English page
SCEJ

化学工学会 第51回秋季大会 (2020)

Last modified: 2020-09-26 20:28:04

講演プログラム(セッション別) : SY-80

全てのセッションはオンライン学会会場で実施されます。
(9/10) 講演要旨を公開しました(参加登録者、ご招待者限定)。講演番号をクリックしてください。
(ID/PWは事前参加登録者には9/10に,当日参加登録者には9/23に(オンライン学会会場のID/PWと併せて)お知らせしました。)
(8/8) SY-69のフラッシュ発表は中止となりました。
(8/24,8/27) SY-74のX306,X307、HQ-11のD301の時間が変わりました。

SY-80 [材料・界面部会シンポジウム]
次世代物質・材料探索のための新たなアプローチ

オーガナイザー:髙見 誠一(名古屋大学)遠藤 明(産業技術総合研究所)

物質・材料の機能と構造の関係、または構造とプロセスとの関係が比較的単純な場合、その理解に基づき予測・制御することは容易ですが、近年の材料の物性発現・構造は複雑であり、目的の機能を従来の手法で実現することが困難になっています。本シンポジウムでは、数学やデータサイエンスなど近年注目されているアプローチを用いて次世代の物質・材料を実現する手法を対象とし、その実例や近年の進展に関して議論することを目的とします。

E 会場 ・ 第 1 日

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
E 会場()第 1 日(9月24日(木))
(13:15~17:00) (座長 髙見 誠一遠藤 明)
13:1513:20趣旨説明
(名大院工) (正)髙見 誠一
13:2014:00E114[招待講演] キャタリストインフォマティクスによる触媒反応の収率予測
(産総研) 矢田 陽
Catalyst Informatics
Machine Learning
Catalyst Informatics
SY-8081
14:0014:40E116[招待講演] スマートフロープロセスによる機能性材料開発の高速化を目指して
(産総研) (正)陶 究
smart flow process
accelerating materials development
nanoparticles
SY-8082
14:4015:00E118層状粘土鉱物の層間に吸着した多環芳香族炭化水素の挙動
(工学院大先進工) ○(正)宮川 雅矢(学)樋口 隼人(学)廣澤 史也(正)高羽 洋充
Molecular dynamics
Layered clay mineral
Adsorption
SY-80402
15:0015:20E119分子動力学計算による付着仕事に基づいた有機分子修飾Al2O3/有機溶媒界面の親和性評価
(東北大院工) ○(学·技基)斎藤 高雅(正)庄司 衛太(正)久保 正樹(正)塚田 隆夫(東北大流体研) 菊川 豪太Surblys Donatas
nanoparticles
molecular dynamics simulation
work of adhesion
SY-80522
15:2015:40E120ソフト多孔性錯体が示すゲート吸着挙動の外力印加に伴う緩慢化の解析
(京大工) ○(学·技基)有馬 誉(正·技基)平出 翔太郎(正)宮原 稔
Metal-organic framework
Gate adsorption
External force
SY-80446
15:4016:20E121[招待講演] 粗視化シミュレーションと機械学習の連携による高分子材料の高次構造設計
(産総研) 青柳 岳司
block copolymer
phase separation
elastic property
SY-8088
16:2016:40E123[依頼講演] 離散曲面論とその材料科学への応用
(名大多元数理科学研) ○内藤 久資(東北大AIMR) 小谷 元子
Carbon network
Graph theory
Discrete surface
SY-80528
16:4017:00E124セラミックスナノコンポジット極小曲面薄膜の合成
(名大院工) ○(正)髙見 誠一高井 陸斗吉原 典昭
minimal surface
nanocomposite film
ceramic nanoparticle
SY-80532

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第51回秋季大会 (2020)


(C) 2020 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第51回秋季大会 実行委員会
E-mail: inquiry-51fwww3.scej.org