English page
SCEJ

化学工学会 第50回秋季大会

Last modified: 2018-09-04 10:00:00

講演プログラム(セッション別) : SP-3

講演要旨は各講演番号からリンクしています。(要ID/PW)
閲覧に必要なID/PWは受付でお配りするプログラム集冊子の1ページに記載しているほか、
事前参加登録者・ご招待者には9月4日にメールでお知らせしています。 詳細

SP-3 [特別シンポジウム]
二酸化炭素回収・利用・貯留(CCUS)のための化学工学

オーガナイザー:川波 肇(産業技術総合研究所)佐藤 剛史(宇都宮大学)

CO2排出削減が多方面で推進されるなか、火力発電等から発生したCO2の回収・貯留・利用(CCUS)が課題となっています。また最近では、経済産業省と米国エネルギー省との間でCCUSに関する覚書が締結されるなど、これらの技術開発が重要になっています。本シンポジウムでは、既に取り組まれている基礎から実用化に至るまでの研究例を紹介し、CCUSへの取り組みとして、今後の目指す展開についての課題を明らかにしていきます。

AA 会場 ・ 第 3 日

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
AA 会場(稲盛会館 2F ホール)第 3 日(9月20日(木))
(10:00~10:40) (司会 川波 肇佐藤 剛史)
10:0010:40AA304[招待講演] 火力発電所での省エネルギー型二酸化炭素分離回収について
(関西電力) ○小堺 瑛大家 卓
carbon dioxide capture
verification test
SP-3254
(10:40~11:20) (司会 古屋 武渡邉 賢)
10:4011:20AA306[招待講演] 二酸化炭素を用いた製鋼スラグからの機能性粒子の合成と二酸化炭素の固定化
(日大理工) 遠山 岳史
Carbon dioxide
steelmaking slag
SP-3191
(11:20~12:00) (司会 渡邉 賢古屋 武)
11:2012:00AA308[招待講演] CO2からのメタノール合成に特化した触媒の開発
(東大院工) (正)多田 昌平
Methanol synthesis
CO2 hydrogenation
Catalysis
SP-3121
(13:00~13:40) (司会 伊藤 康孝下山 裕介)
13:0013:40AA313[招待講演] 旭化成における水電解システムの開発動向とCCUSでの取り組み
(旭化成) (法)臼井 健敏
Alkaline water electrolysis
Green hydrogen
CCUS
SP-3770
(13:40~14:20) (司会 下山 裕介伊藤 康孝)
13:4014:20AA315[招待講演] 人工光合成の研究:太陽光と水とCO2から有機物を合成する技術のこれまで-
(豊田中研) (法)森川 健志
Artificial Photosynthesis
CO2 Reduction
SP-3180
(14:20~15:00) (司会 佐藤 剛史川波 肇)
14:2015:00AA317[招待講演] 水素貯蔵を志向した二酸化炭素からのギ酸合成とギ酸からの水素発生
(産総研) 姫田 雄一郎
carbon dioxide
hydrogen storage
formic acid
SP-3140
(15:00~15:40) (司会 佐藤 剛史川波 肇)
15:0015:40AA319[招待講演] 生体触媒を利用した二酸化炭素の物質変換
(阪市大) 天尾 豊
biocatalyst
carbon dioxide utilization
formic acid
SP-3374
(15:40~16:20) (司会 川波 肇佐藤 剛史)
15:4016:20AA321[招待講演] CCUSと化学工学の展望
(産総研東北) 原田 亮
CCUS
Engineering
Carbon dioxide
SP-391

講演発表プログラム
講演プログラム一覧(横長)  (同 縦長表示)
セッション一覧
講演プログラムの検索
化学工学会 第50回秋季大会


(C) 2018 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
For more information contact 化学工学会 第50回秋季大会 実行委員会
E-mail: inquiry-50fwww3.scej.org