English page
SCEJ

化学工学会 第50回秋季大会

Last modified: 2018-09-04 10:00:00

講演プログラム(会場・日程別) : AA会場

講演要旨は各講演番号からリンクしています。(要ID/PW)
閲覧に必要なID/PWは受付でお配りするプログラム集冊子の1ページに記載しているほか、
事前参加登録者・ご招待者には9月4日にメールでお知らせしています。 詳細

AA 会場(稲盛会館 2F ホール)

AA 会場 ・ 第 1 日 | AA 会場 ・ 第 2 日 | AA 会場 ・ 第 3 日
SV-1 | SP-4 | SP-2 | 式典 | SP-3

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
AA 会場(稲盛会館 2F ホール)第 1 日(9月18日(火))
SV-1 第3回 化学工学ビジョンシンポジウム デジタル変革で実現する未来工場
(10:00~12:00) (司会 山下 善之大村 直人)
10:0010:30AA104[招待講演] デジタル変革と化学工場の近未来
(農工大) (正)山下 善之
Smart Plant
digitization
SV-11091
10:3011:00AA105[招待講演] サイバーフィジカルシステムのプラント操業への活用とその展望
(横河電機) 仲矢 実
Cyber Physical Systems
Plant Operation
SV-11092
11:0011:30AA107[招待講演] 三井化学における次世代工場構築に向けての取組み
(三井化学) (正)江崎 宣雄
Future Plant
Digitization
SV-11093
11:3012:00総合討論
SP-4 [特別シンポジウム]
炭素循環社会構築に向けての技術展望と課題-本部産業界交流委員会活動報告
(13:00~13:20) (司会 林 潤一郎)
13:0013:20AA113[依頼講演] 本部産業交流委員会活動の趣旨および活動報告
(京大工) (正)前 一廣
Industrial Exchange Committee
Future Chemical Industries
Carbon recycling
SP-4662
(13:20~14:00) (司会 前 一廣)
13:2014:00AA114[依頼講演] 炭素循環社会における炭素資源利用と化学生産
(九大先導研) ○(正)林 潤一郎(京大工) (正)前 一廣
Carbon recycling
Chemical production
Carbon resources
SP-4666
(14:00~15:20) (司会 林 潤一郎)
14:0014:20AA116[依頼講演] 燃料電池を活用した基幹化成品・電力コプロダクション
(東洋エンジ) ○(正)吉田 延弘(兵神装備) (正)大東 眞二(石原産業) (正)石灰 洋一(住友化学) (法)伊美 勝治(正)上田 和正
Fuel cell
Coproduction
SOFC
SP-4674
14:2014:40AA117[依頼講演] バイオプロセッシング技術の展望と課題
(協和発酵バイオ) ○(正)日比 一雄(木村化工機) (正)池田 博史(サッポロホールディングス) (正)中村 剛(コスモエンジニアリング) (正)森田 敏靖
Bioprocessing
Chemicals production
Microbial fuel cell
SP-4683
14:4015:00休憩
15:0015:20AA119[依頼講演] C1化学技術の展望と課題
(三菱ケミカル) ○(正)久次米 正博(IHI) (正)澤 公博(JNC) (正)成田 憲昭山口 雅嗣(新日鐵住金) (正)山根 典之(旭化成) (正)小杉 裕士(宇部興産) (正)山本 祥史(日揮) (正)本田 一規
C1 chemistry
CCU
Coproduction
SP-4690
(15:20~15:40) (座長 前 一廣)
15:2015:40AA120炭素循環社会構築に資する化学産業技術に関する総合討論
(京大工) ○(正)前 一廣(九大先導研) (正)林 潤一郎
Carbon recycling
Chemical industries
SP-4695
AA 会場(稲盛会館 2F ホール)第 2 日(9月19日(水))
SP-2 [特別シンポジウム]
地方発・民間主体による次世代エネルギー社会への変容のためのキードライバ
(9:30~11:40) (司会 中垣 隆雄)
9:309:40趣旨説明
(早大創造理工) (正)中垣 隆雄
9:4010:20AA203[招待講演] 新国富論、新たな経済指標による地方創生論
(九大院工) 馬奈木 俊介
