―2030年に向けた課題とチャレンジ―
(Fuel Cell Commercialization Conference of Japan) ○髙野 純三浦 晋平山田 耕太安本 栄一篠原 和彦飯山 明裕久保 則夫霜鳥 宗一郎
Polymer electrolyte fuel cell
Fuel cell vehicle
ST-23406
14:2015:00L217[招待講演] 燃料電池の2030年目標達成へ向けてのアプローチ
(豊田中研) ○(法)葛谷 孝史(本田技研) 田中 慎太郎(トヨタ自) (法)佐野 誠治
Polymer electrolyte fuel cell
Fuel cell vehicle
ST-23408
15:0015:20L219[招待講演] 質疑応答
(NEDO) 原 大周(Fuel Cell Commercialization Conference of Japan) 髙野 純(トヨタ自/トヨタZEVファクトリー) (法)佐野 誠治(本田技研) 田中 慎太郎(豊田中研) (法)葛谷 孝史
Polymer electrolyte fuel cell
Fuel cell vehicle
ST-23410
L 会場()第 3 日(9月26日(土))
(9:00~10:20) (座長 福長 博)
9:009:20L301BaZr0.8Y0.2O3-δおよびBaZr0.1Ce0.7Y0.1Yb0.1O3-δ電解質を用いたプロトン伝導性固体酸化物形燃料電池における電解質積層効果
(東大新領域) ○(正)松尾 拓紀中根 健太(東京ガス/九大) (正)松崎 良雄(東大新領域) (正)大友 順一郎
Solid oxide fuel cell
Bilayer electrolyte
Proton conduction
ST-23450
9:209:40L302Direct carbon dioxide methanation in a calcium looping process using Ni-CaO-Y doped BaZrO3
(東大院新領域) ○(学)Lee Jihan(正)大友 順一郎
CCU
Ca looping
Methanation
ST-23756
9:4010:00L303固体酸化物燃料電池/電解セルの包括的燃料極反応モデルの提案と多変数フィッティング手法の構築
(東工大化工) ○(学)古賀 康友(学)飯田 雄太(学)亀田 恵佑(正)長谷川 馨(正)伊原 学
Solid Oxide Fuel Cell
Kinetics modeling
Langmuir-Hinshelwood
ST-23103
10:0010:20L304固体酸化物燃料電池へのカーボンナノチューブ直接成長に対するイオン伝導性酸化物の影響
(東工大応化) ○(正)長谷川 馨(学)山田 耕生細田 万吉(学)飯田 雄太(学)亀田 恵佑(正)伊原 学
Solid oxide fuel cell
Carbon nanotube
oxide ion conductor
ST-23573
10:2010:40休憩
(10:40~12:00) (座長 大友 順一郎石飛 宏和)
10:4011:00L306液体燃料直噴固体酸化物燃料電池の燃料直噴後の電位挙動とモデルによる電極活性の評価
(東工大応化) ○(学)飯田 雄太(学)亀田 恵佑(学)古賀 康友(正)長谷川 馨(正)伊原 学
SOFC
solid oxide fuel cell
ST-23757
11:0011:20L307直接ギ酸形燃料電池の拡散層物性が発電特性に及ぼす影響
(金沢大理工) ○(正)辻口 拓也(正)大坂 侑吾(正)児玉 昭雄
DFAFC
Mass transport
Porous Electrode
ST-23683
11:2011:40L308Synthesis of C/Fe3O4 composite microspheres prepared by spray pyrolysis and their application to energy storage devices
(Tokyo Tech) ○(学)Adi Akylbek(正)Taniguchi Izumi
C/Fe3O4 composite microspheres
Spray pyrolysis
Energy storage devices
ST-23423
11:4012:00L309環境温度に適した保持温度を持つバイオマス由来潜熱蓄熱材の合成
(東北大院工) ○(学·技基)大久保 一輝(正·技基)廣森 浩祐(正)高橋 厚(正)北川 尚美
fatty acid ester
latent heat storage
bio-based
ST-23766
(13:00~15:00) (座長 菊地 隆司)
13:0013:20L313マイクロ波加熱によるリチウムイオン電池用NMC811正極活物質の合成と電気化学特性
(住友金属鉱山) ○(法)小鹿 裕希(法)金田 治輝(法)永田 浩章
Microwave
cathode material
Lithium-ion battery
ST-2368
13:2013:40L314異なる酸素濃度下におけるリチウムイオン電池用Ni-Mn-Co系正極活物質の生成挙動の解析
(住友金属鉱山) ○(法)金田 治輝(法)川添 拓哉(法)古市 佑樹(法)永田 浩章
Formation Behavior
NMC Cathode Material
Oxygen Concentrations
ST-23188
13:4014:00L315Electrochemical performance of sulfur-based lithium batteries with free-standing SiO2/C composite nanofiber mat as interlayer
(Tokyo Tech) ○(学)Belgibayeva Ayaulym(正)谷口 泉
Multi-functional interlayer
Sulfur-based cathode
lithium batteries
ST-23407
14:0014:20L316Ni/GDCおよびNi/YSZ燃料極を使用したカーボン空気二次電池システムの充放電特性の比較
(東工大物質) ○(学)亀田 恵佑(正)長谷川 馨(正)伊原 学
Solid oxide fuel cell
Secondary battery
Electrolysis
ST-2360
14:2014:40L317均一な連通マクロ孔構造を有するカーボン電極を用いるレドックスフロー電池
(群大院理工) ○(正)石飛 宏和白石 壮志(アイオン) 塚田 豪彦冨田 夏美(群大院理工) (学)土岐 帆乃佳(正)中川 紳好
Redox flow battery
Carbon porous electrode
Macropore
ST-23118
14:4015:00L318電極層内の粒子分散状態が全固体電池特性に及ぼす影響
(九大工) ○(正)井上 元宗 マグヌス(学)平手 隆晴(正)柘植 義文
All-solid state battery
Numerical simulation
particle dispersion
ST-23890

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第51回秋季大会 (2020)


(C) 2020 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第51回秋季大会 実行委員会
E-mail: inquiry-51fwww3.scej.org