English page
SCEJ

化学工学会 第51回秋季大会 (2020)

Last modified: 2020-09-26 20:28:04

講演プログラム(セッション別) : ST-26

全てのセッションはオンライン学会会場で実施されます。
(9/10) 講演要旨を公開しました(参加登録者、ご招待者限定)。講演番号をクリックしてください。
(ID/PWは事前参加登録者には9/10に,当日参加登録者には9/23に(オンライン学会会場のID/PWと併せて)お知らせしました。)
(8/8) SY-69のフラッシュ発表は中止となりました。
(8/24,8/27) SY-74のX306,X307、HQ-11のD301の時間が変わりました。

ST-26 [部会横断型シンポジウム]
バイオマスの熱化学・生物化学的変換の最新技術

オーガナイザー:松村 幸彦(広島大学)中島田 豊(広島大学)野田 玲治(群馬大学)

地球温暖化を抑止することを目的としたパリ協定の発効後、CO2排出削減の動きは近年さらに加速しています。その中で、カーボンニュートラルなバイオマスの利活用技術への関心がさらに高まっています。そこで、本シンポジウムでは熱化学、生物化学的変換を中心としてバイオマスの利活用に関わる最新技術の開発動向を俯瞰するとともに、効果的な活用方法を議論する場とします。

V 会場 ・ 第 3 日

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
V 会場()第 3 日(9月26日(土))
(10:40~12:00) (座長 中島田 豊)
10:4011:00V306地域特性に応じた廃棄物系バイオマス利用に関する研究
(弘前大院理工) ○(学)Aisikaer Anniwaer(学)Zhang Mengjuan于 涛(青森県工総研) 葛西 裕(弘前大地域戦略研) (正)吉田 曉弘(正)官 国清(弘前大院理工) (正)阿布 里提
Biomass
Biogas
Utilization
ST-2669
11:0011:20V307粘土および硅砂を流動媒体とするEFB流動層ガス化における凝集挙動
(群大理工) ○(正)野田 玲治Prima Zuldian
fluidized beds
agglomelation
EFB ash
ST-26881
11:2011:40V308カルシウムを用いた水熱条件下における有機リンの分解沈殿特性
(広大院先理) ○(正)松村 幸彦(広大院工) 藤原 芳樹
phosphorus
hydrothermal
biomass
ST-26810
11:4012:00V309超臨界水中におけるグアヤコールの変換に及ぼす異なる濃度の酢酸の添加効果
(広大院工) ○(学)チャンスワン パッタラポン(広大院先理) 井上 修平(正)松村 幸彦
radical scavenger
guaiacol
supercritical water
ST-26864
(13:20~14:40) (座長 松村 幸彦)
13:2013:40V314白色腐朽菌Phanerochaete Chrysosporium由来Versatile Peroxidase生産条件の検討
(室蘭工大) ○(学)栗原 彬徳(正)安居 光國
Versatile Peroxidase
White-rot fungi
Enzyme production
ST-26782
13:4014:00V315油脂嫌気消化菌叢の解析
(広大院統生) 嘉手苅 昌矢加藤 節青井 議輝(正)中島田 豊
Anaerobic digestion
vegetable oil
microbial analysis
ST-26793
14:0014:20V316好熱性ホモ酢酸菌Moorella thermoaceticaのエタノール生産株におけるH2による増殖阻害の機構解明
(広大院統生) ○(学)小林 駿介加藤 淳也(産総研) 和田 圭介(広大院統生) 竹村 海生加藤 節青井 議輝(産総研) 松鹿 昭則村上 克治(広大院統生) (正)中島田 豊
Moorella thermoacetica
biomass
ethanol fermentation
ST-26394
14:2014:40V317(講演中止)

100785
(15:00~16:20) (座長 野田 玲治)
15:0015:20V319アミノ基修飾スルホ化炭素材料によるレブリン酸エチルの合成
(東北大) ○(学·技基)廣崎 勇多(正)郭 海心(正)Smith Richard
Ethyl levulinate
N-doped carbonaceous functional mat
Adsorption pretreatment
ST-26615
15:2015:40V320Production of butyl levulinate through butanolysis of furfuryl alcohol over acidic catalysts
(Nagoya U.) ○(学)Thuppati Upender Rao(正)Choi Cheolyong(正)Machida Hiroshi(正)Norinaga Koyo
Carbonization of Biomass and sugars
sulfonation
butanolysis
ST-26617
15:4016:00V321Sequential hydrogenation and rapid pyrolysis of organosolv lignin to produce light hydrocarbons
(Nagoya U.) ○(学)Zhang Lijuan(正)Choi Cheolyong(正)Machida Hiroshi(正)Norinaga Koyo
hygdrogenation
fast pyrolysis
organosolv lignin
ST-26619
16:0016:20V322廃木材のガス化で生じるタール分解用触媒の開発
(岡山大院環生) ○(学)大濱 万葉(正)Uddin Md Azhar(正)加藤 嘉英
gasification
catalyst
waste wood
ST-26500

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第51回秋季大会 (2020)


(C) 2020 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第51回秋季大会 実行委員会
E-mail: inquiry-51fwww3.scej.org