Wealth of Nations and Regions
SP-233
10:2011:00AA205[招待講演] 地産地消のエネルギーと経済還流 ―公共施設等先進的CO2排出削減対策モデル事業(環境省補助事業)―
(九大グリーンテクノロジー研究教育セ) 原田 達朗
Local production for local consumption
SP-234
11:0011:40AA207[招待講演] 行動科学からみた省エネ・環境配慮行動の促進:ナッジ理論の活用例
(電中研) 西尾 健一郎
Behavioral Science
Nudge Theory
Pro-environmental Behavior
SP-235
(13:20~14:00) (司会 中垣 隆雄)
13:2014:00AA214[招待講演] 南九州のエネルギーの状況とEV普及の可能性について
(鹿大法文) 市川 英孝
Energy Supply and Consumption
Southern Kyushu
Electric Vehicle
SP-236
(14:00~14:40)
14:0014:40AA216総合討論
(早大創造理工) 中垣 隆雄(NIMS) (正)古山 通久
Future Energy Society
Transition
autonomous-decentralized system
SP-2253
式典
(16:20~17:00)
16:2017:00会長挨拶
2018,2019年度会長(東北大学) 阿尻 雅文
優秀論文賞表彰式
AA 会場(稲盛会館 2F ホール)第 3 日(9月20日(木))
SP-3 [特別シンポジウム]
二酸化炭素回収・利用・貯留(CCUS) のための化学工学
(10:00~10:40) (司会 川波 肇佐藤 剛史)
10:0010:40AA304[招待講演] 火力発電所での省エネルギー型二酸化炭素分離回収について
(関西電力) ○小堺 瑛大家 卓
carbon dioxide capture
verification test
SP-3254
(10:40~11:20) (司会 古屋 武渡邉 賢)
10:4011:20AA306[招待講演] 二酸化炭素を用いた製鋼スラグからの機能性粒子の合成と二酸化炭素の固定化
(日大理工) 遠山 岳史
Carbon dioxide
steelmaking slag
SP-3191
(11:20~12:00) (司会 渡邉 賢古屋 武)
11:2012:00AA308[招待講演] CO2からのメタノール合成に特化した触媒の開発
(東大院工) (正)多田 昌平
Methanol synthesis
CO2 hydrogenation
Catalysis
SP-3121
(13:00~13:40) (司会 伊藤 康孝下山 裕介)
13:0013:40AA313[招待講演] 旭化成における水電解システムの開発動向とCCUSでの取り組み
(旭化成) (法)臼井 健敏
Alkaline water electrolysis
Green hydrogen
CCUS
SP-3770
(13:40~14:20) (司会 下山 裕介伊藤 康孝)
13:4014:20AA315[招待講演] 人工光合成の研究:太陽光と水とCO2から有機物を合成する技術のこれまで-
(豊田中研) (法)森川 健志
Artificial Photosynthesis
CO2 Reduction
SP-3180
(14:20~15:00) (司会 佐藤 剛史川波 肇)
14:2015:00AA317[招待講演] 水素貯蔵を志向した二酸化炭素からのギ酸合成とギ酸からの水素発生
(産総研) 姫田 雄一郎
carbon dioxide
hydrogen storage
formic acid
SP-3140
(15:00~15:40) (司会 佐藤 剛史川波 肇)
15:0015:40AA319[招待講演] 生体触媒を利用した二酸化炭素の物質変換
(阪市大) 天尾 豊
biocatalyst
carbon dioxide utilization
formic acid
SP-3374
(15:40~16:20) (司会 川波 肇佐藤 剛史)
15:4016:20AA321[招待講演] CCUSと化学工学の展望
(産総研東北) 原田 亮
CCUS
Engineering
Carbon dioxide
SP-391

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第50回秋季大会


(C) 2018 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第50回秋季大会 実行委員会
E-mail: inquiry-50fwww3.scej.org